タグ「MMD」 の検索結果(1/1)

2017年4月27日

鈴谷かわいいよ鈴谷

suzuyakai2.jpg

鈴谷改二が「高3になりました」というツイートを見た気がしますが天才だと思いましたね。

つみ鈴谷改二がかわいすぎたのでセコセコと動作確認用にSBSステレオ動画を出力しました。
suzuyakai2.mp4(SBSステレオ3200x1600 16Mbps、374MB)

モデル:【MMD艦これ】鈴谷改二のメーベル【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31090397
モーション:【MikuMikuDance】 おねがいダーリン 【MMDモーショントレース】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29131518
音源:おねがいダーリン 歌ってみたver.柊 優花
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27864719

Gear VRユーザはSamsung VR(旧Milk VR)で。国限定が今でもかかっているかわかりませんが、かかっていたらVPNアプリで超えられます。Oculus Videoでもファイル名やメタファイルをきちんとすれば見られるかもしれません。
DaydreamユーザはSKYBOX VR Playerで。
CardboardユーザはFreeVRPlayer(Android版)で。iOS版もあります。
PSVRユーザはLittlStarのSideloadでみられるようになりました。

ひと昔前の「ステレオのTop-Bottom EquirectangularをYouTubeにアップロードしちゃえ」が唯一の選択肢の時代から、それなりに選択肢が増えてきました。
良いことですね。
あとは前方180度でいいので数万円で4Kが撮れるカメラを誰か市販してください...っ!

2016年1月25日

【MMD】MikuMikuDomeMasterでGear VR/Cardboard向けステレオ天球動画を出力する

2016.05.13更新 MikuMikuDomeMaster配布元ツイートを20160417版に差し替え

nekomimi.png

今回の成果である2048x2048 Top-BottomなEqui動画はこちら、Google Driveからどうぞ。
https://drive.google.com/file/d/0BybSp1RcLhkVbElxbXpHSmM0VVE/view
Gear VR組はOculus 360 Videosアプリで、Cardboard組はFreeVRPlayerアプリで設定をポチポチと切り替えることで閲覧が可能です。ネコミミは量子力学ー!

以下のツイートの通り、まだ改造途中の模様ですが、以前【MMD】続・360度パノラマステレオ動画で嫁を召還してみた【Gear VR】で紹介したCaeru氏の【MME】360度パノラマ画像を作るがパワーアップしております。

これにより、「左右別々にレンダリングする必要がある」→「物理演算を固定するためにMMMで物理焼き付けvmdを作る必要がある」→「30万または60万のキーフレーム上限を超えると分割出力する必要がある」というコンボが解消されて、MMD単体で360度パノラマな天球ステレオ動画が一発で出力できるようになります。

MikuMikuDomeMaster作業中20160115.zip をOneDriveからダウンロードして展開します。(エラーが発生する際にはブラウザを変えたりしてみてください)
(最終版では定義ファイルが変わりそうですが)高機能なため、自分のやりたいことに従い、りどみを参考にしつつSub/MakeCubesUtils.incをエディタで編集する必要があることに注意してください。

だいたい以下の手順となります。

mmdm01.png

1. 出力サイズを縦横1:1、2048x2048(Gear VRとCardboard再生ではこのあたりがlimitです)にする
2. モデルと背景とDomeMaster.pmxを読み込む
3. モーフのDM-PanoをPano側MAXにする。
4. 視点操作ボーン配下の視差をX0.3程度に設定する
5. (ねんのため)黒背景を設定、MMEのMainからDomeMaster.fx以外のチェックを外す
6. Sub/MakeCubesUtils.incを開き、RT_SIZEを2048に、AA_Loopsを2に設定してMME再読込後、avi出力を実行。

モデル:「社畜ちゃんMMDモデル VER.2」を配布しました!
http://syachiku-chan.com/?p=529
ステージ:【UTAU事務所・UK支部 Ver 3.00 (完全版)】
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4268482
モーション:【MMD】 ねこみみスイッチ 【モーション配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14365789
曲:【初音ミク】ねこみみスイッチ【オリジナル】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8233245

2015年11月 8日

【VR Video】YouTubeが360度パノラマ+3Dステレオ動画アップロードに対応したので試してみた【Cardboard】


モデル:つみ式ミクさん
【MMD】ミクさんガイガーのこねこ【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27427927
モーション:甘えん坊なミクが可愛くて出掛けられない
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14125209
ステージ:漆喰壁の部屋
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4038382?track=seiga_illust_keyword


単眼360度にしか対応していなかったYouTubeが二眼360度に対応しました。Jump発表からもう少し早いと思いましたがやっときてくれたか!という感じです。お手持ちの二眼Cardboard類HMDでお楽しみください。

公式:YouTube presses play on virtual reality
http://youtube-global.blogspot.jp/2015/11/youtube-presses-play-on-virtual-reality.html

GIGAZINE:YouTubeアプリが360度3DのVR動画に対応、誰でもダンボール立体メガネ「Cardboard」などで映像の世界に没入が可能に
http://gigazine.net/news/20151106-youtube-vr-google-cardboard-viewer/

さて、先日偶然にも【MMD】続・360度パノラマステレオ動画で嫁を召還してみた【Gear VR】でパノラマステレオの出力を試しましたので、YouTubeでも試してみました。

<手順>
YouTube公式の以下のページに書いてある通りと言えばそうなのですが、いろいろ分かりづらかったので補足します。

YouTube:バーチャル リアリティ動画
https://support.google.com/youtube/answer/6316263?hl=ja&ref_topic=2888648

・16:9の左目用と右目用を上下に結合し、必要なメタデータを追加してアップロードする必要があります。
・1920x1080または3840x2160の16:9のSpherical(Equirectangular)な左目用・右目用映像を用意してください。
・Top-bottom式(のみ?)がメタデータ追加ツールでサポートされています。左目用が上、右目用が下になるように上下に結合してください。

vrvideo3.png

・つまり、アップロードするmp4のサイズは1920x2160または3840x4320になります。
・結合後に、上記ページで配布されているツールで、以下の様にSphericalと3D Top-bottomのチェックを入れてSave asで別ファイルに出力します。この際、すでに存在するファイルを選択すると実はメタデータが追加されていない罠があるのでご注意ください。

vrvideo1.png

・mp4にメタデータの追加が終わったら、アップロードします。
・アップロード+処理完了直後は360度+3D化は終わらない模様です。まず、メタデータの確認に成功すると360度動画に変更されますので、この時点で詳細情報の3D動画 Top to Bottom: Left on topの欄をチェックしてください。(自動でチェックがつくこともある模様です)

vrvideo2.png

・そして、この3D動画 Top to Bottom: Left on topのチェックつけてからさらに数分から数十分程度待つと「3Dステレオ動画かどうか」の判定が行われ、判別に成功するとめでたくVR Videoとしてのアップロードが完了になります。

vrvideo4.png

うまくいかなかったらアップロードしなおしてみるとうまくいくかもしれません。


<余談:360度パノラマ 非3D>

この動画は非3Dですが4k動画ベースのものです。ハコスコ等単眼・素はこちらでどうぞ。
やっぱり4k解像度は必要そうに思うのですが、AviUtl+x264GUIで3840x4320のaviをmp4にエンコードするにはLargeAddressAware設定を有効にする必要がある気配です。exeの書き換えに必要な「管理者権限で実行」はexeやタスクバーの右クリックから選択できると思います。

2015年5月25日

【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】

mmm.png

(2016.03.18追記)現状はCaeru氏作成のMMEの最新版を使うのがお手軽となっております。視差が前方限定には変わりはありませんが、こちらのエントリを参照ください→【MMD】MikuMikuDomeMasterでGear VR/Cardboard向けステレオ天球動画を出力する

MMDで全天球動画が作れるのを以前見かけて試そうと思っていたのですが、2回出して合成すればGear VRでなんとなくステレオで見られます。これはいいものだ。

【MME】360度パノラマ画像を作る
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3844921

Panorama360.png

「Panorama360」を使用。カメラの位置を無視して、エフェクトの位置情報が使われている模様なので、以下の様にxyzいじってみます。xは左目が-0.03右目が0.03にしてみたがそもそもMMMの1.00はUnityみたいに1.00m保証は無い気がします。
x 0.03 y 10.0 z -15.0

※後述の追記時にはx 0.1(左目用は-0.1)y 13.0 z -12.0程度にしました。センターバイアスでモーションを同心円で収まる範囲にして、モーション範囲を中央に寄せてしまうのが勝利のカギの模様です。

以前書いたMMMの物理演算固定手順を守りつつ、左目用aviと右目用aviを出力してみます。

2160x1080 60fps
UtVideo YUV420 BT.709 (ULH0) DMO
mousou-L.avi
mousou-R.avi

kongou.png
開始位置が奥すぎたのでめっちゃ艤装に殴られまくりの動画になりました。目には優しく無いですが透明人間になった気分はそれはそれで面白かったです。

試しに1000フレーム程度でやってみて概ねうまくいきましたが、つんでれんこではビットレートがどうしても常識的な範囲に収まってしまう模様です。昔お世話になったx264guiExに久しぶりに頼ることにします。

aviutl-x264gui.png

AviUtlでMP4(H.264)にエンコードするためのインストールと設定方法
http://memorva.jp/internet/pc/soft_aviutl_mp4_h264_encode.php

2560x2560でやってみたらWin8.1でもGalaxy S6でも再生できない動画になりました。
2160x2160でProfileはHigh@5.1にしたら再生できました。サイズではなくてProfileの問題かも。

bt.png

実際に見てみるとかなり良い感じなのですが、2160x2160でも解像度がちょっと足りない(ボケた)感じになってしまいます。どこまで上げるのが妥当なのかは何度か試す必要がありそうです。(GearVRの公式doc的には推奨2048x2048@60fpsらしいです。ただの画質設定の話かも...)

続きを読む "【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】"

2014年12月16日

サイドバイサイド動画生成方法まとめ

oigen.jpg

Cardboard用コンテンツは別に動画でもいいのですよ?寝ながら見るの、オススメです。

○前フリ

このエントリスマフォスロットイン系HMD Advent Calendar 2014の12/15の担当です。

「スマフォスロットイン系HMD」という表現の「短縮したいけどこれ以上短縮できないちょっと短縮されてる」感が良いと思います。あ、僕はCardboardって呼びますけど。グーメン。

さて、そのCardboardですが、入手するとたいていみんな以下の通りになりますよね。

1. Cardboardを手に入れる
2. アプリを漁る
3. 3Dサイドバイサイド動画を漁る
4. 飽きる

その次はこうですよね。

5-A. 動画をつくる ←本エントリはここの話です。
5-B. アプリをつくる ←こっちはABC2014Wで僕と握手!


○動画を撮ろう

双眼3Dカメラがあればそれでおしまいです。スマホで再生できる形式に変換するなり、youtubeに上げてしまえばいいだけです。お手軽ですね。


○動画を作ろう

MMD絡みのサイドバイサイド動画についてはぶっちゃけ以下のエントリに全て書いてきました。

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たい
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/08/mmd-side-by-side-3d-bt-200-dk2.html

樽型歪みエフェクトは手軽ですがMMEに制限がかかります。
フルエフェクトのMMD環境からサイドバイサイド動画を作りたい人は以下のエントリを参考願います。

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/09/mmm-1.html

あとは「フルHD超えで75fps出るんだから60fpsなんて余裕でしょ」というOculus Rift DK2環境をお持ちの方は、Unity等で作ったのち直接録画してしまった方が手っ取り早いかもしれません。NVidiaの新し目GPU環境をお持ちの方にはShadowPlayという強い子がいるのを今日教えてもらいました。

ゲーマー必見 最強の録画ソフト ShadowPlay 設定と使用方法 - RuoRuoCheaters
http://ruoruosa.blog.fc2.com/blog-entry-46.html


とまぁここまでで概ね主張したいことは書いてしまったのですが、コピペで済ませてしまうのもあれなので樽型歪みでいっちょ流し込んでみます。皆様お手持ちのCardboard等でご覧ください。


【Cardboard】【MMD】つみ式プリンツ・オイゲンでサイバーサンダーサイダー【樽型歪みエフェクト】


急につみ式オイゲンちゃんが来たので。ね。

モデル:【MMD艦これ】プリンツ・オイゲンでヒビカセ【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25129761
楽曲:サイバーサンダーサイダー
http://piapro.jp/t/_Anb
モーション:【MMD-DMC4】サイバーサンダーサイダー【モーション配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19635968
スカイドーム:スカイドーム10
https://bowlroll.net/file/24598
ステージ:冬の庭風ステージ
http://nebusokummd.blog.shinobi.jp/アクセサリ/冬の庭風ステージ
樽型歪みエフェクト:MME用Cardboard向け樽型歪みエフェクト
https://bowlroll.net/file/43474

著作権等は各製作元に帰属します。ピアプロライセンスについてはこちらを参照ください。
http://piapro.jp/license/pcl/summary

樽型だとレンダリングが一発で済むのでオイゲンちゃんお迎えしてからうp完了まで45min程度でした。ちょっと腕の艤装が変なことになってたので削除するのに手間取りましたが。

では皆様自宅に引きこもって良い3Dクリスマスを!

2014年12月 4日

第三回 Oculus Game Jamに参加してきた #OcuJam #Ocunif

OcuJamに参加してきました。色々大変だったけど楽しかったです。Unity力が...Mecanim力がほしい!

第3回 Oculus Game Jam in Japan【東京西新宿ニフティ会場】
http://ocujam.doorkeeper.jp/events/15360

◯発表資料
錬金術師ごっこ
http://www.slideshare.net/youten_redo/ss-42154704

以下、当日の流れとつくったものメモ

続きを読む "第三回 Oculus Game Jamに参加してきた #OcuJam #Ocunif"

2014年10月28日

Unity Freeに対応したOculus SDK 0.4.3を試す

Oculus VR SDK 0.4 Version 0.4.3 Beta
https://developer.oculusvr.com/?action=hist&ver=21
> Unity 4.5.2 and 4.5.5 are supported; 4.5.3 and 4.5.4 are not. Also added support for Unity Free in Unity 4.5.5 and up.
期間限定Pro Licenseを借りているので、いったん返却してFreeに戻します。

Unity 4.xライセンスの管理 / Managing your Unity 4.x license
http://docs-jp.unity3d.com/Documentation/Manual/ManagingyourUnity4xLicense.html
Help -> Manage License... -> Return License で初期状態に戻ります。

ランタイムはまだ0.4.3に上げずに0.4.2の方がいいらしい...?

上記のtweetに続く野生の男さんとザバイオーネさんの会話を見ても安定板が見つかるまでは人柱雰囲気がプンプンします。まぁそんなもんでしょう。

以前のエントリでUnity Proで試したこれが、Free版で問題なくイケるかを試します。

【Oculus Rift DK2】Unity Proでオキュラスに嫁を召喚するマニュアル【MMD】
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/10/OculusDeMMD.html


<環境>
Unity(4.5.5)
http://japan.unity3d.com/unity/download/
Oculus Rift SDK(Version 0.4.3 Beta、DK2本体のFirmware ver.は2.12。)
https://developer.oculusvr.com/?action=hist&ver=21
Stereoarts:MMD4Mecanim(MMD4Mecanim_Beta_20141020.zip)
http://stereoarts.jp/
モデル:Appearance Miku あぴミク
http://piapro.jp/t/KPU3
楽曲:サイバーサンダーサイダー
http://piapro.jp/t/_Anb
モーション:【MMD-DMC4】サイバーサンダーサイダー【モーション配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19635968

著作権等は各製作元に帰属します。ピアプロライセンスについてはこちらを参照ください。
http://piapro.jp/license/pcl/summary

<手順メモ>
・新規Projectを作成、名前はFree043に。
・OculusUnityIntegration.unitypackageをダブルクリック、ProjectにImport。
・MMD4Mecanim.unitypackageをダブルクリック、ProjectにImport。
・あぴミクさん、サイバーサンダーサイダー楽曲、サイバーサンダーサイダーモーションをAssets配下にフォルダ毎D&D。
・Appearance Miku/Appearance Miku.MMD4Mecanimを選択、Readme.txtを確認後、利用規約とPCLに同意。
・Advanced ModeのチェックをON、Vertex Scaleを12に増加、VMDにサイバーサンダーサイダー(さっちゃそ).vmdをセットしてApply->Process。
・ProjectタブからCreate->Animator Controllerを選択、apmiku等適当な名前に設定、ダブルクリックでAnimatorウィンドウをopen。
・生成されたAppearance Mikuモデル配下のサイバーサンダーサイダー(さっちゃそ).vmdをAnimatorウィンドウにD&Dして保存。
・Ctrl+sするとシーン名を聞かれるのでMainと入力してEnter。
・Cubeを0,-0.5,0でScale100,1,100にして床っぽく配置、Drectional Lightをななめ上に配置、あぴミクさんを配置してRotationを0,180,0にしてこちらを向かせます。最初から配置されているMain Cameraはちょっと遠いのでzを調整して近づけます。
・Hierachy上に配置したAppearance Mikuに先ほど生成したAnimator ConrollerをD&Dで適用。
・Hierachy上に配置したAppearance Mikuを選択してMMD4Mecanim ComponentのPhysicsタブで物理演算を有効に、Animタブで同期用音楽をセットします。wave曲の3D Soundチェックは外してApplyを選択。
・ここで再生してモデル・モーション変換とAudio適用が動作していることを確認。

・Main Cameraをおもむろに削除、代わりにAssetsからOVR/Prefabs/OVRPlayerControllerをHierarchy上に配置します。

ovr043.png

・OVRPlayerControllerの構造が変わってますね...。Use Player EyeHeightドコー?ひとまずえいやハックして、XBOX360コントローラで上下左右カメラが自由に動けるようにします。

i) Gravity Modifierを0にして重力をなくします。
ii) OVRPlayerController.cs UpdateMovement()内でisGroundまわりをちょっとコメントアウトして空中でもカメラが操作できるようにします。

    // No positional movement if we are in the air
// if (!Controller.isGrounded)
// MoveScale = 0.0f;

iii) GamePad Buttonの定義まわりが変わっていることに気を付けながら、L1/R1で高さが動く様にします。Update()後ろの方で、y方向のmoveDirectionを強制的に書き換えます。

    // L1/R2 Eye Height
    if(OVRGamepadController.GPC_GetButton(OVRGamepadController.Button.L1) == true)
    {
        moveDirection.y = -0.01f;
    }
    if(OVRGamepadController.GPC_GetButton(OVRGamepadController.Button.R1) == true)
    {
        moveDirection.y = +0.01f;
    }
    
    // Move contoller
    Controller.Move(moveDirection);
※SDK0.4.3.1でGamepadの定義名が変わってるのでL1をLStickに、R1をRStickに変更する必要があります。

・適当にBuild Settingしてexeを生成、起動。
・DisMonでメインディスプレイを切り替えてもRiftじゃない方のディスプレイに出力される病が出たのでshift押し起動で回避。
・無事動作。75fpsで特におかしいところなし。めでたしめでたし。

free043.png

【2014.11.02追記】
つみ式榛名改ニにうおおおしてたところ、どうもパフォーマンスがよろしくないことに気づきました。具体的にはモデル3体ぐらいで75fpsが保てなくなってこれはどういうことだろう、とモデルの数を増減させてみたところ、Unity Free4.5.5+SDK0.4.3ではUnity Pro4.5.5+SDK0.4.3と比較して大幅にパフォーマンス低いことが判明してしまいました。
runtime0.4.2と0.4.3両方試しましたが傾向に大差なし。バージョンアップを待ちましょう。

freesamaso.zip
prosamaso.zip
Free/ProどちらもUnity4.5.5+Oculus SDK0.4.3。
モデル:あいえるたん
モーション:【第12回MMD杯EX】反動三段蹴り&サマーソルトキック・モーション配布

【2014.12.14】
0.4.4で追試、MMD4MecanimのJoin Local Worldチェックを外すことで4, 5体までは問題ないことを確認。Unity Pro買ったのでまた別途時間できたら調べなおしますgdgdですいません

2014年10月 1日

【Oculus Rift DK2】Unity Proでオキュラスに嫁を召喚するマニュアル【MMD】

4-2.png

Unity Pro TrialライセンスがOculus Game Jam参加登録者に配布されていまして良い機会だということでUnity Proで、Oculus Rift DK2向けにMMDな嫁を召喚するための手順をまとめてみました。

MMD4Mecanimの分かりやすいマニュアルで概ね十分ではあるのですが、以前OVRAgentベースで書いたものより画面キャプチャを多めにしてみました。現時点ではUnity Proでしか正式にOculus Rift SDKには対応していないのですが、Oculus ConnectにてUnity Freeに対応することが発表されました(ひと月程度と言われています)。リリースされた後に再度Free版で更新しようと思っています。

【2014.11.04追記】
Oculus SDK 0.4.3でUnity Free(要4.5.5)に対応されましたので、ざっと試してみたエントリを以下に記載しました。
現バージョンではパフォーマンスが低い問題がありますが、差しあたってFreeで試したい方は以下のエントリを参考にUnity 4.5.5 Freeにてトライしてみてください。

Unity Freeに対応したOculus SDK 0.4.3を試す
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/10/unity-freeoculus-sdk-043.html

以下、本編です。

続きを読む "【Oculus Rift DK2】Unity Proでオキュラスに嫁を召喚するマニュアル【MMD】"

2014年9月23日

ボカファン5のOculus Rift DK2体験会に押しかけ1台してきた

vocafan5.jpg

Oculus Rift DK2 体験会(Ocufes出張版)
http://twipla.jp/events/109387
「「VOCALOID・UTAUキャラクターMMDモデルとOculusソフトを用いた Oculus Riftによる3D・VR体験会」
ニコニコ超会議・TGS東京ゲームショーで大人気のオキュラスが体験できる!」

のこれに、"DK2の数が増えたら何かいいことがあるかな"と、DK2一式背負って押しかけ展示手伝いしてきました。

続きを読む "ボカファン5のOculus Rift DK2体験会に押しかけ1台してきた"

2014年9月16日

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たいの、続きで、MMDではイマイチうまくいかなかった物理演算結果の固定にMMMでチャレンジしました。

MikuMikuMoving
https://sites.google.com/site/moggproject/mmm

mmm01.png

本体version 1.2.6.4の他、使い方を知ってるMMEから、MMM用に改変されたSSAO, SvDOFなどをあわせてダウンロード。
いろいろこねくりまわしましたが、結局のところMMMでの物理演算結果の固定には「MMMの再起動」が必要でした。

【全体手順】
1. カメラをつちのこparallax.pyでLRに変換しておく。今回のサイバーサンダーサイダーの様なカメラと対象の距離がダイナミックに変わるカメラモーションデータの際には視差固定モードではなくて変動モードの方が良い模様。コメントアウトされている「PARALLAX_FIX = None」の行の方を有効にする必要がある。
2. MMM起動。
3. ステージ・モデル・モーション・L用カメラを読み込んだところでプロジェクトを保存、MMMをいったん終了。
4. MMMを再起動、物理演算タブから剛体位置初期化をクリック後、AVI出力。
5. 続けてカメラを全削除してR用カメラを読み込んだ後、プロジェクトを保存、MMMを再度終了。
6. MMMを再起動、4.と同様にしてAVI出力。
7. AviUtlで拡張編集プラグインを用いて左右のAVIを結合。上下に黒帯が入るぐらいのサイズにして、ちょっとだけ下げるのが良さそう。
8. つんでれんこあたりでエンコしてスマホに入れるなりうpするなりして閲覧。

mmm-640x480.png

mmm-aviutl.png

やっと「流し込み」に慣れてきた気がします...次はモーション自作かな。

2014年8月25日

Oculus Rift DK2で艦娘に踊ってもらった

ovra04.png

Oculus Rift DK2でOVRAgentとMMD4Mecanimを使って、艦娘に踊ってもらった話です。

○はじめに

UnityとMMDについて最低限の知識があり、現在Oculus Rift DK2環境があって、Direct ModeとExtend Desktopの差分についてなんとなくわかっている方であれば、下記の2サイトを参照すると、配布されている好きなMMDモデルとモーションデータで、3次元で踊ってもらうことができると思います。

# 前述の用語がすべてなんのこっちゃだとという方は、好きな嫁を3次元に召喚する話だと理解してもらえれば大差ございません。

Unity+Oculus Rift開発メモ(DK2対応)
http://framesynthesis.jp/tech/2013/oculus-rift/
OVRAgent, MMD4Mecanim配布元:Stereoarts Homepage
http://stereoarts.jp/

MMDことMikuMikuDanceについて、niconico動画で閲覧したことがある以上の知識がない方は、手前味噌ですが下記エントリを参考にモデルデータ(.pmx, .pmd)やモーションデータ(.vmd)の取り扱いについてさらっておくことと、

MMD 1日目
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/05/mmd.html

マルチプラットフォームなゲームエンジンUnityについてUnityちゃんかわいい以上の知識がない方は、ドットインストールにて一通りの操作方法とファイル群について下知識をつけておくことを強く推奨します。

ドットインストール:Unity入門
http://dotinstall.com/lessons/basic_unity

MMDもUnityも3Dやコンテンツ/ソフトウェア開発に普段から慣れていれば、今回の目標を達成するぐらいまではどちらも1日ずつ程度でなんとかなると思います。本件の全行程で明らかに難易度が高いのはDK2を調教する側だと思います(笑)

続きを読む "Oculus Rift DK2で艦娘に踊ってもらった"

2014年8月12日

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たい

BT-200、Cardboard、KaleidoPlayerDK2向けにサイドバイサイドの3D動画を2014.08時点のMMD環境(Win8.1 MMDv9.10)で作ってみた際のまとめです。

【注意事項】
・MMDのNVIDIA 3D Vision対応3D出力機能が使えればもっと楽なはずなのですが、有効にする方法が分かりませんでした。GeForce環境(GTX M870)なので特に何もせずに有効になってくれると思ったのですが...。
・MMDで物理演算の乱数シードとがんばって戦ってしまいましたが、MMMなら乱数シードの固定ができるみたいです。

続きを読む "MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たい"

2014年5月 3日

MMD 2日目

それでは2日目です。

続きを読む "MMD 2日目"

2014年5月 2日

MMD 1日目

apemiku-kongo-mmd.png

作ってる側の世界も見てみたくなったので試しに動かしてみました。
これはヤバイ。MMDマジヤバイ。
みんなも騙されたと思って先っぽだけでも遊んでみるといいと思います。

続きを読む "MMD 1日目"