タグ「タオバイザー」 の検索結果(1/1)

2014年12月28日

Android Bazaar and Conference 2014 Winter #ABC2014W VR部屋

abc2014w-vr03.jpg

今更の備忘録代わりのレポ(?)です。当日おこしいただいた方、ありがとうございました。
Cardboard, タオバイザー, FakeRift, Oculus Rift, Gear VRが揃って豪華に開催できて主催はもうゴールしてもいいよね気分です(ぱた)

開催日時:2014.12.21(日)10:00-17:15
開催場所:ABC2014Winter 内 特別企画 VR部屋

◯タオバイザーハンズオン(日本Androidの会 VR部

abc2014w-vr02.jpg

ATND:【ABC2014W特別企画 VR部屋】タオバイザー(Cardboard)ハンズオン #ABC2014W 12/21東海大学高輪キャンバス #JAGVR
https://atnd.org/events/60117
Cardboard/タオバイザーハンズオン 初心者向け3DVRアプリ開発マニュアル
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/12/cardboard-3dvr.html

タオバイザー/Cardboard類をお持ち、または購入していただいた方で、Android開発環境+Androidデバイスをお持ちの方がその場で3DVRアプリを作ってもらおう、というハンズオンでした。
どちらかというと顔見知りの方に多く参加していただきましたが、開催詳細決定後にヒアリングしたところ、ABCだとカンファレンス>バザール>ハンズオンという優先度になっちゃうのはしょうがないよね、という感じでした。

そうです、(Unity等のゲームエンジンを利用すれば)カメラ2個おいてサイドバイサイド3D+加速度センサによるコンテンツリアルタイムレンダリングまでならとにかくカンタンなのです。あとは何をそこに表示するのか、が全てなのです。

◯Oculus Rift展示(同日本Androidの会 VR部)

abc2014w-vr04.jpg

1日展示担当した@nowsprinting氏のレポが全てなのでそちらを参照ください:)
iWorks氏のUnityCoaster2-UrbanCoaster- Ver 1.1Unity社のユニティちゃんライブステージ Candy Rock StarをOculus Rift向けに対応したものを展示してました。

◯FakeRift展示(日本Androidの会 金沢支部 @kinneko)

7インチタブ+100均部品ベースの手持ち型VRゴーグルです。きんねこさんはカンファレンスのセッションも持ってたのでそちらの資料(とそのうち公開されるであろう動画)を参照。

◯タオバイザー出張販売所(タオソフトウェア)

abc2014w-vr06.jpg

本家が段ボール製である強度問題を素材変更で対応、IPD調整ができない問題・メガネをかけたまま使えない問題を解決したCardboardバリエーションであるタオバイザーです。

タオバイザー
http://taovisor.com/

マグネットスライドスイッチが主にサイズの問題で効きにくいという問題が、Googleが本家Cardboardを推してきた結果浮き彫りになってきました。Nexus5よりは5.5-6.0インチぐらいのひとまわり大きな子の方が向いてるかも。

まだお持ちでない方はぜひクラウドファウンディングおかわりからどうぞ:)
https://motion-gallery.net/projects/taovisor2/


◯クエリちゃん・プロ生ちゃんデモ展示・グッズ販売(ポケット・クエリーズ/プロ生ちゃん)

abc2014w-vr05.jpg

Kinnect v2で向きとモーションとって3Dマップ内を歩くTokyo Virtual WalkingとOculus Riftで巨大クエリちゃんと街中でバトルをするデモを展示。

Oculus Riftのはちょっと操作と動きが直感的でなかったのでつらかったかも...次バージョンを楽しみにしています:)

どちらかというとインパクト目的のキャンペーンキャラクターだと思っていたのですが、マスコットアプリ文化祭を見てるともうそろそろ「アセットは手段」にちゃんとシフトしてきたな、という感を受けます。来年はデモじゃない何かをきちんと作ってみたい。

◯Little Witch Pie Delivery+NIFTY Cloud mobile backend(nifty)

abc2014w-vr08.jpg

Little Witch Pie Delivery
http://littlewitchpiedelivery.com/
NIFTY Cloud mobile backend
http://mb.cloud.nifty.com/

魔法のホウキに乗ってパイを届ける時間を競うゲーム、Little Witch Pie Deliveryの展示でした。
センサのセットアップに苦戦していたのか、上下が逆になったりしていました。VR部屋としてはなんとかなっていた気がしますが、ニフティさんとしてはランキング・スコアネーム入力までさせないとmobile backendの宣伝になってなくてそれで良かったのだろうか...。

# 午前中は基調講演もあって主に身内やスタッフがプレイしてましたが、僕がプレイした時点で「今日クリアした人初めてです」って言われて、ハードが絡むデモのコンディション調整は大変そうだなぁ、って思いました。

◯Gear VR(Oculus VR)

abc2014w-vr07.jpg

Androidですから、Gear VRはやっぱり展示したかったのですが色々困難があって各ルートから断られ、半分諦めていたところ、ひょんなことから偶然にも本家として@GOROman, @needle両氏に展示いただきました。

DCEXPOでどこでもドアは触ってたのですが、正直音声認識(というよりきっとインターネット)・タップが調子が悪かったせいもあって解像度以外にはさほどインパクトがなかったのですが、ABCでじっくり触らせてもらったところ、3D動画とカメラ動かすと「なるほど、これはOculusだ」と腑に落ちました。

ABCとは全く関係がないのですが、ファミ通.comの以下のレポートがとっても共感できるので良かったらどうぞ:)

VRの始まりの年の終わりに、まさかのVR親孝行。スマホをぶっ挿してVR体験できる"Gear VR"入手リポート
http://www.famitsu.com/news/201412/26068810.html


◯さいごに

ABC実行委員、企画リーダ担当、VR部屋企画担当、JAGVR部長、個人開発者として色々な立場で立ち向かったABC2014Wでしたが、個人的にはJAGとABCに対する妄執の整理として、やりたいと思っていたことが全部やれてしまって、墓標の下で「あんどろいだー ようてん ここにねむる」みたいに燃え尽き症候群の気配です。

結局最後に効いてくるのは勢いとコネですね、と思いました。レベルも高くない個人ひとりができることなどたかが知れていますが、人様のパワーに1未満の係数をかけることがないよう、来年も精進していこうと思います。

abc2014w-vr01.jpg

2014年12月15日

Cardboard/タオバイザーハンズオン 初心者向け3DVRアプリ開発マニュアル

◯はじめに

本資料は以下のハンズオンイベント用の資料という位置づけですが、「Cardboard/タオバイザー向け3DVR AndroidアプリをUnityで作る初心者向けドキュメント」として整備していけたらいいな、と思っています。

以下の3コースがあります。共通編で環境を確認後、それぞれのコースに分かれて作業を継続してください。

・【Aコース】クエリちゃんコース
・【Bコース】ユニティちゃんCandyRockStarコース
・【Cコース】MMD4Mecanim+ドロイド君コース

続きを読む "Cardboard/タオバイザーハンズオン 初心者向け3DVRアプリ開発マニュアル"

2014年11月20日

日本Androidの会 VR部 #JAGVR 第1回勉強会 レポ

ATND:日本Androidの会 VR部 #JAGVR 第1回勉強会
https://atnd.org/events/58583

昨日主催したVR部の勉強会が開催されたので、レポのようなものを。
参加してくださった方も来れなかった方もおつかれさま&ありがとうございました。

【観測したレポ】
日本Androidの会 VR部 #JAGVR 第1回勉強会に行ってきました(Koji Hasegawa @nowsprintingさん)
http://nowsprinting.hatenablog.com/entry/2014/11/16/124657
日本Androidの会 VR部 JAGVR 第1回勉強会に行ってきた(kako @kakcomさん)
http://www.kako.com/blog/?p=2805

【発表資料】
VR/ARコンテンツの作り方(@youten_redo)
https://docs.google.com/presentation/d/1o4FuGwrWlPrZXTWmQKmzNFQwEc06-EGE4alFnFdDUTw/edit?usp=sharing

Google Cardboard を100円ショップの 材料で作ってみた(@ohwada)
http://www.slideshare.net/ohwada/20140820cardboard

VRにおける入力デバイス(@nowsprinting)
http://www.slideshare.net/nowsprinting/vr-41583600

VRの薄い本について(@syyama_net)
[C87] Oculus Rift 書籍執筆者募集
http://ocuben.doorkeeper.jp/events/17023の話。

透過型HMD Google Glass の紹介(@teshi04)
http://www.slideshare.net/yuimatsuura52/google-glass-41806349

【感想】
部長として何をしようかな、すべきかな、と少し悩んでいたのですが、ARとかVRとかそういうジャンルはいっぱい猛者がいらっしゃるのと、二ヶ月ぐらい前にギャーと騒いで本コミュニティを結成した、そのタイミングでの僕の些細なアドバンテージでは既に無いも同然だな、という気分になったので、開き直ってひたすら誰かが知っていることを知らない人にお届けするコピペ・伝言ゲーム戦略で進めたいと思っています。

次回はAndroid Bazaar and Conference 2014 Winter #ABC2014Wの企画部屋、「VR/AR部屋」でお会いしましょう!タオバイザー+Unityハンズオンをメインで考えております。

また、参加希望の方と同時に、部屋の企画を手伝ってくれる方も+激しく+募集しております@youten_redoまたはJAGVR MLに参加の上、こちらのトピックまでご返信いただけますでしょうか。

2014年9月16日

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たいの、続きで、MMDではイマイチうまくいかなかった物理演算結果の固定にMMMでチャレンジしました。

MikuMikuMoving
https://sites.google.com/site/moggproject/mmm

mmm01.png

本体version 1.2.6.4の他、使い方を知ってるMMEから、MMM用に改変されたSSAO, SvDOFなどをあわせてダウンロード。
いろいろこねくりまわしましたが、結局のところMMMでの物理演算結果の固定には「MMMの再起動」が必要でした。

【全体手順】
1. カメラをつちのこparallax.pyでLRに変換しておく。今回のサイバーサンダーサイダーの様なカメラと対象の距離がダイナミックに変わるカメラモーションデータの際には視差固定モードではなくて変動モードの方が良い模様。コメントアウトされている「PARALLAX_FIX = None」の行の方を有効にする必要がある。
2. MMM起動。
3. ステージ・モデル・モーション・L用カメラを読み込んだところでプロジェクトを保存、MMMをいったん終了。
4. MMMを再起動、物理演算タブから剛体位置初期化をクリック後、AVI出力。
5. 続けてカメラを全削除してR用カメラを読み込んだ後、プロジェクトを保存、MMMを再度終了。
6. MMMを再起動、4.と同様にしてAVI出力。
7. AviUtlで拡張編集プラグインを用いて左右のAVIを結合。上下に黒帯が入るぐらいのサイズにして、ちょっとだけ下げるのが良さそう。
8. つんでれんこあたりでエンコしてスマホに入れるなりうpするなりして閲覧。

mmm-640x480.png

mmm-aviutl.png

やっと「流し込み」に慣れてきた気がします...次はモーション自作かな。