タグ「Gフォト」 の検索結果(1/1)

2016年5月 2日

加工したTHETA写真にGフォトでPhotoSphere表示にするためのGPanoメタデータを追加する

知名度が上がってきたのか、THETAをお見せすると「あー知ってるー」「ぐるり写真が撮れる奴」みたいな第一声が増えてきた気がします。

theta360.comなどでも良いのですが、できればサイズは維持したいし、アルバム共有が便利なのでGフォトにあげられないかなぁと思っていたのですがそういえば無加工なTHETA写真はブラウザでぐりぐりできることに気付きました。

なんかメタデータが足りてないに違いない。

公式:ストリートビュー Photo Sphere XMP メタデータ
https://developers.google.com/streetview/spherical-metadata?hl=ja#_1

なるほど、しかし手動は面倒だ。

【PhotoSphere話】球体パノラマ写真PhotoSphereファイルの作り方
http://www.katabe.jp/modules/blogpc/index.php?page=detail&bid=118

ExifToolとpyExifToolGUIを使えばGPanoメタデータのコピペができるらしい。

が、2ツールのバージョン相性なのかうまくファイルが出力されなかったので、以下のサイトを参考に、ExifToolのexe単体でbatファイルを生成したらうまくいきました。

How to add mandatory Photo Sphere meta data to an equirectangular image
http://www.panotwins.de/technical/how-to-add-mandatory-photo-sphere-meta-data-to-an-equirectangular-image/

↑のページの「3. ExifTool via command-line」のところに書かれている文字列のexeのパスをなおして、拡張子*.batで保存してGPanoメタデータを付加したいjpgをドラッグアンドドロップすると生成されます。

めでたしめでたし。