タグ「Lollipop」 の検索結果(1/1)

2014年12月24日

iOSとAndroidのBLEな事情 3

本エントリはBluetooth Low Energy Advent Calendar 2014の12/23のエントリです。遅れてすいません。

以前書いたものを最新状況にあわせてアップデートしました。

【変更差分】
・StickNFindが独自UUIDになってIAS等を公開してくれなくなったのでその旨を記載。
・OS X Yosemiteで自由にペイロードをいじったAdvertiseができなくなってしまった模様なのでその旨を記載。
・Android 5.0 LollipopでPeripheral対応かと思いきやN6/N9限定でN4/5/7ではハード都合により非対応となってしまった旨を記載。L-PreviewではN5でPeripheral動作していたのですが残念...。
・@adakodaさんの協力もありiBeaconとFindMeProfileを最低限実装したPeripheralの動作確認がNexus 9でとれたので、GitHubにサンプルコードとして公開。@zaki50さんによりAndroid Studio化されました。
https://github.com/youten/aBeacon

もうちょっとiOS8でどうなったのかおさえておきたいのですが、バックグラウンドRegion MonitoringはiOS7.1とは変わってないっぽいですね。

iBeacon Detectorもおかげさまで各地でちまちまお役にたっているようで、拙作のアプリとしては珍しく1万ダウンロードを超えました。時間ができたらiBeaconを吹く方に対応したいと思っています。

iBeaconでコンテキストトラッキングではない位置測位をしたい人が世の中から消え去りますように。それではみなさま良いクリスマスを。

2014年11月21日

【Lollipop】FABとElevationとRipple

elevation.png

lollipop-elevation-demo.apk

Android Studio1.0も来そうですし、ロリにちまちま手を出していきましょう。
FABことFloating Action ButtonとかElevationとかRippleらへんが気になっていたので試してみました。

続きを読む "【Lollipop】FABとElevationとRipple"

2014年11月10日

Android 5.0 LollipopでiBeacon互換Advertise

せっかくN9買ったしMaterial Designをお試しがてらiBeaconをAdvしてみるかと組んでみました。

AdvertiseData.Builder#addManufacturerData(int, byte[])がちゃんと動作するようになったらしく、
4C 00 02 15...の先頭(?)2byteを削って02 15から始まる23bytesのバイト配列を用意した後、
builder.addManufacturerData(0x004c, manufacturerData);
したら1A FF 4C 00 02 15...みたいなAdvが出るようになり、
iOS8のiPhone5では一応iBeaconとして認識されることが分かりました。
(iPhone側が最近あまりiBeaconなコードを組んでないのでちょっと自信がない)

set addManufacturerData params 0x004c and byte[23], it seems good.
https://github.com/youten/aBeacon/commit/e4769a6f910d4b26a120bcf855b4ad1e203f8b65

先頭のAD Flags 02 01 16が出てないのが気になりますが、気が向いたらまた追いかけることにします。

【2014.11.12 追記】


setConnectable(true)したらFlags AD Typeの先頭3byteキター!

aBeacon - Android BLE Peripheral Advertiese sample as a iBeacon for Lollipop
https://github.com/youten/aBeacon

というわけで無事iBeacon互換っぽいAdvを出力するに至りました。L Previewの適当お試しに完全に踊っちゃった感あります。一緒に踊らさせてしまった@adakodaさん、ごめんなさい&ありがとう。さすが俺らのウォーズマンは頼りになる。

2014年10月20日

Android 5.0 Lollipop概要 日本語訳

Android 5.0 Lollipop概要(new features)をえいやで日本語訳してみました。
http://greety.sakura.ne.jp/awiki/index.php?Android%205.0

概要が15節といつもよりちょっと少なめだなと感じたのですが、上述の概要に載ってなくて、Android 5.0 APIsの方だけに載ってる新機能が多く目についたので、以下にピックアップしておきます。

・If your app binds to a Service...
Context#bindServiceは明示的Intentのみ許容されるようになりました。暗黙のIntentはExceptionとなります。
・Directory selection
ドキュメントのツリー階層構造を扱ったり、create/reaname/deleteの様なファイル操作に対応した模様です。OPEN_DOCUMENT_TREE intentってのがあるらしいので、プリインアプリのUIが気になります。
・Android in the Workplace and in Education
「業務・教育現場でのAndroid」という章タイトルで、Managed provisioning, Device owner, Screen pinningという機能が追加されています。デバイス管理者がマルチユーザでの他のユーザにシステムアプリとしていくつかのアプリを強制的に有効にしたり、それをLauncherアイコンへのbadgeで見た目で分かるようにしたりできる模様です。エンタープライズ用途というやつですね。
・Render PDF as bitmap
PDFのレンダリングが来ました。iOSのそれはタイリングとか拡大縮小とか日本語の扱いとかかなり面倒なのですがサンプルソースコードであるPdfRendererBasic眺めるとざっくり丸まっている模様です。API IFとして表題の通りBitmapを返すので、recycleとかミスるとメモリ管理失敗して即死しそうな気がしますが。