タグ「MMM」 の検索結果(1/1)

2014年9月16日

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たいの、続きで、MMDではイマイチうまくいかなかった物理演算結果の固定にMMMでチャレンジしました。

MikuMikuMoving
https://sites.google.com/site/moggproject/mmm

mmm01.png

本体version 1.2.6.4の他、使い方を知ってるMMEから、MMM用に改変されたSSAO, SvDOFなどをあわせてダウンロード。
いろいろこねくりまわしましたが、結局のところMMMでの物理演算結果の固定には「MMMの再起動」が必要でした。

【全体手順】
1. カメラをつちのこparallax.pyでLRに変換しておく。今回のサイバーサンダーサイダーの様なカメラと対象の距離がダイナミックに変わるカメラモーションデータの際には視差固定モードではなくて変動モードの方が良い模様。コメントアウトされている「PARALLAX_FIX = None」の行の方を有効にする必要がある。
2. MMM起動。
3. ステージ・モデル・モーション・L用カメラを読み込んだところでプロジェクトを保存、MMMをいったん終了。
4. MMMを再起動、物理演算タブから剛体位置初期化をクリック後、AVI出力。
5. 続けてカメラを全削除してR用カメラを読み込んだ後、プロジェクトを保存、MMMを再度終了。
6. MMMを再起動、4.と同様にしてAVI出力。
7. AviUtlで拡張編集プラグインを用いて左右のAVIを結合。上下に黒帯が入るぐらいのサイズにして、ちょっとだけ下げるのが良さそう。
8. つんでれんこあたりでエンコしてスマホに入れるなりうpするなりして閲覧。

mmm-640x480.png

mmm-aviutl.png

やっと「流し込み」に慣れてきた気がします...次はモーション自作かな。

2014年8月12日

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たい

BT-200、Cardboard、KaleidoPlayerDK2向けにサイドバイサイドの3D動画を2014.08時点のMMD環境(Win8.1 MMDv9.10)で作ってみた際のまとめです。

【注意事項】
・MMDのNVIDIA 3D Vision対応3D出力機能が使えればもっと楽なはずなのですが、有効にする方法が分かりませんでした。GeForce環境(GTX M870)なので特に何もせずに有効になってくれると思ったのですが...。
・MMDで物理演算の乱数シードとがんばって戦ってしまいましたが、MMMなら乱数シードの固定ができるみたいです。

続きを読む "MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たい"