タグ「MikuMikuDance」 の検索結果(1/1)

2015年11月 4日

【MMD】続・360度パノラマステレオ動画で嫁を召還してみた【Gear VR】

mmm2.png

モデル:ままま式改変 ハロウィンあぴミク
【MMD-PVF3】ハロウィンあぴミクで Happy Halloween【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27492874
モーション:農萌裏表ラバーズ
【第7回MMD杯本選】裏表ラバーズ ダンスPV風
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15356537
ステージ:ロビーステージ 廃墟版
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4031554

過去、MMM 1日目 物理演算結果を固定したい【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】で苦戦していたMMDの物理演算固定ですが、MikuMikuMovingの物理焼き込みを使うことであっさり解決しました。

mmm.png
(もっと早く気づけよ系)

そんなわけでCaeru氏の【MME】360度パノラマ画像を作るでパノラマ+ステレオに再チャレンジしてみました。
以下文字中心ですいません、つらつらと手順メモを。

続きを読む "【MMD】続・360度パノラマステレオ動画で嫁を召還してみた【Gear VR】"

2015年6月 8日

MMDメモ

MMDについてメモ。

続きを読む "MMDメモ"

2015年6月 8日

PMCA その1

別にお金を払いたくないわけでも3D-Unity(VR)で商用活動がしたいわけでもないのですが、自分で書いたライセンスを自分で守らない人とか、法律も作者の気持ちでどうにかなると思ってる人のことを想うとつらい気持ちになります。Figmyがぶっこみましたね。CC-BYのpmdが欲しい病を長く患っている自分にも少しだけ気持ちは分かりますが、ああなってはおしまいだと思います。

前置きはさておいて、PMCAというパーツPMDからモデルを組み立てるツールがありまして、ちょっと前に存在を知っていたのですが今更試してみることにします。

PMCAv0.0.6について
http://matosus304.blog106.fc2.com/blog-entry-215.html
りどみ.txtを読むとPMCA自体はPDとあるので生成pmdにライセンス制限はかからないことになります。(というかデフォルト設定でAuthorがmato氏のLicense PDという文字列が固定になってしまうのは良いのでしょうか...)

PMCAv0.0.6r10aWindows版
https://bowlroll.net/file/3714

Python実行環境同梱版をダウンロードして、zipを展開してrun.batで起動します。
pmca-01.png
pmca-02.png
適当にポチポチと選択してpmdを出力します。
ちょーかんたんお手軽1分でpmdができました。

pmca-03.png
ちょっとだけテクスチャの色合いだけいじってMMDに持っていきます。

pmca-05.png
なるほど。

Unityに持っていきます。

pmca-06.png
なるほど。

Carboard SDKを適当に放り込んでスマホに持っていきます。

pmca-07.png
なるほど。

これで色々な点が概ねいいんじゃないでしょうか。

2014年10月 5日

デ部でOculus Rift+Unity+MMDの話をした

andeb16.png

第16回 デ部 !Androidで喋ってきましたので資料を置いときます。
Oculus Rift+Unity+MMD

MikuMikuDance文化を3DAR/VRコンテンツまで持っていくのは概ねはカンタンですよ、という話。

Oculus RiftはDK2通販($350+送料$75)から気軽に始められる現実逃避です日々の現実から逃げたい人に心からオススメ!

2014年9月16日

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たいの、続きで、MMDではイマイチうまくいかなかった物理演算結果の固定にMMMでチャレンジしました。

MikuMikuMoving
https://sites.google.com/site/moggproject/mmm

mmm01.png

本体version 1.2.6.4の他、使い方を知ってるMMEから、MMM用に改変されたSSAO, SvDOFなどをあわせてダウンロード。
いろいろこねくりまわしましたが、結局のところMMMでの物理演算結果の固定には「MMMの再起動」が必要でした。

【全体手順】
1. カメラをつちのこparallax.pyでLRに変換しておく。今回のサイバーサンダーサイダーの様なカメラと対象の距離がダイナミックに変わるカメラモーションデータの際には視差固定モードではなくて変動モードの方が良い模様。コメントアウトされている「PARALLAX_FIX = None」の行の方を有効にする必要がある。
2. MMM起動。
3. ステージ・モデル・モーション・L用カメラを読み込んだところでプロジェクトを保存、MMMをいったん終了。
4. MMMを再起動、物理演算タブから剛体位置初期化をクリック後、AVI出力。
5. 続けてカメラを全削除してR用カメラを読み込んだ後、プロジェクトを保存、MMMを再度終了。
6. MMMを再起動、4.と同様にしてAVI出力。
7. AviUtlで拡張編集プラグインを用いて左右のAVIを結合。上下に黒帯が入るぐらいのサイズにして、ちょっとだけ下げるのが良さそう。
8. つんでれんこあたりでエンコしてスマホに入れるなりうpするなりして閲覧。

mmm-640x480.png

mmm-aviutl.png

やっと「流し込み」に慣れてきた気がします...次はモーション自作かな。