タグ「MikuMikuMoving」 の検索結果(1/1)

2015年11月 4日

【MMD】続・360度パノラマステレオ動画で嫁を召還してみた【Gear VR】

mmm2.png

モデル:ままま式改変 ハロウィンあぴミク
【MMD-PVF3】ハロウィンあぴミクで Happy Halloween【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27492874
モーション:農萌裏表ラバーズ
【第7回MMD杯本選】裏表ラバーズ ダンスPV風
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15356537
ステージ:ロビーステージ 廃墟版
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4031554

過去、MMM 1日目 物理演算結果を固定したい【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】で苦戦していたMMDの物理演算固定ですが、MikuMikuMovingの物理焼き込みを使うことであっさり解決しました。

mmm.png
(もっと早く気づけよ系)

そんなわけでCaeru氏の【MME】360度パノラマ画像を作るでパノラマ+ステレオに再チャレンジしてみました。
以下文字中心ですいません、つらつらと手順メモを。

続きを読む "【MMD】続・360度パノラマステレオ動画で嫁を召還してみた【Gear VR】"

2015年5月25日

【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】

mmm.png

(2016.03.18追記)現状はCaeru氏作成のMMEの最新版を使うのがお手軽となっております。視差が前方限定には変わりはありませんが、こちらのエントリを参照ください→【MMD】MikuMikuDomeMasterでGear VR/Cardboard向けステレオ天球動画を出力する

MMDで全天球動画が作れるのを以前見かけて試そうと思っていたのですが、2回出して合成すればGear VRでなんとなくステレオで見られます。これはいいものだ。

【MME】360度パノラマ画像を作る
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3844921

Panorama360.png

「Panorama360」を使用。カメラの位置を無視して、エフェクトの位置情報が使われている模様なので、以下の様にxyzいじってみます。xは左目が-0.03右目が0.03にしてみたがそもそもMMMの1.00はUnityみたいに1.00m保証は無い気がします。
x 0.03 y 10.0 z -15.0

※後述の追記時にはx 0.1(左目用は-0.1)y 13.0 z -12.0程度にしました。センターバイアスでモーションを同心円で収まる範囲にして、モーション範囲を中央に寄せてしまうのが勝利のカギの模様です。

以前書いたMMMの物理演算固定手順を守りつつ、左目用aviと右目用aviを出力してみます。

2160x1080 60fps
UtVideo YUV420 BT.709 (ULH0) DMO
mousou-L.avi
mousou-R.avi

kongou.png
開始位置が奥すぎたのでめっちゃ艤装に殴られまくりの動画になりました。目には優しく無いですが透明人間になった気分はそれはそれで面白かったです。

試しに1000フレーム程度でやってみて概ねうまくいきましたが、つんでれんこではビットレートがどうしても常識的な範囲に収まってしまう模様です。昔お世話になったx264guiExに久しぶりに頼ることにします。

aviutl-x264gui.png

AviUtlでMP4(H.264)にエンコードするためのインストールと設定方法
http://memorva.jp/internet/pc/soft_aviutl_mp4_h264_encode.php

2560x2560でやってみたらWin8.1でもGalaxy S6でも再生できない動画になりました。
2160x2160でProfileはHigh@5.1にしたら再生できました。サイズではなくてProfileの問題かも。

bt.png

実際に見てみるとかなり良い感じなのですが、2160x2160でも解像度がちょっと足りない(ボケた)感じになってしまいます。どこまで上げるのが妥当なのかは何度か試す必要がありそうです。(GearVRの公式doc的には推奨2048x2048@60fpsらしいです。ただの画質設定の話かも...)

続きを読む "【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】"

2014年9月16日

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たいの、続きで、MMDではイマイチうまくいかなかった物理演算結果の固定にMMMでチャレンジしました。

MikuMikuMoving
https://sites.google.com/site/moggproject/mmm

mmm01.png

本体version 1.2.6.4の他、使い方を知ってるMMEから、MMM用に改変されたSSAO, SvDOFなどをあわせてダウンロード。
いろいろこねくりまわしましたが、結局のところMMMでの物理演算結果の固定には「MMMの再起動」が必要でした。

【全体手順】
1. カメラをつちのこparallax.pyでLRに変換しておく。今回のサイバーサンダーサイダーの様なカメラと対象の距離がダイナミックに変わるカメラモーションデータの際には視差固定モードではなくて変動モードの方が良い模様。コメントアウトされている「PARALLAX_FIX = None」の行の方を有効にする必要がある。
2. MMM起動。
3. ステージ・モデル・モーション・L用カメラを読み込んだところでプロジェクトを保存、MMMをいったん終了。
4. MMMを再起動、物理演算タブから剛体位置初期化をクリック後、AVI出力。
5. 続けてカメラを全削除してR用カメラを読み込んだ後、プロジェクトを保存、MMMを再度終了。
6. MMMを再起動、4.と同様にしてAVI出力。
7. AviUtlで拡張編集プラグインを用いて左右のAVIを結合。上下に黒帯が入るぐらいのサイズにして、ちょっとだけ下げるのが良さそう。
8. つんでれんこあたりでエンコしてスマホに入れるなりうpするなりして閲覧。

mmm-640x480.png

mmm-aviutl.png

やっと「流し込み」に慣れてきた気がします...次はモーション自作かな。