2014年9月29日

Android L PreviewとMoto 360セットアップ

moto360.jpg

@addie9000に事前情報をもらいつつ二人で9/28,29にMoto 360の初期セットアップに苦労した話です。
完全に解決していない上、IP(国?)限定はどうも最近始まった模様で、今後もどうなるか良く分かりません。

【まとめ】
・初回セットアップはVPN経由でIP限定を回避する。
・L PreviewだとVPNにバグがあるので他の端末を用意して最新ファームまでアプデしてから端末リセットが必要。

続きを読む "Android L PreviewとMoto 360セットアップ"

2014年9月25日

Oculus Rift DK2用に妥当なグラボ・ノートPCを探すためのメモ

きっとみんな似たようなことを調べると思うので。

○75fps死守の原則

Oculus Rift DK2 動作状況報告シート
・「GPU」の項と「FPS」の項を確認して、下地知識をおさえます。
・システム仕様上、75fpsを死守することが良い体験に直結します。
・つまり、FPSの「75fpsでない」部分が境界線であると読み取れます。
・いわゆるオンボードグラフィックであるIntel Graphics系では上位のIntel HD Graphics 4600/5100でも厳しいです。


○3DMark(2013)Fire Strike Standard Graphicsのベンチ数値とにらめっこ

パソコン工房のBTOパソコン選択可能GPUの3Dベンチマーク参考値リスト
http://www.pc-koubou.jp/pc/benchmark.php
Laptop Video Graphics Cards - Benchmark List
http://www.notebookcheck.net/Mobile-Graphics-Cards-Benchmark-List.844.0.html

・デスクトップがあってグラボ刺す人なら750 Tiが現行の問題ないライン、GTX 980/970がコスパフォ十分ぽいのでハイエンドなゲーマならそちら。
・ノートはGTX 850M/765Mあたりを持っているならDK2でなんとか、770M/860Mでちょうどぴったりラインの模様です。CV1まで耐えたいのであれば870Mあるいは880Mですが機種の選択肢は厳しくなります。
・MacBookの人は統合グラフィックチップな下位機種は厳しく、Retina最上位のGT 650M/750M搭載機もDK2でコンテンツを選べばなんとかというギリギリめのラインです。


○具体的なノート機種例(お値段・サイズ順)

G-TUNE NEXTGEAR-NOTE i420
http://www.g-tune.jp/note_model/i420/
860M 2.1kg 13.3型 109,800-
CPUがi3は若干開発をするには不安なのでi7の109,800-モデルからスタートで。

パソコン工房 15X7100-i7-REB
http://www.pc-koubou.jp/pc/model/8i15x710i7re_main.php
860M 2.7kg 15.6型 104,980-

G-TUNE NEXTGEAR-NOTE i791
http://www.g-tune.jp/note_model/i791/
870M 3.1kg 15.6型 129,800-

パソコン工房 15X8050-i7-YFB
http://www.pc-koubou.jp/pc/model/8i15x805i7yf_main.php
870M 3.1kg 15.6型 142,980-
860Mと比べて値段の上がり幅が大きいのは870MがRAM6GB版だからと思われます。

ドスパラ GALLERIA QF870HE
http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=143&ft=&mc=4670&sn=0
870M 3.7kg 15.6型 149,980-

ドスパラ GALLERIA QF880HG
http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime.php?tg=13&tc=143&ft=&mc=4668&sn=0
880M 3.8kg 17.3型 199,980-

DELL ALLIENWARE 17
http://www.dell.com/jp/p/alienware-17/pd
880M 4.15kg 17.3型 194,184-
重量が"(SSD構成時)"とかなっててちょっとずるっこい。

MSI GS60 2PE
http://jp.msi.com/product/nb/GS60_2PE_Ghost_Pro.html
870M 1.96kg 15.6型 19万後半?
軽いのが特徴。代理店が複数あるので値段はマチマチ、これを書いた時点でざっと調べた範囲では、キャンペーン価格で17万とかまでは見ました。いろいろ検索してみるのが良さそうです。

MSIのシリーズはバリエが多く呼称が少し分かりにくいです。自分はDK2到着後に勢いでこいつを購入しました。RAM16GB, SSD256GBのカスタマイズ。
どうもG-TUNE NEXTGEARあたりに比べるとOptimus罠度が高いらしくDirectModeは一回も成功していません。個体差か僕の努力の問題かはよくわかりませんが...

2014 Razer Blade
http://www.razerzone.com/jp-jp/gaming-systems/razer-blade
870M 2.03kg 14.0型 297,000-
薄い(17.8mm)・高価い。


○まとめ

Optimus地雷も意外とKIAIで飼いならせます。

2014年9月23日

ボカファン5のOculus Rift DK2体験会に押しかけ1台してきた

vocafan5.jpg

Oculus Rift DK2 体験会(Ocufes出張版)
http://twipla.jp/events/109387
「「VOCALOID・UTAUキャラクターMMDモデルとOculusソフトを用いた Oculus Riftによる3D・VR体験会」
ニコニコ超会議・TGS東京ゲームショーで大人気のオキュラスが体験できる!」

のこれに、"DK2の数が増えたら何かいいことがあるかな"と、DK2一式背負って押しかけ展示手伝いしてきました。

続きを読む "ボカファン5のOculus Rift DK2体験会に押しかけ1台してきた"

2014年9月22日

Durovis Dive SDKでCardBoard向けアプリを作ってみる

dive-droid.jpg

【先にまとめ】
おおむねエイバースの中の人の以下のエントリを参考に一通り試しただけ、とも言えます。
UnityでGoogle Cardboard用のコンテンツを作成する
http://blog.livedoor.jp/abars/archives/52289782.html

続きを読む "Durovis Dive SDKでCardBoard向けアプリを作ってみる"

2014年9月20日

MMM 2日目 3D動画とエフェクトとデバイス差

kongou-ctc.png

niconico公式AndroidアプリもImmersive(システムバーを完全に消す全画面表示)には対応していませんし、BT-200のコンテンツ不足の救世主nicoidもシステムバーを消すWindowsフラグは追加されていないので若干邪魔ではあるのですが、「慣習として(作者レベルまでは)許容されている」流用を考慮すると、MMD関連の3D動画はniconico配備一択です。

そんなわけで先日のMMMによる左右カメラAVI出力後、CardBoard向けに平行法等倍でサイドバイサイド合成した3D動画と、BT-200向けに平行法ハーフサイドバイサイドで合成した動画をniconicoにうpしました。

なお、今回気づいたのは、焦点距離が短いCardBoardではDOF系フィルターもそれなりに有効なのですが、焦点距離が長いBT-200では単なるピンボケ映像に見えてしまいイマイチということでした。TrueCamera側のDOF切ってSvDOFをそれなりにすれば耐えられるかな...?

2014年9月16日

MMM 1日目 物理演算結果を固定したい

MMD 3日目 艦娘がDK2で踊ってるのが見たいの、続きで、MMDではイマイチうまくいかなかった物理演算結果の固定にMMMでチャレンジしました。

MikuMikuMoving
https://sites.google.com/site/moggproject/mmm

mmm01.png

本体version 1.2.6.4の他、使い方を知ってるMMEから、MMM用に改変されたSSAO, SvDOFなどをあわせてダウンロード。
いろいろこねくりまわしましたが、結局のところMMMでの物理演算結果の固定には「MMMの再起動」が必要でした。

【全体手順】
1. カメラをつちのこparallax.pyでLRに変換しておく。今回のサイバーサンダーサイダーの様なカメラと対象の距離がダイナミックに変わるカメラモーションデータの際には視差固定モードではなくて変動モードの方が良い模様。コメントアウトされている「PARALLAX_FIX = None」の行の方を有効にする必要がある。
2. MMM起動。
3. ステージ・モデル・モーション・L用カメラを読み込んだところでプロジェクトを保存、MMMをいったん終了。
4. MMMを再起動、物理演算タブから剛体位置初期化をクリック後、AVI出力。
5. 続けてカメラを全削除してR用カメラを読み込んだ後、プロジェクトを保存、MMMを再度終了。
6. MMMを再起動、4.と同様にしてAVI出力。
7. AviUtlで拡張編集プラグインを用いて左右のAVIを結合。上下に黒帯が入るぐらいのサイズにして、ちょっとだけ下げるのが良さそう。
8. つんでれんこあたりでエンコしてスマホに入れるなりうpするなりして閲覧。

mmm-640x480.png

mmm-aviutl.png

やっと「流し込み」に慣れてきた気がします...次はモーション自作かな。

○追記(2014.09.17)

拾いものカメラモーションそのままだと色々破綻したため、ほぼ固定カメラver.を作成。
上下黒帯前提で映像を作るのはナシで、適度に視野角を上げた上で、CardBoardに適切な縦横比の左右視差aviを作る必要があるということに今更気づきました...。

なかなか3D脳というか動画脳が育ちません。

2014年9月15日

鴨居のサンマ

kamoi_bbq003.jpg

三連休中日だったせいか近場のお暇な人が少なくタイマンになりましたが@l_b__と鶴見川でサンマ焼いて食べました。

ぶっちゃけ食材と七輪・燃料の類はすべて@l_b__にお任せして僕は飲み物を買っていっただけなのでごちそうになった感じでしたが。おいしかった。

kamoi-bbq.png

鶴見川は直火じゃなければ、河川でのバーベキュー・芋煮会等が特に受付なく許可されていますので、週末にはちらほらとバーベキューをやってる人たちがいます。
そんな中、鴨居駅は駅から川までがダントツで近く、火器の調達に問題がなければBBQをやるにはお手頃な場所だったりします。

また寒くなる前にやってもいいね、という話でした。


以下、写真。

続きを読む "鴨居のサンマ"

SeikenWear その1

時計型デバイスのジェスチャについて考えてみて、Android WearでPowerPointを操作してみた話。
クソアプリの旅は続く。

Seiken Straight
https://github.com/youten/straight
for SONY SmartWatch2 SW2

SeikenWear
https://github.com/youten/SeikenWear
for Android Wear + Windows PowerPoint

2014年9月 8日

Open Broadcaster SoftwareでExtendedでもDK2ミラーリングができた

obs-mirror01.jpg

という情報がTLでどんぶらこっこと流れてきたので試してみました。

続きを読む "Open Broadcaster SoftwareでExtendedでもDK2ミラーリングができた"

2014年8月30日

かっしー公開処刑場外乱闘

デザイナー ミロク先生によるかっしーアイコン公開処刑
http://togetter.com/li/712847

@kassy_kz作成アイコンに対する@miroc007のアイコン講座が、面白かったんだけどそれってある成果物に対するレビューとしてはどうなの、とモヤモヤしたのでひとりで場外乱闘しておきます。

続きを読む "かっしー公開処刑場外乱闘"

Archives(記事一覧はこちら)