2016年12月 2日

ITシステムの開発で大事にしてほしい10個のポイント(書き途中、発散しはじめた。)

○目次
1. ユーザ・サービス・システムと益は明確に定義する。
2. プロセスと成果物の定義は、手法を選ばず、同じ考え方でできる。
3. CRUDを意識する。
4. 「一覧」と「詳細」の原則。
5. 英語にして、日本語に戻して、戻らなかったら、おかしい。
6. 「情報」「データ」「管理」「制御」の様な、情報量が増えない言葉を避ける。
7. 「起動と終了」「加入と脱退」の様な対になるユースケースの欠けを疑う。
8. 項目を並べた際に、「同じレベル」「互いに素」を守る。
9. 用語集を育てて、表現の揺れを正規化する。
10. 非機能要件はIPAの非機能要求グレードが最強。

続きを読む "ITシステムの開発で大事にしてほしい10個のポイント(書き途中、発散しはじめた。)"

BT-300メモ #bt300

EPSON MOVERI BT-300が発売になったので、メモを残しておきます。前回はBT-200メモというのを書いてました。

総論:いい意味でも悪い意味でもカタログスペック以外あまりお変わりない印象です。

<オススメ手順>
0. Android開発環境が構築されているPCを準備する。
1. BT-300の設定からビルド番号7回タップで開発者オプションを表示させ、adbを有効にする。
2. Vysorを入れ、以下入力操作をVysor経由で行う。
3. 提供元不明のアプリインストール許可設定を有効にし、WiFiを設定し、ブラウザを起動する。
4. "amazon.co.jp/getamazon"を入力し、Amazonアプリ完全版をインストールする。
5. nicoid(ニコニコ動画プレイヤー)をインストールし、ハーフ(通常のディスプレイで見ると横につぶれている)のside by side動画を探し、3Dで閲覧する。

ハーフのside by side MMD動画の作成方法は、MMM 1日目 物理演算結果を固定したいこのあたりに書きましたが、「つちのこparallax.pyで左右カメラ+MMMによる物理焼き込み+AviUtlでの合成」で特に3年前からとくに変わっていないとおもわれます。

6. Amazonビデオアプリをインストールし、プライムビデオを寝ながら見る。

TODO
・BLE・全天球動画の動作確認
・Cardboard SDKをいじって樽型歪み補正無しでBT-300に提供できるか確認

2016年11月27日

僕がVRデバイスをひたすら買っているわけ

突然ですが、youtenは「没入感」という単語が嫌いです。もう少し正確に言うと「没入感がある」「没入感がすごい」みたいな絶対的な表現で使われるケースが多いので嫌いです。比較の表現として「AよりBの方が没入感がある」という表現は好きです。これだと好きだの嫌いだのなんのこっちゃ?という話があると思いますが、例えば@GOROman氏の#Mikulusを見て「没入感がすごい」という感想をもった以下の二つのケースがあるとします。

Aさん:ハコスコなりCardboardなりスマホベースHMDのちょっとステッチングの微妙な360度動画を、それもspatial audioでもなくモノラルのやつをチラッと見たことがあるけどOculus Riftは知ってるだけ、PSVRはちょっと興味があるけど入荷待ちだという話を聞いてそのうち買おうかなぐらいの人がGTX1080環境なちゃんとVR ReadyのOculus Rift CV1で今のMikulusを見た感想の「没入感がすごい」

Bさん:DK1 backerでDK2も買って過去のMikulusは知っていて、主婦ゆには買ってるしMMD4MecanimなりでMikulusクローンを作ったことや作ろうとしたことがあってVR空間だとアニメキャラは頭身が違うのでサイズや視線調整で簡単にプレゼンスが剥がれて違和感が出ることに泣いた経験があってVR ReadyなPCは持っていてPSVRももちろん買ったしカスタムメイド3D2もサマーレッスンもやっていて自分の中に芯地がある人が今のMikulusを見た感想の「没入感がすごい」

この差が嫌いなのです。

僕は直感的に流行するものが分かるイノベータ側ではなくて、どちらかというと「信用に足るアーリーアドプターの行動を見つけて拾ってくる」ぐらいのアンテナの感度で世の中暮らしていますが、VRは間違いなく「iPhone並」に世界を変えると信じています。
「iPhone並」という表現についてもう少し補足しておきます。これを「スマホ並」と言わなかったのは、ぶっちゃけ日本ではiPhone3GS以前にすでにスマホが出てたからです。iPhoneはあの「直感的」という謎の単語で表現される、タッチパネルと液晶を組み合わせて指が動く範囲でUIが追従することによる入出力システムを世界の常識にしてしまったのです。
もっといろんな分類があると思いますが、「すでに一部では便利に利用されていたシステムが爆発的に普及する」イノベーションと、「完全に新しい概念が普及する」イノベーションの二種類があると思います。比較のために挙げると、ケータイ、写メ、スマホ、電子書籍、ウェアラブル、あたりが前者で、タッチインターフェイスを持ったiPhoneとVRが後者だと思っています。

VRじゃなくてMRだし、ARに最後に返ってくると言われてますが、確かに最終的にはどっちがどうなのかは概ね(その物理的特性が違うよという観点も含めて)「赤色と青色」ぐらいに収束するのはすでに見えてきています。

ちょっと以前に書いた文章をここで引用します。

Virtual Realityとは、直訳では「仮想の、事実上の現実感」です。実際に実物がそこにあるかのように人間に感じさせる技術を意味します。その技術体系は人間の五感に即して分類することができるものです。 日常的に普及しているイヤホンやヘッドホンによる立体感のあるステレオ音声も、あたかも目の前で実物が音を出しているRealityを実現した、聴覚に関するVR技術の一種であるといえます。

本章では主に、高スペック化の進んだスマートフォンデバイスによって、視覚に関するRealityをVirtualに実現するアプリについて取り扱います。
もう少し具体的にいうと、「首の向きに追従して、リアルタイムで絵が変わる」ことと、「左右の目に違う絵を表示することで立体的に見せる」ことです。

今のVRムーブメントは、この「首の向きに追従して、リアルタイムで絵が変わる」ことがそれはもうめっちゃ追従するようになって、「左右の目に違う絵を表示することで立体的に見せる」ことがそれはもうレンズとか表示側を歪めるとかめっちゃがんばって自然に立体的に見せる仕組みが(昔に比べて)ものすごくやりやすくなったことに起因すると思っています。(youtenはVR元年はまぁDK2の2014年かなぁ、と思っていますが、それから2,3年経って音声(聴覚)の方も需要があるぞ、と研究分野から業務用分野に降りてきた感があります)

今ARなりMRなりに若干広がりが見えるのは、もともとマーケティング目的としてリアルが絡むARの方が歴史的に何度も期待されていることもあると思いますが(よくわからんARのようなものとしてポケモンGOが俎上に上がったり)、Kinect v2・Leap Motionあたりから定着しだしたToFまわりの人間と外観の情報がリアルタイムに観測できることとを組み合わせて、Tango, Hololens, Magic Leapと具体的なデバイスが出ている動きを追って行けば「今後広がっていく」というより「すでに広がりつつある」という表現の方があっていると思います。

逆にちとつらそうなのはハプチですね。「触感」はつらそうですけど「風」と「温度」は物理的にやっちまえばいいのでそれなりのところで出てくるんではないですかね。僕は耳元に息を吹きかけられるデバイスぐらいなら今でもいけそうだとか思ってますが。

おっと完全に脱線しました。

で、何が言いたいかと申しますと、このVR、今までの言語事例では到底表現できないのです。普段から芸術的な表現をしてる方々ならともかく、相対的な情報理論を脳内に貯めていくことが生業の俺らにそんな向いてないことやるのはまさに効率が悪いってやつでしょう。テレビの無い世界でテレビについて伝えるのはとにかく難しかったと思います。

歴史に倣うと、テレビは店頭デモしましたので、VRも...店頭デモつらいですね(ちまちまと常設が増えていますが)。
ただし、今はインターネットがあります。「VRをやってる人が面白いのでそれをコンテンツにする」も良いと思います。グリーンバック合成は効果的です。CIRCLE of SAVIORSのVR JKでいいのです。
ゲーム実況文化もあります。VR画面をそのままストリームすると酔いやすいという話は、ローパスをかければ回避できるとのことで、きっとこれもすぐに標準装備になると思われます。

また、低レベルの体験から延長線上にある高レベルの体験をどう想像してもらうか、という観点では、うちの国にはSAOという最強のコンテキストコストバスターがいらっしゃいますのでお世話になればいいと思います。AR側も電脳コイルが追いつくのはまだかと待っていてくれています。

そんなわけで、実際にやるのが一番コスパフォがいいんですよ。やればやるほどプレイ動画を見て分かる様になりますし、ぐるっと一周回って一番最初の話の、AさんとBさんの発言の差が分かるようになってきます。「100つのコンテンツ体験を共有している人の言葉」はプレイ体験にかなり等しく伝わります。「ガルパンはいいぞ」ぐらいの伝わりです(つまるところ、全く伝わってないけどやる価値があるかどうかぐらいは伝わります、結局やらないとわからんね!)。昨今でいうと「Rez InfiniteのArea Xはいいぞ」あたりになると思います。

というわけで、(ここ2,3年のiPhoneの様に)差分に想像がつくとか、魅力的に感じなくなるまでは、VRデバイスを買い続ければいいじゃんと思っています。

Daydream Viewだけ先に来たけどhandtecで色選択のニ択に負けてPixel XLが届かないyoutenでした。BT-300とTouchとFOVEが冬休み中に遊べるといいな!

2016年10月31日

DroidKaigi 2017のCFPを読んでトレンドをおさえた気になってみたい

が出揃ってきて、一通り読んでみています。読んでるだけで面白い。

DroidKaigi 2017 プログラム応募状況
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1k4bpUjpAyiJfTCJCFc9y48FYQAujZfCA_fxsmN2M4LI/

104個目まで読んだ感想

・何しゃべるか分からんの結構ある
・「それ以上でもそれ以下でも無い」組がやはり面白そう
・テーマかぶってそうなのは対決とかしてほしい。
・"CFP"というテイストだとこのぐらいが妥当かな、とも思うけど"企画"級に練られてそうなの見たい。


※以下、備忘録メモ。中身は無い。

続きを読む "DroidKaigi 2017のCFPを読んでトレンドをおさえた気になってみたい"

2016年10月25日

Android History 2016

android-history-2016.png

毎年恒例のやつを更新しました。

Android History 2016
http://www.slideshare.net/youten_redo/android-history-2016

以下、年表元データ。

続きを読む "Android History 2016"

2016年10月19日

某SIer→Web屋のアレ

あまり仕事はSIではないけど、どちらかといえばSIerの立場で書いてみた。

続きを読む "某SIer→Web屋のアレ"

2016年10月16日

PSVRを買った

PS4Pro待ちだったけど、VR部屋に遊びに行ってみんなでキャイキャイしてたら我慢しきれなくなったので。

金曜日にちょっとつらいことがあって酒でも飲んでパッーとやるかぁ、と思ってたところ

というわけでPS4Proを待ちきれずにSlimを買ってしまった。N6P以来の、久しぶりに頭の悪い(計画性のない)買い物だがそれなりに満足している。

○PSVRそのもの:液晶の開口率が高く網目感がほぼ皆無、メガネ余裕のヘッドユニットマジすごい。伴ってシネマティックモードが文句無し、ミクさんもガルパンもラブライブも8時間○○尽くしもBDコンテンツが一回りランクアップする。

○ハイスト:Move2本があれば楽しいと思う。葉巻まわりのギミックが好き。
△Ocean Descent:デモとしては悪くない。サメはちっとも怖くない。
×シンゴジラ:ボリュームが足りない。なぜ撃ち落とされないのか...
△フューチャーライブ:アンコールだけ欠点が薄いので良い。ステージとサボりビルボード演出のダサさ、のっぺらライティングどうなってるんだミクさんなのにつらい。一応Diva民だしX HD買うかも。2ndと3rdは買わない。
○ビューイングレボリューション:こちらはアンフィ舞浜が良い感じで再現されててそれっぽく暗くなるのでライティングが良い。ただしモーションはデレステベースのおねシン、Starはちとふわふわ、新曲のYes!Party Time!!が頭一つ抜けて良い。衣装もめっちゃセクシーかわいい。みりあちゃんのジャンプと卯月の手ぐるぐる時の腰が最高。デレステ民は早くPSVR持ちのところに駆けつけるべき。10連ガチャより安い2500円を払うだけでタダになる。
○?サマーレッスン:JKにニフラムもらうゲームかと思ったが、意外と「ときメモ焼き直すとこうなのかな」ぐらいのVRゲームのつくりにフムフムと感心する予想外の方向で評価が高い。ひかりちゃんは首と胸元のセクシーさに比べて腰と脚の破壊力がちと足りない。電話でしか登場しない同僚が茅野愛衣なのだが、電話でしか登場しないが故にかやのん耳元でしか喋らないんだぞ。どうしてくれる。
△?RIGS:銃で打ち合うチーム戦オラタンかと思ってたけど色々ルールがある。まだキャラ・武器差を楽しめる余裕が無い。みんな言ってるがそれなりに横回しで酔うので15分(2ゲーム)以上は危険。訓練で超えられるところは見極めたい。
◎Rez∞:皆の言うとおり本当にVRで完成するゲームデザインだった。文句無く買いだけど、今後VRのことを語るのに「Rezのアレが」という言語になると思うので最高のArea4ボスが出てくる体験版だけでもやっといてほしい。AreaXはゲームとしては素敵だったけどVRとしては本家Areaで完成していたと思う。Area5の世界が生える演出とか何度も叫んだ。

○5万円とかの話

この話が妙にRTされてしまったので補足しておく。

本論に入る前に、トラッキングはどうもCamera設置位置が悪かった気配がある。正面以外にあまり強くないこと、OPTION長押しリセットを適度に使いこなす必要はあるけど、ゲーム性を損なうほど、ということはなさそう。
ただし完璧なViveとほぼルームスケールの安定感を持つCV1に比べるとDK2ぐらいかなぁ...とは思う。

サマーレッスンの描画解像度が低い話で概ね真実味が増しているが、PSVR 8万円 vs PC勢25万ではなく、Pro前提のMove2本込みで考えると現時点での価格比較は
PSVR カメラMove付き6万+PS4Pro5万
Vive 12万+PC9万
Rift Touch3万込み12万+PC9万
こうではないだろうか。

この10万差だが、ぶっちゃけソフトの価格・品質差でひっくり返る印象だ。年に10万円ソフトを買えない人はそもそもPSVRは我慢すべきだと思う。
メリケンなソフトはSteamの方が安くて良い。今更EVEをPS4でやりたくないし、PSVRですら日本はおま国だ。ThumperのVive対応を待っている。

現行BDソフトをいっぱい持ってたらPS4が勝つかもしれないが、現時点でUnityなりUEなりMMDなりPremiereやBlenderなど「作ってみたい」の人はVive一択だ。アダルト冒険家もPC側だ。

僕は幸い(?)作る側も楽しめるおっさんなので、嫁のために10連ガチャ連打とか、タクシーで帰る飲みの1, 2回の代わりにPS4Slimをつい買ってしまったり、RIGSで酔ったので休憩ついでにRezポチーとか、そういうのが(人生に対して)一番コスパフォが良いと思って楽しんでいるが、一通り試した感想としては「作る側が増えてほしい派としてはPSVRを値段観点だけで持ち上げるにはちと首をかしげる、この先に良いエコシステムサイクルはあまり見えない」という感想に至った。

RezがThe Lab級には良かったのはほんと助かった。PS4PROを待つモチベは残っている。

2016年10月10日

ようてんは10連休をうまく使えたかもしれない

勤続15年目とやらの5営業日休む権利を行使したので10連休が発生しました。

続きを読む "ようてんは10連休をうまく使えたかもしれない"

2016年10月 3日

#Arduinoくじ

IoT時代ということでArduinoに慣れるべく、Amazonプライムの関東送料無料枠を利用して、安い部品ガチャしてひたすらHello worldする話です。
実質AliExpressの中継業者に頼んでることになってそうですが、購入履歴統一してもらえるしまぁいっかなという感じです。
(2016.11.14)Amazonで安めのものがなくなってきたのでAliExpressに手を出しました。ざっと見回したところ、手数料マージンぽいものが減った分お安く、その代わり到着するまで1,2週間長そうという印象です。

続きを読む "#Arduinoくじ"

2016年9月 6日

ToSはじめました

tos01.png

オープンベータテスト開始のお知らせ[8/24 19:30更新]
http://tos.nexon.co.jp/players/news/166

ログインゲーが楽しそうだったのでToSことTree of Savior(ツリーオブセイ('A`)ヴァー)始めました。OBT始まってしばらくはひどかったのですが、必死に調節している様で、今は改善されています。ログインゲーの待ち時間で都合よくBALDRHEARTが全ルートクリアできました。

tos02.png
全盛期(?)はこれが千数百人級でした。

鯖はジェミナで現在のLvは116、ビルドは現時点でソド1ハイ1ババ2まで、このままババ3のR6でドペにはしたいなと思っています。

tos03.png
まぁ両手剣以外の選択肢はないわけで。

tos04.png
昔懐かしの屋号(?)でプレイしていますが、最近のMMOらしくMOの傾向が強く色々な面でシステマティックで、グラフィック以外は期待していたほどROじゃない感じです。

tos05.png
ゲーム内容とはあまり関係がないんですが、女神達を中心に乳首が非常に気になるケースが多くて夜もよく眠れません。

飽きる前に絡んでくれる人とか遊んでくれる人を募集しています。

2016年9月 4日

BALDRHEARTよかった

baldrheart.jpg

バルドハート|戯画
http://products.web-giga.com/baldrheart/

I've買いをしてた頃に出会ったバルドシリーズの新作が出るということで買ってみました。久しぶりのフルプライスのエロゲ楽しかったです。

続きを読む "BALDRHEARTよかった"

2016年9月 2日

見積もりがよくわからない

腹の中でぐるぐるしてるものを吐き出しておきます。例えがアレですが、身体に異常が無いか後で検尿とか検便みたいなことができるようにしておくみたいな感じです。汚いとか下品みたいな話でいうと似たようなもんだとも思います。

続きを読む "見積もりがよくわからない"

2016年8月16日

ラブライブ!サンシャイン!!聖地の沼津・内浦を歩いてきた

20160809_113538.jpg

ラブライブ!(全角)サンシャイン!!(半角x2)のいわゆる聖地である、沼津・内浦方面を1日(2016.08.09)バス+徒歩でまわってきました。

車は複数人数で行くなら優秀、原チャか自転車が勝利かなぁとは思いましたが、それなりに徒歩にも向いてると言えます。ただし、全部バスは逆に下調べと時間調整の難易度が高すぎるので、淡島神社往復含め、3時間歩くことを覚悟して行くのをオススメします。

続きを読む "ラブライブ!サンシャイン!!聖地の沼津・内浦を歩いてきた"

2016年7月24日

続・手動で立体視写真は撮れるのか #wf2016s

cariostro02.jpg

前回に懲りずに撮ってきてみました。等身大詩羽先輩よかったです。3Dプリンタってもう主流なんですかね、そうでもないんですかね。

すべて平行法です、気合手動回転なので視差が安定していません、あしからず。

続きを読む "続・手動で立体視写真は撮れるのか #wf2016s"

2016年7月 2日

Telepathy Walkerがやってきた

KICKSTARTERで事前予約していたTelepathy Walkerが届きました。
https://www.kickstarter.com/projects/telepathy/walker-eyewear-for-entertaining-and-smart-walk

$299のHacker Editionは多分adbが通るAndroidだろうと思ってbackしましたが期待通りのものが来ました。わーい。
電源を入れてUSBで接続すると、adb devicesがすでに効いてましたので、Vysorで一通り普通のAndroidっぷりを確認します。

Hacker EditionとConsumer Editionの差分は以下のForumの話が今の所一番わかりやすいです

Telepathy Developer Forum:電源が入ると普通のandroidの画面で何もできません
https://forum.support-telepathy.com/discussion/9/%E9%9B%BB%E6%BA%90%E3%81%8C%E5%85%A5%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%99%AE%E9%80%9A%E3%81%AEandroid%E3%81%AE%E7%94%BB%E9%9D%A2%E3%81%A7%E4%BD%95%E3%82%82%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93

公式サイトをたどっていくと、Consumer Edtion向けのチュートリアル動画があり、目の左右設定(上下が反転する)などの方法が確認できます。

Google GlassとTelepathy WalkerとBT-200を同時につけておおむね満足しました。他の使い方はまたあとで考えることにします。

2016.07.03追記
Consumerの方でもadb通るらしいです。

Archives(記事一覧はこちら)