2014年4月11日

#potatotips #6でBLEについて喋ってみました

iOSとAndroidの開発Tips共有会、#potatotips第6回に参加してBLEについてしゃべってきました。

自分の発表については、BLEが分からない人に向けて無理矢理説明しようとしてアレーって感じになってしまいました。妥当な検証かどうかはあまり自信がありませんが、似た様なものをみんなで集めて楽しい未来を目指せればいいんじゃないかな、と。

イベントは面白かったです。ついでに動画だけ見てなんだろう、って思ってたAnkiDriveの実物で遊べて楽しかったです。

タメになる情報にありがたみを感じながら、みんなちゃんと開発してるなぁ、と少し寂しさと危機感をおぼえました。

2014年3月25日

加賀さんの人気をGoogleトレンドに聞いてみた

【設定】
・キーワードには艦名+"艦これ"を設定。
・ただし、愛称の方が人気度が高かったものは、そちらに入れ替え。
・結果、「赤城 艦これ」「加賀 艦これ」「ぜかまし」「金剛 艦これ」「那珂ちゃん」の5ワードを選定。

【考察】
・加賀さん上がり調子
・ぜかまし落ち目
・デースつよい

2014年3月24日

AndroidとBLEとiOSと

年度末ということで3連休で色々アウトプットしてきました。手持ちの残りは4月に整理して5月からはMOVERIO BT-200と遊びたいなと思っています。

Android Bazaar and Conference 2014 SpringでLTしました。

・デモとしてマサカリ振り始めたぐらいで時間切れでした。


BLE雑談会 in 東京で喋ってきました。1末に書いた資料の少し加筆ver.です。


関連して、既に公開済みのものもありますが、いくつか新たに手元のソースコードをgithubで公開しました。

https://github.com/youten/BLERW
AndroidでCharacteristicsをRead/Writeするサンプルです。Androidも4.3からCentralになれますよ、ということを示すものです。

https://github.com/youten/ImmPeri
iOSでImmediate Alert ServiceのPeripheralとして動作するサンプルです。Immediate AlertとしてStickNFindに代えて動作しますよー、ということを示すものです。

https://github.com/youten/iBeaconDetector
Google Playで公開しているアプリ、iBeacon Detectorのソースコードです。名前の通り、Androidでも(現仕様のバイト列パターンとしての)iBeaconは検出できますよ、ということを示すものです。

https://github.com/youten/XBeacon
MavericksなMac(OS X)を(互換バイトパターンをAdvertiseするという意味での)iBeaconにするアプリです。類似品との差別点はステータスバーに常駐するということぐらいです。OS XでPeripheralができますよ、Advertiseバイトパターンは自由に設定できますよ、ということを示すものです。

※"masakari" brunchはMacをPeripheralにして、AndroidからBLEでMacに接続して、keynoteを操作できますよ、というサンプルです。HOGPまわりが通るのであればそれでOK、車輪の再開発です。オレオレProfileでいいんですよ、ということを示すものですがイマイチ飛んでるデータが分かりにくいので、AndroidとiOSで動作する対戦ゲームっぽいものをつくろうかなと思っています。

2014年3月10日

LeScan探検隊

AndroidのBLEスキャンはみんなで同時にon/offしたらどうなるの?

○最初に結論

大丈夫だ、問題ない。

○確認手順

1. onPauseでscan止めないアプリAをつくる
2. アプリAを起動してscanしてHOMEおしてscanが続いてることを確認
3. scanしてconnectしてCharacteristicのreadとかwriteとかするアプリBをつくる
4. アプリAを起動してscanしてHOMEおしてアプリBを起動してscanして色々動かす
5. アプリAのscan止まってなければ勝ち

別になんでもいいのですがこれこれで試してみたところ...

なんてことのなかった様に動きました@Nexus5。 「どこかscan中の子が1つでも居たらstopLeScanしても止まらない」ということのようです。

以下、余談。

続きを読む "LeScan探検隊"

2014年3月 1日

RingSDK公開はよ

これは「コンセプト動画だけRing」にいくらか被害を受けたある個人の逆恨みエントリです。プロダクトよりプロジェクトXの方が好きという人種は同意見だと信じてる。

KickStarter:Ring : Shortcut Everything.
https://www.kickstarter.com/projects/1761670738/ring-shortcut-everything

続きを読む "RingSDK公開はよ"

2014年2月24日

Samsung Gear2の脱Androidについて

ITMedia:Samsung、AndroidではなくTizen搭載のスマートウォッチ「Gear 2」発表
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1402/23/news012.html

なるほど、と思いました。「なぜ脱Androidなのか」という点についてちょっとだけ書いておくことにします。

続きを読む "Samsung Gear2の脱Androidについて"

2014年2月 2日

AsyncTaskと仲良くする必要はないのかもしれない

AsyncTaskと仲良くなろう:バックグラウンド処理とキャンセル
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2011/02/asynctask.html

というのを昔書いたのですが。色々あってイマイチになっていたので、さしあたって以下の2点をどうにかしたものを置いておくことにします。

<差分>
・DialogFragment対応。
・なんちゃってHTMLスクレイピングをjsoupベースに変更。

○仲良くする必要はないの?

AsyncTaskLoaderさんの存在もあるんですが、ANRやUIスレッドの概念を理解するのが一番大事で、次にHandler/Message/Loaderあたりの低レベルな仕組みを理解してしまえば、AsyncTaskというのはやっぱり「ヘルパークラス」でしかないな、という。

AsycTaskもLoader系も「(Andoid標準のコーディング手法として)可読性を上げる」目的での利用が一番望ましく、実際のProjectではVolleyなりPicassoなり、もう少し高位(?)のライブラリを使った方が結局のところ生産性が高くなり、同じ機能に対してコード量が減るってことはテスト対象もメンテ対象も縮小するってことで。

あとはそもそもDialog出すよりはActionBarで済ませるとか、Viewにinlineでステータス表示しちゃう方が良かったりするケースも多いと思うんですよね。そのあたりうまく整理できてなくてアレなのですが、柔軟に考えた方が良さそうです。

続きを読む "AsyncTaskと仲良くする必要はないのかもしれない"

2014年1月28日

AndroidとiOSのBLEな事情

AndroidとiOSでBLEだAdvertiseだCentralだPeripheralだ、とiBeaconの話を何回も順番に説明するのに飽きてきたのでなるべくシンプルで、それでいて密度が濃い様な資料を作ってみました。

2014年1月26日

せっかくだから見積もってみた


カレー屋チェーン店の公式スマホアプリ開発の仮想案件費用を見積もってみた #モバイル見積
http://greety.sakura.ne.jp/redo/2014/01/post-41.html

主催側でしたが、最初にやりたいって言ったのは、自分で見積もってみたかったんです。みんなで中身について俺のがどうだお前のがどうだぎゃーぎゃーやりたかったのです。
そんなわけで、せっかくだから自分でも見積もってみました。

続きを読む "せっかくだから見積もってみた"

カレー屋チェーン店公式アプリの仮想案件をみんなで見積もってみた #モバイル見積

mobilequote.jpg

スマホアプリを新規作成したらいくらかかる?モバイル見積もり勉強会 #モバイル見積
http://www.zusaar.com/event/3147004

カレー屋チェーン店「ペッパー警部」の公式アプリを作ってほしい、という仮想案件に対して見積もりをしてみる勉強会を2014.01.24 19:00-21:30で開催しました。会場は渋谷の21cafeをお借りしましたが、無料で借りていいの?というぐらいにはプロジェクタ・WiFi完備でキレイなとこでした、同業(?)の皆様にはオススメしておきます。

WordBench神戸勉強会さんの
WordPressサイトを構築するといくらかかる? 見積り勉強会で価格を出してみた
http://wordbench.org/2014/01/14/wordbench-kobe/
が、面白かったので、そのスマホアプリ版をやってみた、という話です。

続きを読む "カレー屋チェーン店公式アプリの仮想案件をみんなで見積もってみた #モバイル見積"

Archives