2010年3月30日

MT5:iMTプラグインを入れてみた。

iPhone向けの管理Interfaceを提供してくれるというMovableTypeプラグイン、iMT。
MT5でも動くし、Androidからでも良い感じに動作するらしい、というので導入してみることにしました。

iMT - iPhone Interface for Movable Type
http://plugins.movabletype.org/imt/

iMT-1.1.zipをダウンロード、展開。
さっくりとインストールは完了、Androidからアクセス...。

1_imttop.png

おお。

2_imtlist.png

iPhoneだ(笑)


画像が投稿できないので、「下書き」or「外出先からの修正」がイイトコっぽいです。
...WordPressに移行したくなってきた、ぞorz

Androidアプリで始めるUstream配信

アンドロイダーで紹介されていた際にダウンロードだけして手付かずだった、Ustream配信アプリであるUstream Broadcasterを使ってみました。

1_icon.png

まず起動すると、Welcomeダイアログが出ます。

2_welcome.png

Login/Createを選択します。
(Tourはアプリの説明ツアーがはじまります。一度読んでおいてもいいと思います。)

3_login.png

Ustreamアカウントを新規に作成する方はRegisterを、既にアカウントをお持ちの方はLoginしてください。

Loginが成功すると、すぐにプレビュー画面になります。

4_preview.png

ここでGO LIVEを選択すると、デフォルトチャンネル(Login名と同一)ですぐに配信が始まります。

5_live.png

配信の確認にPC側から閲覧してみます。
http://www.ustream.tv/channel/youten-redo

6_pcview.jpg

無事配信に成功しました。


・アイコン設定や説明文の変更等はPCブラウザからの方が妥当と思われます。
 (本アプリでRegisterをする様なケースは、出先で専用チャンネルをとりあえず...みたいな話ではないでしょうか。)

・カメラ画像による配信はリア充かダダ漏属性が必要です。配信内容にはご注意を...。

・次は画面キャプチャ+ヘッドセットマイクに挑戦しよう。

2010年3月29日

Nexus Oneユーザから見たX06HT。

SoftBank公式:HTC Desire SoftBank X06HT
http://mb.softbank.jp/mb/product/X/09wi/#x06ht

普通の端末仕様は各ニュースサイトにお任せするとして、「SoftBank 821SHとNexus Oneユーザである私がこの端末は買いなのか?」という観点にて、Nexus OneやXperiaと比較したニッチなポイントを追いかけたよもやま話をまとめてみます。

なるべくソースは載せておりますが、真偽のほどについては保証できないあたりご了承願います。


○仕様おさらい

手前味噌ですがNexus OneとHTC Bravo改めDesireとXperia X10の比較を参照。


○iPhoneと同じく4410円に期待

現時点ではSoftbankのスマホ(Xシリーズ)向けパケ放題プラン「パケット定額フル」は5985円で、これだとドコモの4/1スタートのパケ・ホーダイ ダブル5985円と維持費が同等です。

現状、iPhone向けにはパケット定額4410円「iPhone for everybody」という上限4410円プランがあるのですが、それと同等の何かがあることが期待されています。

参考:SoftBank, 「パケットし放題フラット」を追加へ
http://rdp.blog52.fc2.com/blog-entry-2738.html


○MMSには対応予定。

現時点ではMMS(S!メール)には対応していません。

マイコミジャーナル:Xperiaを狙い撃つ「最先端」のAndroid端末「HTC Desire」が登場
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/03/28/desire/index.html

ソフトバンクの携帯メールであるS!メールが利用できるSMS/MMSアプリは付属しないが、これは「発売を優先した」(ソフトバンクモバイル マーケティング本部MD統括部ターミナルマーケティング部部長代行 由本昌也氏)ためで、アプリ自体は開発中だという。携帯絵文字への対応も進めているそうだ。


○ハードキーと光学ポインタ

光学ポインタの出来が良いという評価を入れても、これについては中途半端でどっちもどっちじゃないかな、と...。

Nexus Oneのキーについて使用感を述べると、以下の3点です。

・若干タッチ範囲が上にずれている癖のあるキーは慣れればそうでもないです。

・端末を握っている端でタッチが誤動作してしまう件はそこそこ出ます。おそらくキーが独立しているX06HTの方がケースが減ると思いますが、端末の端までゴリラガラスが張ってるつくりは一緒なので、タッチパネルドライバのチューニングがDesire向けにされているかどうかだと思います。

・トラックポインタは優秀に見せかけて、タッチ技術が上がると徐々に要らなくなります。私はここ1weekで変換途中の文節移動にしかトラックポインタを使っていません。


以上の使用感を踏まえて、中途半端に感じる点は、X06HTには"決定"に当たるハードキーが無い(もしかしてあったら良いのですが)ので、結局素手で画面をタッチする操作が必須ということです。
※個人的にはNexus OneとTwiccaの画面下部メニューのマッチ具合が大好きです。


ホットモック触ってきました。

・感度は良好です。触って上にずらすと上キーを1つ押した効果がでます。"光学ポインタ"というよりは"光学十字キー"と言った方が妥当だと思います。
・銀色のボタン部分全体が1mmほどペコっと凹んで決定キーに当たる操作ができます。

SenseUIがタッチ前提のつくりになっていることも含め、手袋をしたままの操作はさすがに困難かなと思いますがこれはアリだと思います。


○RAMが多い

Nexus Oneは512M、X06HTは576Mで微妙にX06HTが...という話ですが、そもそも素のNexus OneはOSに200MB程度しか認識されていないため、デフォルトではXperiaより使える空き容量が少なかったりします。

つまるところこの点は結局カスタマイズ具合によるので、ハードウェア仕様はあまり気にしないでも良いと思っています。

参考
Weboo! Returns.:Nexus One の kernel を入れ替えて認識されるメモリを増やす
http://yamashita.dyndns.org/blog/nexus-one-highmem-kernel/


<さらに>

もう少し細かい話を言うと、AndroidアプリのJava Dalvik VMのヒープは16Mとか24Mとか(Google推奨値。frameworkのVM起動引数で変更可)です。つまるところいくらメモリが増えても、1アプリが使えるメモリがその分増えるわけではなくて、「同時に動かせる(勝手にDestroyされない)アプリ数」が増えるだけです。

ここで"だけ"と言ってしまったのは、同時に動かすアプリのすべてがお行儀よくbackgroundにて動作してくれれば良いのですが、実際にはそんなこともないので、同時に起動しているアプリ数が増えれば増えるほどだんだん重くなる現象はNexus Oneでも健在です。

私が気づいてない高メモリの利点があるのかもしれませんが、現状は「ユーザの脳内で同時使用している認識できるアプリ数」×24M+α、つまるところ 200M程度あれば足りてしまうのではないでしょうか...。


○ノイズキャンセリングはない

Nexus Oneにはマイク二つでのノイズキャンセリング機能がありますが、体感できておりません。
各種録音・音声入力機能を、2機種並べて比較してみると楽しいのかな、と。

ちなみにNexus Oneのノイズキャンセリングですが、人ごみ(飲み会会場)で音声認識+Google 検索してみたら、5m離れた場所で別の話をしていた友人の台詞をクリアに取り込みやがりました。


○FMラジオがある

radikoアプリに期待。
というかラジオ聞く習慣ないです!


○カメラ

Nexus Oneのカメラ機能が意外と使いにくい(サードパーティのアプリでがんばってねときっとGoogleは言っている)ので、微細な使い勝手の向上には期待しています。


○ドック

Nexus Oneのドックですが置いたままだとただの時計になりますし、置いたまま使うと、「触る→ずれる→置いた際のドック時計アプリが自動起動する→画面ロック解除しなくちゃ→...」というループにはまります。

カチッとはまってくれる様なタイプであればよかったと思いますが、そもそも刺しにくいUSBコネクタでも無いですし、USBコネクタに刺したまま机の上に配置できる飾り台みたいなのがあればそれが良い様な...。


○FlashとかHTML5とか

私個人が普段利用しているFlash必須コンテンツがニコニコ動画だけなのであまり困ってません。

HTML5の時代が来る→端末素のマルチメディア再生能力がモノを言う→それだったらXperiaの方が優れてるんじゃ→さっさとAndroid2.xになるといいよ。


○Android2.1

Xperiaの1.6とNexus One, HTC Desireの2.1で何が違うかというと、単体では大きく違うとは思えません。

以下、スペック上の差分を適当に抜粋。

・マルチタッチ
・Live WallPaper
・複数のGoogle Account
・ブラウザ:HTML5対応・サムネイル付きブックマーク
・Bluetooth2.1対応:OPP, PBAP対応
・カメラ(フラッシュ・デジタルズーム・エフェクト・マクロ対応)

HTML5やマルチタッチはコンテンツやアプリがまだまだ揃っていないと思います。ブラウザに限っても、ダブルタップ拡大と比較して劇的な操作感の変化かと言うと...。
カメラはデフォルトのNexus Oneに対しXperiaもDesireも独自拡張をしておりますのでそちらの使い勝手に因ります。

Live WallPaper?皆様携帯とかPCのデスクトップにアニメーションしている背景張ってますか?

どちらかというと画面サイズとセットで、この件についてはアプリ提供者の方が泣くのではないでしょうか。

ウェザーニュースのAndroidアプリがXperiaの854WVGA前提であるとかさっそく片鱗が見えてますが。


この54pixelやバージョンの違いをうまく処理できるアプリとそうでないアプリに因って、「Androidならどこでも快適に動くアプリ」と「自分の持っているAndroid端末は動く/動かないアプリ」という評価に分かれると思います。

「同じX06HTユーザでしか通じない話」と「XperiaでもauのAndroid端末でもNexus OneでもX06HTでも通じる話」とかそんな感じに。

このあたりはドコモマーケットの方針に注目です。しょっぱなからXperiaとHT-03Aの両対応とかハードル高そうで関係者お疲れ様です!


○結論

私個人としてはパケホーダイ4410円がくれば買い。
⇒新プランぽいですがフラット定額4410円は確定の様です。予約時に説明されました。

来なかったら「t.vodafone.ne.jpの現行MMSアドレスが使えるか」「Flash or ニコニコアプリが来るか」あたりの状況が変化するまでwait予定です。その期間は日本通信のbmobileSIM(※)買ってガラケーと2台持ちしようかな、と。

http://www.bmobile.ne.jp/sim/ で対応端末情報が公開されましたが、Nexus Oneは入っておりません。技適は通過しているので、これは単に人柱になれという誘いか...。

世間的には(auのAndroid端末もボーナス商戦前には出ること前提で)HT-03A(HTC Magic)世代のひとつ上のAndroid端末が揃ってきて、ガラケーとかスマホとかそういう流れが盛り上がって楽しいこのタイミングで、きちんと日本国内、しかも全キャリア揃い踏みで選択肢が出ること事態が素敵なことだと思います。


# こんなに携帯の新製品にワクワクするのは、SH-07→SH-52→SH-53とかそのあたりのVodafone SHARP最強時代のフラッグシップ連発以来ですよ!

2010.04.05 追記
アキヨドでホットモックに触れたのと、予約時に少し追加情報を得たので一部修正しました。

2010年3月27日

なんでPermissionってこんなに細分化されてるんだろう

Nexus Oneを使い始めて感じたことはいっぱいありますが、その中のひとつに

「Android Marketから有用なアプリを探すのがとっても大変」

ということがあります。

オススメアプリを紹介してくれるサイトにはお世話になっているのですが、掘り出しアプリを探そうとすると「とりあえず100個インストールして100個アンインストール」みたいな感じになってしまい、どこかでマルウェアアプリ踏んで自爆するんじゃなかろうか、と思ってます。

Google様本体はそのあたりは「利用者が勝手にせい!」というスタンスなので、ちょろっとセキュリティ意識を高めるべく、Permission Viewerをつくってみることに。

・PackageManager#queryIntentActivitiesで、ACTION_MAIN+CATEGORY_LAUNCHERに限ったActivity一覧が取得できる。
・PackageManager#getPackageInfoで、flagsにPackageManager.GET_PERMISSIONSを指定すると、パーミッション文字列配列が取得できる。
・Manifest.permissionの定義一覧を見ると110個ぐらいあるらしい。
・WVGA換算で1つ3,4pixel程度で表現する必要がある。
・色付けてみよう。

ってわけでこんな感じになりました。

perms1.png

perms2.png

perms3.png

perms4.png

若干画面外とかスクロールとか詰めが甘いですが、パッと見は作ろうと思った見た目まで持ってけたので満足。

2010年3月23日

ぎにゃー結婚式

後輩の結婚式で、大学時代の友人であるWORDの面子と沖縄に2泊3日で行って参りました。日記と備忘録と話題に挙がったもののまとめということで雑多に。

1_syuri.jpg

○沖縄の結婚式
・8人席×25テーブル=200人規模でした。この規模が普通らしいです。
・カギヤデ風という琉球舞踊に始まって、カチャーシーという全員参加の手踊りが入ります。
・アクセントどころじゃない「余興」というものが入ります。
 新郎新婦の席とは別にステージがあり、踊ったり気合の入った映像作品が流れたりしてました。
 式次第にきちんと入っていてどこの学芸会という勢いです。ちなみにこれでも削ったらしいです。

2_syuri.jpg

○沖縄料理
・ゴーヤチャンプルおいしい。年とって味覚が弱ったぐらいにこの苦味がたまらない。ビールと一緒。
・ソーキそばおいしい。
・海ぶどう、ラフティ、オリオンビール、ちんすこう、イラブチャー他魚料理は普通の印象でした。

3_orion.jpg

○Nexus One
沖縄旅行中はNexus OneでできることはNexus Oneで!という感じで使ってみましたが今のところ一長多短、正直ガラケーの方がオススメです。

 ○ Google Mapsすげえ。カーナビと徒歩ナビがシームレスは慣れると病み付き。
 △ カメラにGPS座標が入って後からトラッキングすると楽しい...でも建物の中とかで情報が入っていないのも多数あった。
 △ 片手で使いにくい。片手で全操作ができるガラケーと比較すると
   旅行の移動中で両手必須とか使えるシーンが減ってしまう。
 × 手ぶれ補正とか極まった日本のデジカメと比べるとカメラ機能・スピードが足り無すぎる。
   液晶問題もあって凄い使いにくい。解像度とかの問題じゃない。
 × 音声検索は便利かと思いきや他の声が入るので使えない。
 × 手が汚れるシーンで使えない。潔癖症の様に拭きまくる癖が必要です。
   日本クォリティの防水ガラケー持ちとかの人だとさらに落差が酷いと思う。
 × 液晶が太陽光に弱すぎる。AMOLEDはとがりすぎていて、生活ツールの「携帯」にはまだもったいないと思う。


○Android
アプリを「作れる」人には大変楽しいおもちゃだと思います。「スマホ」が欲しい人にはXperiaとか十分オススメですが、「ガラケーに飽きた」人は iPhoneがいいです。何より安いし。

AndroidそのものはただのOSなので「iPhone」みたいな製品名ではありません。あと 2年ぐらいたてば「やりたいことのイメージに適切なAndroid端末をオススメする」みたいな世界が来ると思っていますが。

そこそこ私的にも仕事的にも触ってるのでなんかネタあったら話しましょう。

4_kuro.jpg

○ニコニコ動画
最近、というかゆるやかに、徐々に面白い動画が探しにくくなっていると思います。

これが一つ、と言うとカピバラvs白鳥、最近面白かったシリーズ、と言うと第4回のMMD杯のマイリス数順あたりでしょうか。

ニコニコ大百科:第4回MMD杯本選
http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%AC%AC4%E5%9B%9Emmd%E6%9D%AF%E6%9C%AC%E9%81%B8


○iPad
日本では「リビング」の概念が違うので、「台所」で「奥様」が使えるハードにならないと、ブレイクスルーはないんじゃないかなぁと思います。
帯に短し襷に長しだと思うので、iSlateとかAndroid搭載ハード(とiPhoneと同等のソフト・コンテンツ)が揃うのを待って、現時点ではiPhoneそのものを買った方が良いんじゃないでしょうか...。


○DTM
muzie:天誅
http://www.muzie.co.jp/artist/a000105/

2ch黎明期のねらーには「頭狂アンダーグラウンド」を、MMO経験者には「MMO」を。カラオケで歌ったら(歌詞が)古すぎて恥ずかしい。

5_soba.jpg

○きちんとした年寄りにならないと
以前は「そこそこの技術力」か「そこそこ人をまとめることができる調整能力」のどちらかで役職がついたのですが、二つ揃ってないと、さらには「仕事を広げられる営業」までできないと、少なくともそういうのを目指す努力をして、その成果が出始めていないと上に上がっちゃいけないのかなー、と。

今は衰弱気味なので回復してから考えようとか思ってます。


○ あの4人で同時にできるWiiマリオ
難しすぎ!CMは詐欺クラス。

歴代マリオのいくつかがノーコンクリアできるよ、ぐらいの人じゃないと1時間で飽きるレベルだと思います。


○Twitter
キーワードだけ検索結果にひっかかるのが大っ嫌いで使っていませんでしたが、「どうせなら迷惑をかける側にまわってやれ」ということではじめました。


○WORD
もう一息なんかやりたいなぁ。やっぱり30とちょいの自分の人生の中で、単位ベクトルの近さとベクトルの大きさの総和がダントツでWORDが一番上ですわ。

最強に極まったアルティメット集団は明日から本気出すよ!


○備忘録
※動画を撮ってなかったのが悔やまれます。文章で説明無理...。


2次会のビンゴ時に、新郎新婦のモノマネコーナーがあったのですが、笑いすぎておなかが痛くなりました。
ビンゴが揃った人が、演目リストからモノマネ演題を自由に選択することができるというネタだったのですが。


新郎がフリーザ様のモノマネ、新婦が「パリジェンヌな宝塚の人の面接」という分かりにくい細かいモノマネをしてまして。

面接官(新郎)「ご趣味は...。」
志望者(新婦)「(高らかに)星を見ることぉ???↑」

というネタだったのですが、だんだん無茶振りが増えていって素敵なことに。


H2k(後輩)<「パリジェンヌな面接官と志望者がフリーザ様のモノマネお願いします。」

面接官(新婦)「(高らかに)ごぉしゅみは??↑」
志望者(新郎)「星をこわすことです。」

誰うま。そして素晴らしいネタフリH2kよくやった。

2010年3月18日

MMSが受信できる≠vodafone.ne.jpがNexus Oneで使える

MMSは受信できる・・・・・・!
できるが・・・
  今回 まだ 「続きを受信」まで
 できるとは言っていない

  そのことを
 どうやNexus OneでMms.apkを入れ替えて喜んでいる
諸君らも思い出していただきたい

Softbankには長文メールが来た際に、SMS(MMS?)にて「メールの先頭部分」のみがまず送信され、そこから「続きを受信」することができたりします。(※1)

三日ほど運用してみましたが、どうやらこの「続きを受信」に入ってしまうメールの際にはまともに受信できないらしく、以下の様なケースが発生しました。

・差出人不明のMMSがくる。
・タイトル・本文の一部のみのMMSがくる。
・そもそも通知すらこない。

youtenは銀SIMしかもt.vodafone.ne.jpのメールアドレスをいまだに使い続けている様な話なので、もしかしたら黒SIMのsoftbankアドレスの方々は問題ないのかもしれません。

※1
ただし現状、「続きを受信」には受信料がかからない(ロングメールとかそういう時代の名残)なので、最近の端末はデフォルトでは自動受信になっている様です。

ソフトバンクで、メール受信代いりますか?
http://okwave.jp/qa/q4349412.html

Nexus Oneから投稿てすと

さすがにつらい。WordPressがうらやましくなってきた...

2010年3月15日

Nexus Oneを買った。(2010.03 いまさら)

自分への誕生日プレゼントとして、Nexus Oneを購入しました。

rootedしてフォント入れ替えてMms.apk入れ替えて銀SIMで運用してます。Androidサイコー!

※一ヵ月後の生死は未定です。


○購入手順

いろいろ比較しましたがVPNによる接続元偽造+海外転送サービスの利用でした。

HotSpot Shield
http://www.anchorfree.com/
スピアネット
https://spearnet-us.com/move/new.php


価格は本体$529+ドック$45、Google CheckOutへの支払い額は$629.96。

それとスピアネット転送に支払ったのが$30(送料$28+転送手数料$7?親切な誰かが公開してくれていたクーポン割引$5)、関税で受け取り時に支払ったのが1500円でした。

計 (1ドル90円換算)60896円。
※ドック込み、購入時は89円程度だったので本体だけならば56000円ぐらいでした。


(すべて日本時換算です)
2010.03.04 2時 VPN経由でGoogle CheckOutにて購入
2010.03.04 19時 Google CheckOutから確認の電話
2010.03.04 20時 日本のクレカ会社から確認電話。
2010.03.05 3時 刻印完了、FedexのINDIANAPOLIS, IN支店で受付
2010.03.06 7時 スピアネット(San Leandro, CA)到着
2010.03.06 8時 スピアネットからクレカ決済依頼のメール受信
2010.03.09 10時 スピアネットから発想完了メール受信 ←土日は動かない
2010.03.11 10時 成田到着
2010.03.12 14時 成田税関通過
2010.03.13 9時 自宅(横浜)到着

「スピアネット」と「税関」が土日動いていないと思われますので、日曜夜に発注が一番短そうです。7-10日程度ではないでしょうか。


○他の方法との比較

いくらぐぐっても出てこなかったので自分個人の結論ですが、この方式に落ち着いた理由を以下に書きます。なんでみんな選択理由書いてくれないの!

※実際には迷ってる心境の揺れはTwitterで吐き出して終わってるケースが多い様です。


Q1. オークションは?

ざっと調べた限り、ヤフオクが一番数が出てますが、「費用」と「確実性」の面のどちらかが犠牲になる感じです。
刻印が不要で送料込み65000円未満で即入手できるのであればそこまで悪くない方法だと思います。

youtenはヤフオクの有料アカウントが一番のネックでやめました。


Q2. 代理購入サービスは?

直接買わないのであれば、値段と実績の観点でexpansys一択だと思いますが、MAX3週間ぐらいに読み取れる納期(実際にはそうでもないらしいですが)と送料を足すとこちらもひとまわり割高な点が気になってやめました。


Google CheckOutを使いたくないとか、クレカ等の観点から上記二つは十分に有効だとは思います。初期みたいなボッタクリは減った感じですし。


Q3. スピアネット以外の転送サービスは?

もう一回り安いところがあったので実は試してみたのですが、英語、というよりアメリカのネットショッピングとクレカ登録に関する事情が理解できず、諦めました。スピアネットは少々状況のトラッキング(次に何をすればいいのかが分かりにくい)に難があるとは思いますが、日本語サイトで説明の通りにはコトが進んだのでやはりオススメです。


Q4. Googleから確認があるとか...。

仕事中にGoogle CheckOutの中の人からクレカ決済の確認のためか、英語で電話がかかってきました。ものすごく丁寧なお姉さんで必死に言いなおしてもらって助かりましたが、会話不能な人は避けた方が無難かもしれません...。

2010年3月 1日

Xperia触ってきた(Create Now Tour in Japan)

ctn00.jpg

Sony Ericsson "Create Now Tour in Japan"
http://itpro.nikkeibp.co.jp/android/CNTJ/

の夕方の部に参加してきました。

○Create Now Tourについて

× Xperiaが触りたくてたまらないAndroid開発者のための説明会
○ Sony Ericssonのモバイル事業の一環としてのコンテンツ(playNow)・コミュニティ(Creations)サイトの紹介企画の中で、たまたま最新機種としてのXperia X10が出るので大々的に全世界中でツアーをやっている中のJapan版。

Xperiaを全面的に出した形になっていますが、やはり本題はソニエリさんが「俺達の目指す理想の世界を一緒に目指さないか(それがAndroidとして期待されていたり、Googleが目指したいものとは同じか分からないが)」とかそういう話に聞こえました。

○Timescapeとか

・Twitterやfacebookの様なジャンルひとつひとつを「フィルター」といい、これを開発するためのSDK配布やAPI仕様公開はしないとのこと。
・Hero Developer(日本ではスターデベロッパーと呼ぶらしい。)、つまり神開発者になったら教えてあげるかも。
・神開発者ってどうやってなるの?→それはソニエリが運用しているplayNowという販売サイトで「質の高いアプリ(コンテンツ)」を提供することによってなれるよ。
・IntentやContent Providerの仕様も公開しないのか聞いたところ、それも同様に発売時点で明かすつもりは無い、とのこと。

Timescapeを触ってみた感想としては、3DのUIという観点を敢えて除くと、「ローカルとwebを区別なくスクレイピングするビューワ」でしか無い気がします...。

○写真とコメント
ctn01.jpg
ソニービル本社内、日曜なせいかひっそりでした。

ctn02.jpg
会場。公演開始前。50台のXperiaが並んでいます。
半数はWi-FI運用、半数はDocomoのSIM入りとのこと。
※Wi-Fiで動作するのは特別版で、ドコモのカタログにはSIM必須と表記がある通り、製品版ではSIMを入れていないと起動しても画面ロックが解除できないとのことでした。

ctn03.jpg
タッチ&トライイベント開始直後の様子。

ctn04.jpg
MediaScapeもTimescapeも「なんかおもしろいビューワ」でしかない以上、全体的にはXperiaは「ドコモの回線で大画面・高速のAndroid1.6」でしかありません。

ctn05.jpg
ホーム画面。領域3つ、画面上部はTimescapeのウィジェット。

ctn06.jpg
Timescape起動時、全履歴がmixされて表示中。

ctn07.jpg
mixiの設定は空だったので

ctn09.jpg
ブラウザ経由で設定してみました。

ctn08.jpg
最新情報を一定時間ごとに取得して表示している模様。

ctn10.jpg
ブラウザでTwitter。言語設定なのか、ブラウザのUAなのか、twitter.jpにアクセスしてもtwitter.comに繋がる。

ctn11.jpg
PO-Boxは「日本語だけ」を入力するならそこそこなのですが、半角英数と日本語が入り混じったこの様な文章を打つのには、左下の文字種を変更するボタンを頻繁に連打するのが...。