https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/releasenotes/General/WhatsNewIniOS/Articles/iOS8.html
iOS 7.1 to iOS 8.0 API Differences
https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/releasenotes/General/iOS80APIDiffs/index.html
WWDC2014
https://developer.apple.com/videos/wwdc/2014/

で、iBeaconの仕様変更がないのか、Core Locationに怪しいことがないものかとブルブルふるえながら眺めました。新しいクラスはCLFloor(階がとれる)とCLVisit(滞在履歴がとれる)とかそのあたりで、これぐらいなら屋内位置測位な何かには大きなインパクトはないな、と思っていたのですが、公演資料(pdf)には完全体の情報が含まれていました。

第二形態以降の話を、公開資料の概要を紹介しながら順番にピックアップしてみます。

"> iOS8で正体を現したAppleの屋内位置測位。iBeaconは第一形態だった。Maps Connectとは? #WWDC14 - ReDo

2014年6月 6日

iOS8で正体を現したAppleの屋内位置測位。iBeaconは第一形態だった。Maps Connectとは? #WWDC14

毎回NDAに包まれて色々ヒミツなWWDCですが、どうも2014は違うみたいでわんさかと資料が公開されています。(マユツバでChromeのシークレットモードでウォッチしてみたり...。)

What's New in iOS iOS 8.0
https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/releasenotes/General/WhatsNewIniOS/Articles/iOS8.html
iOS 7.1 to iOS 8.0 API Differences
https://developer.apple.com/library/prerelease/ios/releasenotes/General/iOS80APIDiffs/index.html
WWDC2014
https://developer.apple.com/videos/wwdc/2014/

で、iBeaconの仕様変更がないのか、Core Locationに怪しいことがないものかとブルブルふるえながら眺めました。新しいクラスはCLFloor(階がとれる)とCLVisit(滞在履歴がとれる)とかそのあたりで、これぐらいなら屋内位置測位な何かには大きなインパクトはないな、と思っていたのですが、公演資料(pdf)には完全体の情報が含まれていました。

第二形態以降の話を、公開資料の概要を紹介しながら順番にピックアップしてみます。

What's New in Core Location
http://devstreaming.apple.com/videos/wwdc/2014/706xxjytntg51wd/706/706_whats_new_in_core_location.pdf?dl=1
主に3つだそうです。

1. Location Authorization
位置取得やリージョン監視、バックグラウンド/フォアグラウンド(アプリ使用中)のさまざまな状態に対して、位置情報を取得してもよいかを細かく設定できるようになりました。アプリはユーザにきちんと確認して細かく管理する必要があります。

2. Visit Monitoring
「こいつさっきCoffee Shopに到着したぞ」「こいつさっきCoffee Shopから出たぞ」と、到着/出発イベントのコールバックがもらえます。リアルタイムにその領域に入ったか、ではなくて、"滞在"を自動的に判断してくれる模様です。M7あたりも使うんじゃないんですかね。GPSでガリガリ計測するより電池消費にやさしそうです。

3. Indoor Positioning
で、本命の3つ目は、別セッションでした。

Taking Core Location Indoors
http://devstreaming.apple.com/videos/wwdc/2014/708xxvfd08bdof2/708/708_taking_core_location_indoors.pdf?dl=1
# 結構もったいぶった感じの資料で、図が多くペラペラめくるだけで分かりやすいです。

・位置測位ってのは、CellularとかGPSとかWiFiとか使うわけだけど、Indoorではいろいろ電波が弱ったりするからRF Parametric dataとMotion sensorsが重要になるよね
・"屋内の位置"は強力なコンテキストそのものだよね、色々なものを繋ぐパズルのラストピースさ。
・WiFiをonにして、Deviceをunlockしよう。CLFloorは何階か教えてくれる。
・屋内地図と位置をマッピングさせるには、2つのアンカーポイントが必要だ。アンカーポイントは屋内地図画像のpixel座標と、正確な緯度経度情報をもっている必要があり、アンカーポイントとの距離と自分の向き(方角)が分かれば(理論上は)現在位置を特定できる。
・(たぶんアンカーポイントの情報が既に調べてあるという意味で)「カルフォルニア大学」「サンフランシスコショッピングセンター」「ミネタ・サンノゼ空港」ではすぐに使えるようになる。

・さて、屋内の位置が測位できることはわかったけど、それを君のアプリにどうつなげるかだが、それにはiBeaconを使う。iBeaconからロックスクリーンにアプリアイコンまたはインストールを促すApp Storeへのショートカットを(iOS 8では)用意した。
・起動後は(iOS7で既に提供されている)iBeacon技術の出番だ。美術館の例を示そう。部屋への(複数の)入り口をRegionで見張っておけば、どこから入ったのかは特定できる。先ほど説明した屋内位置測位の技術を用いてナビゲーションさせればよい。


で、最後に「Next Steps」としてMaps Connectが紹介されています。

Maps Connect - Indoor Positioning
https://mapsconnect.apple.com/

Apple IDでのログインが必要ですが、別に開発者のものでなくてもよさそうっぽいです。
ログイン直後のアンケート内容からわかりますが、前述の"アンカーポイント"として、WiFi・iBeacon情報と地図データ(CAD, GeoJSON, AI, PDF, PNG, SVGなんでもこいな感じ)をAppleが収集して、Indoor Positioningを提供しますよ、施策のようです。

前述の3つの場所(venue)がAvailability Coming Soonなあたりからもなるほど、という感じです。WiFi位置測位の会社を買収済みなこと、iBeaconではあくまでコンテキスト紐づけが目的で距離は目安だと慎重に主張してくれていたことから綺麗に線がつながっています。独自にやるのはバカバカしくなってしまうのですかね。WiFiやiBeaconの維持保守をさせる強烈な一手だな、と感じました。

コメントする