2015年5月26日

Twitterで言語限定検索できるのを今更知りました

Gear VR lang:ja
https://twitter.com/search?f=realtime&q=Gear%20VR%20lang%3Aja&src=typd

Cardboard lang:ja -ダンボール
https://twitter.com/search?f=realtime&q=Cardboard%20lang%3Aja%20-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB&src=typd

Cardboardの方はもう少し除外ワードを工夫しないとノイズが多いですね...。

2015年5月25日

【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】

mmm.png

(2016.03.18追記)現状はCaeru氏作成のMMEの最新版を使うのがお手軽となっております。視差が前方限定には変わりはありませんが、こちらのエントリを参照ください→【MMD】MikuMikuDomeMasterでGear VR/Cardboard向けステレオ天球動画を出力する

MMDで全天球動画が作れるのを以前見かけて試そうと思っていたのですが、2回出して合成すればGear VRでなんとなくステレオで見られます。これはいいものだ。

【MME】360度パノラマ画像を作る
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3844921

Panorama360.png

「Panorama360」を使用。カメラの位置を無視して、エフェクトの位置情報が使われている模様なので、以下の様にxyzいじってみます。xは左目が-0.03右目が0.03にしてみたがそもそもMMMの1.00はUnityみたいに1.00m保証は無い気がします。
x 0.03 y 10.0 z -15.0

※後述の追記時にはx 0.1(左目用は-0.1)y 13.0 z -12.0程度にしました。センターバイアスでモーションを同心円で収まる範囲にして、モーション範囲を中央に寄せてしまうのが勝利のカギの模様です。

以前書いたMMMの物理演算固定手順を守りつつ、左目用aviと右目用aviを出力してみます。

2160x1080 60fps
UtVideo YUV420 BT.709 (ULH0) DMO
mousou-L.avi
mousou-R.avi

kongou.png
開始位置が奥すぎたのでめっちゃ艤装に殴られまくりの動画になりました。目には優しく無いですが透明人間になった気分はそれはそれで面白かったです。

試しに1000フレーム程度でやってみて概ねうまくいきましたが、つんでれんこではビットレートがどうしても常識的な範囲に収まってしまう模様です。昔お世話になったx264guiExに久しぶりに頼ることにします。

aviutl-x264gui.png

AviUtlでMP4(H.264)にエンコードするためのインストールと設定方法
http://memorva.jp/internet/pc/soft_aviutl_mp4_h264_encode.php

2560x2560でやってみたらWin8.1でもGalaxy S6でも再生できない動画になりました。
2160x2160でProfileはHigh@5.1にしたら再生できました。サイズではなくてProfileの問題かも。

bt.png

実際に見てみるとかなり良い感じなのですが、2160x2160でも解像度がちょっと足りない(ボケた)感じになってしまいます。どこまで上げるのが妥当なのかは何度か試す必要がありそうです。(GearVRの公式doc的には推奨2048x2048@60fpsらしいです。ただの画質設定の話かも...)

続きを読む "【MMD】360度パノラマステレオ動画で嫁を召喚してみた【Gear VR】"

2015年5月24日

【Gear VR】自前のosigを追加して再sign

前述の通りosigまわりにあまり特殊な署名ガードはかかっていなそうだなと思っていたのですが、すかさんが自前osig追加再Signをやってたので自分もやってみました。

続きを読む "【Gear VR】自前のosigを追加して再sign"

2015年5月 8日

Gear VRで野良アプリエコシステムの妄想

メモ。

○osigファイル

Gear VR向け開発用ビルドには、osigファイルをapk(Androidアプリ本体)ファイルに含める必要があります。
osigファイルは(Smartphone側母艦の)Device Idから生成します。apkは実体はzipアーカイブですが、展開してみるとそのまま変換も何もなしに含まれているのでセキュアななんたらというのはない模様。

⇒第1の結論:開発者グループでosigファイルアップローダを作ってしまえば概ね良いと思います(そしてそれぐらいまではOculus/Samsung側も把握している)

○VR Jam用global sign

VR Jam向けapk生成Webサービスがある模様ですが、こちらでできたapkに「マスタosig」みたいなものは入っていませんでした。AndroidManifest.xmlにもそれらしい記載はなかったため、こちらは署名で見ている気がします。
つまりVR Jamが終わったら向こうの好きなタイミングでWebサービスも証明書もclose/expireできるということでおそらく長生きはしないと思っています。

○apkのrepackageとresign

Androidのapkの実体がzipなことは前述しましたが、その一意性も署名されているだけなので以下のアプリやライブラリの示すとおり、apkのビルドというのはAndroidアプリ内で実施が可能です。

AIDE- IDE for Android Java C++
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.aide.ui
JavaIDEdroid
https://code.google.com/p/java-ide-droid/

(知りませんでしたが)どうやらadb devicesでとれるDevice Idはアプリからもとれるらしいので

SideloadVR DeviceID
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.skyworxx.sideloadvrdeviceid

結論として以下の仕組みをもったGear VR野良apkマーケットアプリをつくることができそう、というのが現時点での見解です。

・osigファイルをローカルで生成/またはDevice Idからユーザに生成してもらう。
・apkをダウンロードする。
・apk(zip)を展開してosigファイルを追加してre-signする。
・3rd-partyアプリとしてインストールする。
・Oculus Homeには当然含まれないので、独自Homeアプリを作る。PackageManagerからAndroidManifest.xml中のmeta-data vr_onlyあたりを見る。

⇒第2の結論:ここまでやるのは面倒なのでOculus/Samsung側の様子を見るとして、「自分のosigが正しく入ったapk群を、Gear VRを外さずに切り替えられる独自ランチャーアプリ」あたりから着手すべき?

2015年5月 5日

Gear VRのトラックパッドでドラッグ

GearVRの入力を使う
http://tamagokobo.blogspot.jp/2015/05/gearvr.html

パッドのどの部分を触ってもまずはX:1280,Y:720の座標が返されます。 ドラッグで動かすと触った部分を起点として座標が変化します。 なのでタッチパッドのどの部分を触ったかという判定は取れないようです。

おおなるほど。

マウスやスマホ側のタッチパネル直接操作時との互換性を考えて、タッチした瞬間のXY座標を保持しておく作戦でドラッグを実装してみます。

続きを読む "Gear VRのトラックパッドでドラッグ"

2015年5月 4日

【MMD】かわいいよ摩耶様かわいいよ【Gear VR】

maya01.jpg
【MMD艦これ】摩耶様は一騎当千【モデル配布】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26159359

cham*さんの摩耶様改二が可愛かったのでGear VRで課題曲を踊っていただきました。

mayaicon.png

摩耶様「はぁ?」
摩耶様「お前、バカだろ」
摩耶様「しょーがねぇなぁ、一度だけだぞ?」

脳内余裕です。

続きを読む "【MMD】かわいいよ摩耶様かわいいよ【Gear VR】"

2015年5月 2日

Gear VRとGalaxy S6を買ったので原点に戻ってミクさんに踊っていただいた

racingmiku2015.jpg

○はじめに

一通り試したのでメモを残しておきます。
DK2も、AndroidどころかDive SDKもCardboard SDKも触ったことがない人にはちょっと大変かもしれませんが、それなりに知識がある人だったらセットアップ手順はいろいろな点で親切になっており、概ね誰でも(非プログラマーでも)嫁召喚はできると思われます。

Galaxy S6/S6 edge自体は5inchと小さ目で解像度は高く、パワーもありますので単眼ハコスコ・双眼Cardboard互換組にもオススメのデバイスと言えそうです。...フラッグシップと言えるのでお値段は決して安くありませんけどね!

Android開発環境とかUnity5.0.1pXでの対Androidの話は、以前に書いたエントリ【スマホVR】Unity 5 PersonalとCardboard SDKで嫁をAndroidに召喚する【MMD】 #JAGVRを参照ください。

続きを読む "Gear VRとGalaxy S6を買ったので原点に戻ってミクさんに踊っていただいた"