#JVRS の質問ハッシュタグが興味深かったので - ReDo

2016年5月10日

#JVRS の質問ハッシュタグが興味深かったので

勝手に妄想デマカセ回答してみる

> ファミリー向けはどうか
視差あり双眼13歳キャップについては知ってる前提で言うと、「物理的・身体健康的・精神的な影響の観点で年齢制限がかかった世の中の他のシステム」考えると、コスト高いししょうがないんじゃないかな?と思っている。

今はVRを広めたいフェーズだから家族連れにアッピルできなくてつらいというだけで、完全にVRが浸透しきった後に積極的に若い子に(10年後とかにそのレベルで広がったVRワールドを)利用させたいかと言うと、各家庭によってはそんなことないのでは...。『個人の携帯電話は中学/高校入るまでは許さん!』みたいな家庭はけっこうあると思うから似た感じになると想像している。

VRで培われた技術をベースに、低年齢までカバーしたHMD医療機器システムは作ってもいい気がする、というよりヨーロッパでどっかやってそう。


> 未体験の人に最初に被せる敷居が高い
お前が被せるんだ。

自分がたいして感動していないものを人に勧めるのに比較すると、自分が好きなものを人に勧めるのはとても楽しいぞ。


> 各デバイスごとにストアが分かれてるのつらい
iPhoneとAndroidくっついてないでしょ夢から覚めよう

> 今後のバージョンアップ予定
(回答できない)

> ワイヤレスHMD
根本的には「こんなに無線機器が爆発的に一般に広まるとは思ってなかった」という規格からミスった状態なのでVR業界の外でもう少し解決プロセス・技術が確立しないとコスパフォ低くて酷かなと思っている

> 手に何も持たないノーコントローラデバイスがいい
Leapとかがんばってるけど、音声会話の代わりに手話という存在があると考えるとフリーハンドのジェスチャ認識を極める前に音声認識が極まる方が人間の支払うトータルコストは下がる気がする

> 触覚
VRとしての、現実感覚をなるべく再現するはぷちよりは、バイブパターンとか点字みたいに「社会的に別の意味がくっついたはぷちベースの入出力ルール」が広まる方がちょっと早そう(勝率が高そう)

> レンタルサービス
そもそも他のレンタルサービスで成功してるのってなんだろう...って考えると今すでに動いてるアミューズメント施設とネカフェのGearVR貸し出しからスタートしてる現状でまぁいんじゃないのかな。

現時点では安定供給すら怪しいので...

> 有料イベント・ビジネス利用ポリシーについて
(あっ、俺も知りたい)

> お互いの製品のすごいと思うところ
(おっ、いい質問気になる)

> 普及のために改善すべきポイント
現時点の瞬間では「安定供給」では。

> CV1でメガネnot ready
僕は「readyと言ってたのにうそつきー」が残念に思ったのであって、まぁ入らないわけではないのでいんじゃないかな、と思ってます。そのうちHMD改造ノウハウが盛り上がるさ(希望)

> 嗅覚
つらそう。先に冷却ファン兼ねた風制御とかどうかな。

> 表情認識
HMD内赤外線で瞳撮ってHMD外RGBで口角撮ればまぁできるんじゃない。というかやってる人居た気がする。

> スポーツ中継コンテンツをHMDでVRな感じで
高解像度カメラを天井に複数並べれば今でもできる気がする、2020のオリンピックに向けて一回目の試行サイクル中の気配がしていて、その後数年で実用化すると楽しそう。

> ARはどう思う?
(回答できない)

> フルダイブ型
...SAOの功罪でけーなって思った。「フルダイブ型」って乱暴に言えば「ミノフスキー粒子」と一緒でしょ。

> VRでヒトや社会がどう変わるか
昔は産業革命から、今のインターネットで変わったように「物理的制限・ハンデが徐々にどーでもよくなってく流れ」がそのまま進歩するだけかと。

> GTX1080
安いのめでたい(買う側)。速いのめでたい(作る側)。広まるのめでたい(PSVRとか親戚HMD側)。

コメントする