2017年2月24日

「知識がないと、どれくらい知識があるのか測れない」問題

過去3回ほど、仕事と組織構造が両方一緒に変わるという意味での、おっきな異動がありました。


1回目は「C言語はまぁできる人」というフダがついてドナドナされました。

何も勉強せずにネトスペがとれた直後だったりもしたので、僕本人はIPネットワークとかLinuxとか黒い画面とかマルチメディアまわりについてそれなりの人、のつもりでした。

アセンブラとCで記憶型液晶を戦う世界で、μITRONがーとか言う世界でした。ところが、ある日突然WinCEでMacromedia FlashとかVC++でDirectDrawみたいなのに方針が変わる事件が発生しました。今思い返すとなぜ契約続行したのか、おかしさしかありません。


2回目は「どちらかと言えば問題児で、WinCEをやってた人」というフダがついてドナドナされました。

2年ぐらい上司と面談の時にしか話をしない期間があったので組織に残すべき人とは判断されなかった模様です。この後、DirectShowに泣かされた次ぐらいにJavaEEとDebianと出会って「だいたいインターネットとLinuxで世の中なんとかなる」という世界に出会えたので、ドナドナされてよかったと思っています。問題児だったことは否定しません:)


3回目は「だいたいなんでも屋の、いくつかのジャンルでスペシャリストの人」というフダがついた感じで、異動というよりは仕組みのシャッフルがおきました。

スペシャリストは「どこかが尖っている人」だと思いますが、どのくらい尖っているのか、測るモノサシがないと、鞘が用意できません。

分かりやすいジャンルを挙げると、僕は(ピークが2年前なので現時点ではなまくらがさらに錆びた感じなのは置いといて)

・Android:社外でもそれなり
・iOS:ゼロじゃないけどひよっこ
・Web:社内標準よりははるかにマシだけど世間標準かは怪しい

ぐらいの自覚なんですが、これが今のぼんやりとした会社のモノサシに当てると多分こうなっています

・Android:できる
・iOS:できる
・Web:できる

おーい。


流石に物理的に組織が縦割りになりすぎて。「○階に物差しもって遊びに行く」とか「○○拠点に背比べしに行く」とか機会がなくなっちゃいましたね。

コメントする