2017北陸らへん旅行記(その2) - ReDo

2017年7月24日

2017北陸らへん旅行記(その2)

kenrokuen.jpg

それではその2、三日目から。ここまではちゃんと出発前に計画していた旅程となります。

○7/16(日):能登

三日目は能登ドライブです。と言っても@takotとらふにんの交代に任せてたので後ろでぐうぐうしてたら海だー山だー灯台だーって感じのお大臣な感じでしたが。

朝食は途中のすしべんで食べました。

重量課金なことを知らずにちょっと積んでしまった感がありますが良かったです。

千里浜なぎさドライブウェイを通過します。変なとこですね。対向車マジこわい。夜は怖くて運転できなさそう。

輪島塗会館に寄ります。

ここ、133工程の輪島塗の椀を上・下・横で3セット展示した上に全行程や蒔絵などの説明が「実物つき」でレイアウトされているんですけど、UIデザインって言うんですかね、配置のセンスがものすごく良いです。2F展示室大変オススメ。

旅の醍醐味、おもしろカンバン。

輪島を出て、そのまま海沿いを。塩田を見たり、棚田を通過したり。

昼ごはんはたこめしをいただきました。

おもしろ店でした。

「さいはてにて」の舞台になったヨダカ珈琲店の建物跡のすぐそば、Cafe Cove【旧店名】二三味珈琲 海の家にてオシャレコーヒーをいただきます。

おっさん4名と日本海とおしゃれハウス。最高のシチュエーションですね。

そのままもう少し突っ込んで能登半島の最北端、禄剛崎へ。

灯台まわりの小山をちょっと登って散歩して、帰路へ。

途中、のと里山空港に寄ります。

こんなとこに空港があるのかー・・・・あったwwwみたいなとこです。

ちょうどよく羽田行き出発タイミングだったのでお見送りの人に紛れてカシャカシャタイム。

完全にのと里山空港のすべてを堪能した感がありますね。

さて、金沢に戻って来て回転(していない)寿司へ。すし食いねぇ!

ちょっと時間帯が遅かったのか、地元ネタはそれなりに売り切れて居たのが残念でした。シャリがめっちゃうまかった。

腹一杯になったところで宿へ。この日はちょっと旅館の門限まで余裕があったので付近を散歩して、ビーバーを買って帰って来ました。

○7/17(月):金沢

さて4日目です。寝起きに湿気ったビーバーがうめぇ。

金沢最終日は近場の有名スポットをば、まずは金沢21世紀美術館。

ただ、この日はメンテナンスでプールの下に人が入れず、空を測る人も見られず、楽しみにしていた二つが見られなくてぐぬぬタイミングでした。

中の展示は、好みで言うとあまり好みでないやつが多くてその点についてもぐぬぬって、なってたんですが、RGBなやつは結構気に入りました。

rgb-21bi.jpg

炎天下で早くもへばりかけです。金沢カレーの元祖、ターバンカレーへ。

うっま。なっとくの金沢カレー感。具トッピングのお値段お得もすごい。

さて、引き続き炎天下で死にかけながら兼六園へ。

死ぬほど広い、というわけではないのですが何せ見事に晴れていて、ちょっと散歩には適切でない天気。浴衣の人はもっと大変そうでしたが・・・

支え木のついた松の中ボス感好き。

途中、箔一の金箔アイスもいただきます。賞味期限、5分どころじゃなく3分で溶けて危ない感じでした。

香林坊で暑さに負けてカラオケに避難。みんなと一緒の旅はここで終わりです。

夜は@kinnekoと@checkelaと飲み。魚はだいたい満足してるだろうと、肉の店に連れてってもらいました。

全体的にうまかったですが、イチボのステーキが特にうまかったですね。

二次会でgdgdとダベって解散。楽しかった。C92のトゲトゲブースは早めに行くといいことがあるらしいですよ。

2017北陸らへん旅行記(その3)へつづく)

コメントする