技術書典3 サークル参加レポ #技術書典 - ReDo

2017年10月23日

技術書典3 サークル参加レポ #技術書典

tbf3-myspace.jpg

技術書典3、おつかれさまでした。当サークルに遊びにきていただいた方、書籍を手にとっていただいた方、スタッフ他関係者のみなさま、ありがとうございました。

サークル参加して、「VRコンテンツのつくりかた2」というDaydream本を頒布してきました。
頒布した本の内容についてはは先日のエントリを参照願います。

○当日の話

以下、つらつらと。

・B5オフセット表紙フルカラーのP.44 新刊1種、旧刊なし、1冊500円で頒布。
・持ち込み113 - 提出見本1 - 展示見本1 - 残り25 = 頒布86(のはず)
・前回に引き続き、残りのうち10部(+1部見本)をCOMIC ZINさんの委託に預けました。
・かんたん後払いは10人と少し、アプリの使い勝手はよく、特にシェアコードのEmojiは良いなと思いました。
・BOBOVR Z5とDaydreamをスペース埋めに展示、Daydreamの紹介の意味で10人程度の方に体験してもらいました。
・かんたん後払いも効果もあるのか、1000円札支払いと500円玉支払いが見事に釣り合い、手持ちの500円玉数にほぼ変化なし。
・今回は100円玉ケースも用意したのでサイフがカタカタジャラジャラすることなく、良い感じでした。

台風という悪天候でしたが、島中の自スペースは何も不自由なく。寒いかと思いきや人がいっぱいで湿度が高く暑いぐらいで。
途中から冷房が効いてきて涼しいのとちょっと蒸してきたのをシーソーしつつ、全体的には1日快適にすごすことができました。

前回ははっきりと初心者ターゲットの本だったのですが、今回は1冊まるまるDaydreamという、特化したプラットフォームの話です。
最後まで見本誌をじっくり確認された上で「iPhoneは対応してませんか?」「残念ながらAndroid限定です」みたいなやりとりも数度ありましたが、Daydreamの知名度をあげる意味では目的は達成できたかなと思っています。


○制作の話

tbf3-100.jpg

もう少し時間をかけるつもりだったんですが、9月に風邪を引いたりお腹を壊したりみたいなのもあって、時間があった割にはちっとも計画的にできず、結果前回と同じぐらいの慌てながらの締め切り駆動執筆になってしまいました。

制作方法は、技術書典2の前回と同じ方式で、Re:VIEW+日光企画さんのWeb入稿で。2回目ということもあり、前回以上にスピーディで簡潔なやりとりでさっくりと本ができました。


○原価とか残りの話

今回は44ページ100部発注で、印刷費が約44000円+サークル参加費が7000円の計51000円なので、100部500円設定は実は単純計算では赤字の計画です。電子版を用意するのではなく、GitHubにRe:VIEW一式を公開しています。

これは、基本的に僕の本は「利益を出す商業本」「対価を得る同人誌」の流れではなく、「SNSやblogやGitHubに好きなことを置いてくる」スタイルの延長戦として、アナログのおまけグッズという感覚で作っています。

そのため買う側の観点で、「レアテーマの話がまとまって本の形になってるなら払ってもいいかな」感覚で価格を決めていますし、売る側の観点では「普段しないオフセ本頒布するという面白い体験がそれなりの原価で楽しめるならいいかな」感覚で価格を決めています。

あまり考えてないともいいます。

standaloneの続報まだかなー。

コメントする