ノクターンノベルズ2017 - ReDo

2018年1月15日

ノクターンノベルズ2017

ノクターンノベルズ2016の2017年版です。
昨年に比べると寝床スマホとか移動中スマホの時間がちょっと減った結果、若干ランキング頼りの非積極的な摂取に止まった印象です。それでもそれなりに今年も読んだので紹介させていただきます。

もちろんのことながらがっつりR-18です。お子様はおかえりください。あと昨年も紹介したのは【2016】マークをつけておきます。

惚れ症のハーフエルフさん/神尾丈治
https://novel18.syosetu.com/n2348dz/

これだけの長編ハーレムでヒロインのかき分けが無事でみんなかわいいのはほんとすごいな、と思います。「一人称・呼称設定がとにかく丁寧」に尽きます。もともと別箇所掲載のものを見直しながら転載してるっぽいのですが生産性の安定もホヘーという気分ですね。
「○○は社会設定上精神的拠り所がないからかんたんに陥ちちゃうんだぞ」ベースのファンタジーは結構多いと思いますが、主人公のアンディ君の「いいところ見せたのでこれはチョロインが増えるのはしょうがない」感が良いです。
オーロラとかアンゼロスが好きなのですがちょっと前のアイリーナ特集でアイリーナに傾きましたし、素直クールシャロンはもちろんかわいかったし、最近はナリスめっちゃかわいいやんけずるいぞ・・・という感じです。
びっくりなことに毎日更新なので日が変わって寝る前に読む習慣になっています。

夢になれ、夢になれ/雨宮燕尾【2016】
http://novel18.syosetu.com/n5110da/

引き続き今年もおっぱい小説として・・・と言いたいところですが雨宮氏の本領(?)である主人公のドロドロ耐久が良かったですね。メアさんもハーレム入りしそうですが、ハーレムエンドの必要性が今のところないので華ちゃんがヒロインとしてきちんとかっさらうか美月のご主人様が盗りにくるエンドみたいになるかオチが難しそうな印象です。

恋愛金融/moai-script【2016】
http://novel18.syosetu.com/n2597cs/

考えた上で自虐行動をとってしまうやっかいな性格ヒロインは王道で大好きです。終盤に向かってる感じですが新しい連載と更新パワーが分割されている模様で、ゆっくり完結を待ちたい一本です。

巨乳でクーデレな完璧彼女がエッチにハマってしまいまして/やせわんこ
https://novel18.syosetu.com/n2804ei/

正妻力の強い一品としてこちらをおすすめしておきます。あんまりクーデレではないのですが「私のものなので余計な口出しは無用です」系は好物です。

呪いのせいだから仕方ないよね/ミッチェル田中【2016】
http://novel18.syosetu.com/n1301di/

「おつむはまともだけど股はとにかくゆるい」チョロイン勢揃いの癒し系のんびりエロコメです。僕はNTR属性はないのでもっとハーレムか勘違いガチ恋チョロイン側のエピソードが増えてくれると嬉しいのですが、ひたすら明るく軽いNTRです。

異世界でビッチな女神様の信者を増やす簡単なお仕事です/ません
https://novel18.syosetu.com/n1334dy/

「一見まともなようにみえてきちんと股がゆるい系」として大変オススメです。書籍化が決定しており、祝振り込めない詐欺回避組です。水戸黄門の印籠のような安定感のあるマジカルチンポは王道ですよね。

コンビニで出会ったエロい女の子と爛れた関係になりました。/高橋徹
https://novel18.syosetu.com/n7388el/

「棚ぼたエロから体の相性が良かったので爛れたことになりましためでたしめでたし」というエロ本テンプレのような軽快さでいい話です。
高橋徹氏は社会人が築く亜人ハーレム?ラブコメとエロを分ける理由なんてない?が書籍化されて、異種族趣味の方には大変ありがたい供給です。
ただ、長くなっているせいか「商業小説エロ本臭いメトロノームのように定期的にエロが差し込まれてる」感が強くて、どちらかというとこちらや襲われて始まる恋もある。の短いほうが僕は好みです。

大学のエロい後輩が沼みたいだった話/うろたいとR
https://novel18.syosetu.com/n6908dy/

なし崩しノンフィクション風エロのこちらも最高です。エロいシーンとエッチシーンは別物というのがよくわかって最高です。あとタイトルが絶妙に正確でセンスを感じます。このタイトルじゃなかったらもっとわかりづらくて読んでなかった気がします。完結しそうにないし完結しなくてもいんじゃね感があります。

悪魔召喚アプリを手に入れたのでデリヘル扱いしてみた/KG
https://novel18.syosetu.com/n3959dw/

だれにでもオススメできる度だと相当上位な気がします。「人外なので人間社会の心配はしないでいい」「スマホ+現代ファンタジーなのでだいたいのことが問題ない」「登場する人物はいたって人間的な会話につきあってくれるので思考脱線についていくコストがとにかく低い」
シリーズものながらデリヘルベースなので切れ目があってキャラクターカバー幅が広く、VOICE LOVERささやき庵のような安定性があります。微妙に最初のリリムちゃんがメインヒロイン臭いのもほどよさです。

トモハメ/懺悔
https://novel18.syosetu.com/n2643dz/

やったー彼氏持ち女友達となし崩しエロだー。「友達」という日本語の概念がおかしくなる徹底徹尾明るく楽しいラブコメです。こちら少子化防止委員会の者ですがもエッチシーンは大好きなのですが少しNTR系の色が強くてこちらの方が好きです。

性技の特訓!/双山ももも
https://novel18.syosetu.com/n4190eb/

「別にする必要がないんだけどよくわからないけどやっちゃってる友達系」として双山ももも氏のこちらを並べておきます。逆レ度が上がりますが、そういうのが好みの方は他の作品もぜひどうぞ。ゆるふわ巨乳は設定上頭が悪い→描写上そんなことはない→オチとしてやっぱ頭が悪いみちなギャップ転換は比較的よくある手法ながら良いものです。テンプレおつむ弱い子で通すのではなく、一回(以上)頭が良いところが出てくるとこれがいいんです。

種乞い狐のスケベなお宿へようこそ!/犬吠ろめゐ
https://novel18.syosetu.com/n8871cz/

犬吠ろめゐ氏の異種族の種の保存問題求精モノで2017年復活完結おめでとうございます。ベッタベタでよいです。

元・教え子のダークエルフ嫁と過ごす純愛どすけべックスな日々/犬吠ろめゐ
https://novel18.syosetu.com/n7277ef/

同作者のこちらもエロ本テンプレ感があっていいです。旦那側の割り切りが弱くてもう少し開き直ってもいいのでは?と思うのですがまぁダークエルフは勝利です。あと婚姻関係にあるエロラブコメとして「相手側の両親が子作り推奨である」属性が好きです。現実でめんどくさい憂いをファンタジーに持ち込むのは勘弁してもらいたいですからね。

俺の秘密基地がJSの溜まり場になっていた件/丘野くじら
https://novel18.syosetu.com/n2012ef/

転生含め少女開発モノはいくつかありますが、2017年ではこちらすっきり完結していて社会的には不幸でなさそうで気楽に読めてオススメです。

世界の秘密は少女の胎内に/猫田健
https://novel18.syosetu.com/n8795ee/

一方これだからマジイキスレは猛者が・・・という極みの濃いエロシーンでぐったり読後感の最高な猫田健氏はとりあえず全部読んでおこうねって感じです。
こちらはミステリー入ってるので少々純度(?)が足りないのですが、ねこだけん短編集はさしあたって全部読んでおきましょうね。こいつはすげぇやって感じです。

ロリ系は性癖としてはストライクゾーンに遠いのですが、成長者として若い子を登場させるのは少年マンガ的冒険譚みたいに面白さが安定する印象です。妙齢の女性を覚醒対象のヒロインにするとクッソ美人だけど社会的立場で事故があったか、性格に難があっていない歴イコール年齢みたいな属性がどうしてもついてしまってひやっとするリアリティが出てファンタジーみが薄れるので読むコストがあがってしまうのが難しいところです。
そういう問題を一挙に解決する「見た目年齢xNぐらいの実年齢」なエルフ系はほんと便利で好きです。アイリーナ153歳めっちゃよくないですか。

琴塚さんと篠原くん/dora
https://novel18.syosetu.com/xs2367a/

どちらかと言えばハードボイルドになってしまうので読み物としては面白いのですが脳のクロックが息子に割けなくてちょっと難しい感のある琴塚さんと篠原くんシリーズです。
2016年で終わりかなーと思ったのですが、シリーズとして3,4,5とかっつり2017年も更新されて面白かったです。シリーズタイトルですがビッチとはなんぞやみたいな感じになってしまうのがもったいないところです。


○さいごに

2017年、ランキング200ばっかり読んでしまって発掘がイマイチだったという精進が足りなかった感のある並びとなりました。きっともっと面白い小説がいっぱい生まれていたに違いないのですが・・・
ムーンライトが創設された影響か朝チュン系はそっちに行ってしまった感がありますし、王道ファンタジーはボリュームだけあって偏執度や目新しさが不足してた印象で、転生モノ・ゾンビモノは目が肥えてしまってなんとも。

学校モノでも王道異世界ファンタジーでも現代モノでも正妻力の強いヒロインをようてんはいつでも口を開けてお待ちしています。ではまた来年。

コメントする