2018宮城山形旅行記(その2) - ReDo

2018年2月27日

2018宮城山形旅行記(その2)

nojob-and-icemonster.jpg

2018宮城山形旅行記(その1)からの続きです。3日目の樹氷から最終日までのエントリです。

○2/22(木) →地蔵山(樹氷)→蔵王温泉→山形

いやー、最初は雨降ってきたかな?とかわけのわからないことを思ってたんですよね。 今日もおいしい。

旅館を出て、蔵王ロープウェイの乗り場に向かいます。

雪の温泉街、最高ですね。 ロープウェイ乗り場につきました。当然のようにスキー場です。まったくスキーできないのですが、これだけ条件のいいピーカンだったら、滑り転がるの覚悟でレンタルすればよかったかな、と思いました。それなりに雪国装備でしたし・・・

蔵王ロープウェイは二段で乗り換えがあるのですが、一段目に並んで乗ります。晴れてるせいなのか平日の割に大混雑で、乗るまで30分待ちました。

標高が上がるとともに、だんだん雪景色と木の具合が変化してくるのですが、どこから樹氷なのかよくわかりません。 エビフライなるほど。 地蔵山頂駅が近づくにつれて、だんだん写真などで見たことがある感じのになっていきます。 地蔵山頂駅到着。-10.9℃。よく晴れてるせいか体感気温はもっと高くて、かなり快適でした。 雪目を心配しましたが、メガネってもともとそういうのを防ぐ効果がちょっとあるんですよね。逃げ切れた気配です。 最高でした。 地蔵山山頂にも登っておきます。30分とかかかったらつらいな(汗だくになりそう)とか思っていたのですが、15分程度で済みました。 地蔵山頂駅は地理的にちょうどいい峠に建っており、方角で樹氷の様相が多様なのが面白かったです。 1時間半経ってますが楽しすぎなのか天気が快適すぎたのか寒かったという認識が全然ありませんw 頂上駅のレストランで休憩。トイレの暖房がちょうどいいぐらいで、屋内まで入るとぶっちゃけ暑かったですね。 それでは下界におりましょう。 ウェーイ

樹氷から降りてきて、でっかい露天風呂が山の麓にあるというので歩いて向かいます。

いやー、完全にだまされました。もうちょっとスクロールしておけば気づいたし、雪でどうなりそうか、とか想像力が足りませんでしたね。

まわりには温泉がいっぱいあって、公衆浴場もいっぱいあるので適当に入ることにします。

200円。貸切。最高オブ最高。 来たバスと同じやつにのって、ZAOから離れます。

山形駅付近で、昼ごはんを探すことにします。(どちらかというと蔵王でジンギスカンを食べておくべきでしたね)
B級グルメ、どんどん焼きにチャレンジです。

腹にずっしりたまりそうなぷよぷよのうまそうな粉ものが出てきました。だいたい見た目まんまです。 お腹空いてなかったら2つはムリでしたね。食べる際には1つにしておくのをオススメします。 近くの公園を腹ごなしに散歩します。 立派でした。 7000円はどうも山形駅前では「高級なビジネスホテル」になってしまうようです。WiFi快適だったしよしとしましょう・・・

晩御飯はいろいろ歩いてたら時間をミスってしまって、結局駅前の怪しいお店で食べました。



駅ビルで山形そば屋が21時までやってたっぽいのでそっちに行けばよかったです。

ふつうに鳥南蛮な感じのそばと牛丼でおいしかったですが。 :) スーパーで買える感じの地元お菓子を探してきます。まだ食べてません。

○2/23(金) →天童→天童温泉→米沢→東京→自宅
4日目、最終日です。天童に行って将棋の街っぽさを見て来たら、米沢牛を食べて帰ろう、という流れです。

朝食バイキングに芋煮とか、「だし」とか、食用菊(延命楽とかもってのほか言うやつ?)とかきっちりあって、ついがっつり食べてしまいます。 スモっちが駅で売ってたので買っておきます。結局家まで運んじゃいましたけど寒かったしたぶんだいじょぶだよね・・・?

まずは9時に開く、駅ビル1Fにある天童市将棋資料館によります。

どっかで見たことがある駒がいっぱいありました。楽しかったです。

さて、日本の将棋の駒の95%以上を生産しているとの天童、街中も結構雑な感じで駒だらけです。

ホテル王将というやつでした。ちなみにホテル正面だとこのカンバン見えませんw 旅が終わっちゃうのは困るんですが。

さて、目当ての店が11時回転なので向かいます。

そばつゆで中華麺で鳥南蛮な感じです。おいしかったです。

電車の本数があんまりないので、腹ごなしに天童公園(というか山)に突っ込んでみます。

実のところ、すってんころりんして手のひらとか(手首と肩にきた)肘とか打って結構やばかったですね。 三日経ってよくなりましたが昨日はまだ特定の角度に動かすとグキィって感じでよくなかったです。

冷やし山形をさらに腹にぶちこむべく、北山形で降ります。

分店が定休日でした。

落ち着いてぐぐって、本店に移動することにします。ちくしょう。


よかったやってた栄屋本店。 さわやかで思ったよりスルスル入ったけど、冬に食べるものではなかった気がしますね・・・?

山形駅から米沢駅まで、新幹線で移動します。電車の本数が無いので、下手に駅からタクシーとかを考えるよりは安くて早いです。

よくわからない巡回バスに予定外のルートにつっこまれて慌てておりたり、地面をツルツルすべりながら上杉神社に行きます。 米沢は学生の時に免許合宿で来て以来なので21年ぶりでした。 雪の神社、よかったです。 街中を適当に撮りながら、駅前まで戻って来ました。

あんまり小さめサイズのおみやげが見つからないなぁ、とスーパーをまわったのち、目当ての米沢牛が食べられそうな店へ。

やったね。もうこの旅行はトラブル慣れしてきて、本人真顔です。

おたかい分はおいしそう、みたいな近所の店が見つかったのでそちらにします。

オーラでてる。 ぎゅうううう

おいしかったです。でももっと脂すくなくて、にくにくしてるやつが好みかな?(サーロインじゃなくてランプでよかったかも)

さて、米沢から新幹線に乗って東京を経由して帰ります。

ホームが寒いので、暖房の効いてるトイレから出づらい感じでした。 徐々に見慣れた風景に戻っていきます。3時間で完全に自宅に戻っちゃうのすごいですね新幹線。

おつかれさまでした。

○KPTと余談
では、宮城山形旅行を振り返ってみます。
北陸らへん旅行・四国旅行のTryとして挙げて、よかったものをKeepに移します。今回は車に乗らなかったのでそのへんは外します。

【Keep】
・交通手段・行き先・食事処、Twitterの集合知に全力で頼る
・とにかくTweetし続ける:旅行中であっても記録の便利さ、関連情報がメンションで来る、点が線になるライブ感
・USB充電器を2つ:バッテリと携帯と両方同時に充電できるようになった、安定
・登山靴:雪山もあってトレッキングシューズにした、街中歩き回りにも効いてくる、ぴったり。

【Problem・Try】
・"蔵王"と"松島"はググり難易度が高かった。これぶっちゃけ現地の関係者のSEOミスでしょ・・・冬特有の交通の便の悪さもあってどうしようもなかった感はある。
・予備スマホ:旅行中は普段と違う動作をしがちなのでやっぱり落としやすい。割ってしまうことはしょうがないとして、予備スマホを持ってこなかったのはダメだった。
・晩飯計画がイマイチ:「21時以降でも名物を食べられる店」ってものすごく少ない。活動が朝方になる分、きちんと17時19時で探す計画にすべき。

3月中にもう一箇所、できれば南国に行きたいですね!

コメントする