DMM VRで10本ほど買ってOculus Goで見た感想 - ReDo

2018年5月19日

DMM VRで10本ほど買ってOculus Goで見た感想

色々話題ですが、「普段からVR動画を見ている人」のコメントが相対的に少ないと思ったので書いておきます。

○結論

以前よりは地雷が減りました。アプリの出来にはかなり不満がありますが、「ストリーミング再生が問題ない」という一点で及第だと思います。

○DMM VRの良い点

・ラインナップが豊富

そもそもAV業界はだいぶ二次元オタにすり寄ってる印象で(そもそも関係者がオタ化した?)、「やたらと積極的な同級生や同僚」「無敵に能力を手に入れたら好きなことがやり放題」みたいな10年前のスタンダードが揃いつつあります。
ただし、伊○ライフ的なというとわかりやすいと思うのですが「とにかく許される」「バブみ」「淫乱ではなくてHが大好き」というラインにはまだ到達してなくて5年ぐらい待たないといけないかもしれません。「弱みを握って好き放題する」みたいなのを買ってしまうと気持ちがつらいです。

・ストリーミングが安定している

再生開始に30秒待つとか、シークができないとか、シークしたら一定確率でクラッシュするなどがほとんどありません。それだけで許してやろうという気持ちになります。

○DMM VRの悪い点と回避方法

・アプリの完成度が低い

HMD正面リセットと視点の上下回転は欲しいですね。正面リセットはHomeに戻ってやればいいので操作感の悪くないOculus Goではさほど困らないのですが、視点の上下回転はカメラ配置のミスをごまかせる唯一の手段なので実装するだけで動画の価値があがる神機能です。実装していないのは大変もったいない。

アプリについてはSexLikeRealのDaydream版(redditへのリンクですので直接的には危ない画像はでてきません、その先を進む際にはご注意を)が個人的には最高です。
UIもユーザコンテンツ管理まわりもWebと同様にできる、ストリーミング安定、無料で閲覧できるのに最高画質(ただし尺が短いケースが多い)があってきちんと試せる、とDRMを強制するならこれぐらいまではがんばってほしいなと思ってしまいます。

・解像度が低い動画が紛れている

とにかく新しいのが正義です。できれば2018年以降に限るべきで、それと古い動画のベストコンピは低解像度で無駄です。
セール品のベストコンピはともかく、無料サンプルで解像度を落とすのは悪手だと思うのですが平気で紛れています。

・出来が悪いのを避けるのにレビューに頼るしかない

非立体のサンプル画像で動画の出来は絶対わかりません。パケ写ぐらい詐欺材料だと考えてください。
結局のところ30個も買ってない僕が言うのもなんですが、「レビューで☆1,2が複数ついてるのは怖くて買えない」です。

以下、余談です。

○AV VRのザッとした話について

・GoPro、THETAのような広角カメラと編集技術の定着を下地にして、Cardboardやハコスコで「頭をまわした方向に映像がついてくる」動画がメジャーになった
・カメラを二つ並べると「正面方向だけは」視差ができるので、「ある程度固定された距離に立体に表示したいものがある」動画に向いてることが判明した
・欧米のAV業界が「きちんとしたカメラを2つ並べて」360度ステレオ動画をつくりはじめた
・スマホに搭載された、動画をデコードするハードウェアチップが「4K動画」をターゲットにしていたため、3840x1920単眼/2560x2560ステレオぐらいが360度Equirectangularだと限界、ミドルレンジの機器ではそれも厳しかったので、それを解決する「正面180度だけを収録したside-by-side」が主流になった
・このころ国内でもVR AVのサービスが開始されたが、DMMが平気で「1920x1080単眼」という事故のような作品を「外から区別がつかない形」で配布し始めたので他サービスで楽しんでいた層から悲鳴があがったが数の暴力に圧殺された

この辺の画素数と再生機器のパフォーマンスの課題についてはAdaultFestaVRの匠シリーズの説明(おねえさんの画像はサンプルででてきますが直接的な裸の写真などはでてきません、その先を進む際にはご注意を)を読むのが一番雰囲気を掴みやすいと思います。

○画素数についての雑感

広義のVR180(正面180度魚眼のステレオの意)の解像度に関する見解です。

1080p(2160x1080):厳しい。DMMでは2017年代作品でもこのあたりだと思われるのがいらっしゃる。
1440p(2880x1440):このへんに最低ラインがうつった気がする。ライティングがよくないとアラが目立つ。
1600p(3200x1600):匠シリーズは1600p保障。今回買ったDMMのも画質がいいのはここっぽい気がする。
1920p(3840x1920):再生環境が無事ならやっぱり4K欲しい。
2160p(4320x2160):現行スマホだとガチ限界、PC向けは5Kの2700pとかあるけどVive ProとかじゃないとHMD側の画素数が足りないような?

YouTube様は現在、8KのVR180動画投稿が可能で、以下のような解像度選択肢がでてきます。

スクリーンショット 2018-05-19 17.10.11.png

8Kはブラウザではまともに再生できません。Daydreamのアプリで内部的にストリーミングをどうにかしてるっぽいですが、VRコンテンツの高解像度化技術バトルはしばらくは激しそうです。H.265への移行は進みつつありますが、通信量は激増しまくりです。「ギガ不足」が「テラ不足」になる日が来たりするのでしょうか?

コメントする