iPhoneで外部マイクを使う方法 - ReDo

2018年9月22日

iPhoneで外部マイクを使う方法

iphone-external-mic.jpg

REALITY Avatarの話に関連して、iPhoneで外部マイクを使う方法を調べています。
Lightningコネクタやオーディオまわりに詳しくなかったせいか、順調に安物買いの銭失いに成功してしまっておりますので、その知見についてまとめておきます。

○結論

マイク、録音目的の際にはおとなしくMFi品を買いましょう。
DAC(Lightining→アナログ)変換は安物でも動いてることが多いですが、ADC(アナログ→Lightning)の勝率が悪いです。

○充電不要の場合

Lightning→アナログ(4極)変換アダプタが付属しているはずなのでそれを使いましょう。
僕は間違って(?)エレコムのを買ってしまいましたが、そもそもApple公式の変換アダプタがiPhone X本体に付属していましたorz
これで概ねのケースでは十分な気がします。

iPhone付属のイヤホンマイクはさすがにマイクとして使うには音が小さすぎに思えました。(録音用に使うなら音漏れは関係ないからいいのでは、と思ったのに・・・)

以前買ったボイチェンも元気に動きました。(妙なエコーも多いですし音の立ち上がりをポロポロ落としますし、「プライバシー目的のため音声を変えて・・・」ぐらいの目的であれば使えるおもちゃな感じのボイチェンですが)

○充電しながら使いたい場合

MFi品であるbelkinのを買いましょう。

800円-1000円ぐらいのを2つ買いましたが、2つとも「マイクは動かない」「充電は問題ないものの、通信が怪しい」というものでした。
belkinのはXcodeから問題なくiPhoneが認識できたので良さそうです。

○アナログ(4極)の分割は比較的お安いので問題ない

アナログ(4極)をヘッドホン/マイクに分割するケーブルは安いので問題なく動く模様です。
AndroidやLightning前のiPhoneもこちらですし、情報が多いのと勝率が悪くない気がします。

こちらと適当なコンデンサマイクで動いてますが、少しレベルが足りない気がします。ちゃんとミキサーとかコンプとかかけられるのが理想なんだろうな、とは思います。

上記のピンマイクは無指向性なのですが、以下の指向性マイクの方がやっぱりまわりの音を拾わなくてよい気配があります。(さらにレベルが下がってしまうのでコンプの欲しさは上がってしまいますが・・・)

○「Lightning-USB OTG」+「USBオーディオインタフェース」はちょっと相性がありそう

手元に転がってたUSBオーディオインタフェースと1500円ぐらいの安物では「ピー」という謎のノイズが出ていました。認識や充電まわりは大丈夫そうです。

AG03などのUSBオーディオインタフェースをすでに持っている際にはこちらのルートになる模様です。
「Apple公式のカメラアダプタを買え」という話も見ましたし、若干相性がありそうです。

○Roland GO:MIXERはダイナミックマイクが必要

サイズもコンパクトでミキサー能力も高いGO:MIXERですが、ダイナミックマイクしか繋げないこと、給電ルートが無いのでiPhoneXを「充電しながら」といった使い方ができません。
楽器とかBGMとか混ぜたい人には良さそうですが、単に外部マイクを使いたい際には若干遠回りなルートに思えています。

「Lightning分岐 - GO:MIXER - FBQ100 - VT-3」みたいなのができるかどうかはまた後ほど試してみたいと思います。

GO:MIXER Proになると電池給電ができることと、ダイナミックマイク限定でなくなったりしますので、ケーブルだの機材だの手元にある人はこちらの選択も良さそうです。
GO:MIXER/GO:MIXER ProについてはiPhoneやiPad単体で音をいれて、動画を撮って、編集までやってしまおう、のようなケースにはとても良いソリューションに見えます。


○さいごに

イヤホン・ヘッドホンまわり比べると需要が需要なのか、安価な代替品ではうまくいかない印象です。ダイナミックマイクとかケーブルとかLightning直結マイクとかVT-3とか色々勢いでポチってしまったため、また何かわかれば更新しようと思います。

コメントする