某wantedly補足 - ReDo

2018年11月26日

某wantedly補足

wantedly.jpg

REALITY AvatarのエンジニアがVTuberになって"伝説の7時間配信"をした理由を聞いてみた。 | Wright Flyer Studios
https://www.wantedly.com/companies/wrightflyer/post_articles/147498

掲載されてしまいました。
正月に帰省する際のネタとして両親に見せてこようかと思っています。

一度ぐらいwantedlyに載ってみたかったので喜んで引き受けました。大変満足しています。
全体的には陽のもののフリをするのが大変でした。

>伝説
深く考えてなかったのですが後日会社で想定外にみんなに突っ込まれました。
なお現在、連続配信には12時間制限がかかっています:)

>一番多かった感想「褐色じゃない」
髭(※「草」のREALITY用語です。ここ試験に出るで。嘘です。)

>生みの親
「一番最初にリポジトリにコミットした」という意味ではあってるのですがママパパいっぱいおるでな。

世間的にVのものでよく言われるマパ様概念的には2D元絵の人と3D素体の人が正しいような、いろいろあるような・・・
一番性癖煽りしてくる床ラー主義のダサT描いた人とか、某祭で大洗に居たうちの一人である筋肉警察の人とか、たのしい動物園です。

エンジニアとしてはだいたい3人ぐらいで作っていますが、記事中にもある通り掛け持ちが多いので正確なカウントは難しい感じです。

>(笑)が多い
色々指摘して結構減りました。最近見慣れない文字列だったので今でも読むときにまだピクッとします。

>"VTuber業界の今後についての質問や、REALITYへの要望を多数いただき、視聴者の方とのコミュニケーションが盛り上がって楽しかったです!"
正直、ペシッと削除してしまうか迷ったフレーズでした(絶対こんな言い方はしてないと断言できます)

中の人ということを隠さないこと、メリットデメリットあるとは思うのですが、弊社、(社長はともかく)中の人がどう考えているのか、あんまりアピールできてなくてもったいないと思っているんですよね。
あとは、意外とVのもの業界、テクニカル面では勘違いされていることや、単純に伝わっていないことが多い印象でして、「どこかで公開されていたこと」「ある程度の知識があれば明確になること」はなるべく等しく必要と思われる人にお伝えしていきたいな、と思っている個人的な野望があります。

いろいろやりづらい面はあるとも思いますが、いちユーザとしてもお付き合いさせていただけると嬉しいです。

17日以降に、近況とか、謝罪配信でもさせていただきたいと思っています。ではまた。

コメントする