2017年10月10日

Unreal FEST EAST 2017 に行ってきた #ue4fest

ue4fest-east-2017.jpg

相変わらずUE4に手を出せていないのでごめんなさい・・・と思いつつパシフィコ横浜で近場なのと講演内容が魅力的すぎて我慢できなかったUNREAL FEST EAST 2017に行ってきました。楽しかったです。

UNREAL FEST EAST 2017
https://unrealevent.eventcloudmix.com/

○チャリで来た

いい天気だったのでチャリで行きました。暑かったです。
もうそろそろ地図を見ないでも自宅ー横浜/桜木町間を行けるようになりたいのですが、夜は道を間違えますね・・・

○「VR ZONE SHINJUKU 極限度胸試しハネチャリ」ゲーム会社×映像会社で作るヤバイVR体験

ハネチャリのレベルデザインとグラフィックのブラッシュアップの分業話おもしろかったです。
"ホワイトボックス"と"キットバッシング"というのは用語としてもう少し定着してもいいと思います。
# ゼルダの講演のやつ、とか名前ついても正直困る・・・

○「VR ZONE SHINJUKU」の知見、全て吐き出します!
VRならではのリアリティデザインで釣りのようなジャンルで既存のゲームとUIが革命されていく話、乗り物VRのヨーイングにまだ人類は勝てていない話、それでもガタガタ揺らしておけば人間は酔いづらくなる話、先に絶叫させる、とりみださせることによって没入間があとから付いてくる(体の現象に心が引きずられる)話、めっちゃ楽しかったです。

二人でバカスカ割り込んで喋ってこれだけ無事なのほんと発表力(プレゼン力とかじゃなくて舞台演じ力とかの域ですよね)ェ...

○ドラゴンクエストXIへの道 ?グラフィックスの作り方?

撮影不可、テキストのみSNS可だったので必死にメモタイプしました。

今見直すとところどころ間違ってるのですが脳内では補完できるのでまぁなんとかなったかな・・・
Tweetでも述べてますが内容は易しくゆっくりめだったので平和でした。

○Rez Infiniteはいかにして生まれたか - 我々が目指すシナスタジア(共感覚)表現の未来
水口さん「好きなことやってたら結構ほめられることになったんだよいいだろー」という話でした。

Rez、どうやってあんな「自然言語で相談するのが難しそうな表現に仕上げていくことができるのか?」って思ったんですが、イメージを合わせるためにひたすらプロトタイピングでしかないんですね。「VRゲームはやりながらつくるしかない」ってたびたび言われますが、そもそも水口チームは自然言語で検討するのが困難なものをつくろうとしてる歴史があって、その延長線上なのがよくわかりました。

○ドラゴンクエストXIへの道 ?The "L"oad To DragonQuestXI?

こちらも撮影不可、テキストのみSNS可だったので必死にメモタイプしました。

具体的なUEの設定オプションの情報とか、ボロボロ抜け落ちてます。HDDのシーク時間がとにかく敵だという話とか、GCのMark&Sweepとstatic常駐の使い方とかはUE4語にされるとわかりづらいのですが、コンピュータ・プログラミングとしては一般的な話ですよね、もう少しシンプルな説明にできたんじゃないかな、と感じました。(逆にいうと、このあたりの各メディアのレポートがダサくなるかかっこよくなるかが気になるポイントです)

>"大規模タイトルを制作する際に問題になりがちな、ロード時間・ヒッチング(カクつき)・ガベージコレクション・クック等に関する地味なお話しです。 ストライクゾーンが大変狭いセッションなのでご注意ください(^^;"

今ふりかえるとこのセッション説明、ものすごく正確ですねw

○堀井さんとゆるゆる話す『ドラゴンクエストXI 』の製作秘話

ドラクエファンとして生ほりいゆうじの引力には逆らえなくて大変楽しみなセッションだったのですが、紙山さんが無双してたのがとてもよかった。

「堀井さんがドラクエである」度が高すぎる
→しかし堀井さんの守備範囲は企画・演出であって、シナリオ・脚本ではない
→「堀井さんにおうかがいを立てる」プロセスでビッグタイトルを扱うと、設定が綺麗に収束するかは運になってしまう
→結果、雰囲気として最高だったけど、終盤のほぼ全てのイベントで矛盾・不自然な点があってそれをおさえこめていないDQ11みたいになる

というのをかなり感じてしまいました。

おつかれさまでした。

2017年9月29日

ガルパはじめました #バンドリ #ガルパ

Screenshot_20170928-172046.png

音ゲーということだけは知っていたのですが、TLを流れてくる絵とか写真がわからなくて「キャラの区別がつくようになるまではやるか」と、ガルパをはじめました。

バンドリ! ガールズバンドパーティ!
https://bang-dream.bushimo.jp/

○先に結論

それなりに高スペックのスマホを持っていて楽曲ジャンルとしてのガールズバンドが好きな方にはおすすめです。

あと特殊なところだとLive2Dクラスタ(参考:『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』の登場キャラを魅力的にした、Live2Dによるモーション制作 | 特集 | CGWORLD.jp)はぜひやっておこうって感じです。


○現状

ランク50になりました。

HARDでは落ちなくなってきたので、ぼちぼちEXPERTに手を出せそうかな?と思ったのですが、惨敗気味です。楽曲レベル表記がイマイチ信用にならないということだけはわかりました。


○高スペックと熱対策、安定運用のために

最初はZenFoneAR(Snapdragon821)ではじめたのですが、(もしかしたら保護シートのせいかもしれませんが)タッチイベントの座標がチャタっているらしく、同時押しノーツが必ず落ちたのでPixel XL(同Snapdragon821)に乗り換えました。

色々プログラムのロジックバグや曲のデータ差を疑ったのですが、結論としては「表示ノート数が多くなるほど60fpsの維持に高スペックが必要であり、熱でCPUクロックがダウンすると致命的」ということがわかりました。

その結果、僕のPixel XL環境では「CPU温度をオーバレイ表示して監視し、曲の開始時に46度以下でなければ冷やす」という運用回避となりました。CPU温度のオーバレイ表示にはCPU Monitorというアプリを使っています。

また、高密度ノート楽曲のプレイ中が高負荷なのはもちろんなのですが、Live2Dで高fpsを維持する通常画面でも高負荷でもりもりバッテリを喰うことがよく知られており、放置時には別のアプリに切り替えておくのが推奨されます。また、挙動が完全には掴めていませんが、何曲かプレイしてると何かオブジェクトかスレッドかがリークしているらしく、徐々に高負荷になったりバックグラウンドに切り替えてもCPUクロックが落ちないモードに入ります。起動の早い(各画面のロード遷移も早い)アプリですので、ホイホイ落としてしまってもいいかもしれません。


○課金要素はストレス・効率マターでモチベがかかっており、厳しめ

音ゲーのスコアランクがキャラのレアリティと育成状況に強く依存しており、低レア・低Lvのキャラでは高いスコアランクが出ず、育成やキャラ固有エピソードシナリオの解放に必要な素材のドロップ数が少なくなるといった悪循環ストレスによる課金モチベーションがかかっています。

ゲームに課金するならCDとかにかけてね!という話なのでしょうか、少々やりこめばSSR衣装のコレクション要素でしかないデレステと比較すると色々渋い印象です。

プレミアムハッピーBOXと「1回だけお得」のスターC、スターDを購入の上、最高レアリティである星4確定ガチャ2種類(スタートダッシュと400万人突破記念)が有償スター限定でしたので、そのへんのためにポチポチお布施して、5000円ちょっとをつぎ込んでいます。「最初に3000円は放り込んでくれると嬉しいな」というニュアンスを感じますが、リセマラを駆使して星4 x2+星3 x2+星2のPTを1つでも作っておかないと初期効率が下がる仕組みになっており、「好きなバンドで好きなキャラを贔屓してプレイしたい!」という際には「はい10万円どうぞ〜」という気配です。つらい。


○嫁

銀髪ツンツンに猫デレ他ポンコツ属性複数の友希那さまとか、

影落ち前髪黒髪ロングでおっぱいからの衣装手作り強キャラ燐子とかが好きですが

金髪(?)ツインテで口が悪いけど面倒見がよくて盆栽属性持ってて外面良かったりして香澄に振り回されるツンデレを研ぎ澄ましたような有咲が今の所一番推しです。


○シナリオ

メイン:悪くない。香澄をもう少し頭良くしてくれると嬉しい。
ポッピン:強引すぎてつらい。アニメはもっと香澄がひどいという話を聞いて怖くてまだ見てない。
アフロ:蘭ちゃん、養われてる身でそれはねーよ。あんまり進んでないのでまたあとで。
パスパレ:ポンコツリーダーで他メンバが活きやすく、わかりやすくて良い。麻弥が秋山殿すぎて、設定はともかくもっちょい離してほしかったなぁって思う。
ロゼリア:ベッタベタで良い。友希那さまがポンコツ属性をもらってしまったせいで紗夜がかわいそうでもう少し救ってほしい。あこ巴姉妹はとにかく癒される。
ハロハピ:ギャグ貫いてて良い。こんくらい突き抜けてるとバカは映える。こころちゃん中の人歌ってもまんまなのちょっとずるい。

ツギハギでシナリオを書いたのか、活きてるキャラとそうでないキャラのバランスが悪く、全体を通して見ると強引で雑な印象です。Live2Dとボイス・フィールドのかけあい会話の出来の良さに比べると、シナリオはイラッとくるキャラや流れが多く首をかしげ気味。今やってる(た)パスパレのイベントは悪くなかったので、徐々にキャラ設定が膨らんで芯ができると安定して妥当に感じるのかもしれませんが現時点ではイマイチ。
あと各地で言われてる「新人スタッフいらない」についてはかなり同意です。シナリオ見てから個別のキャラエピソード再生すると違和感が増します。なんでこうしたんや・・・

2017年9月 8日

CEDEC 2017に行ってきた

P_20170901_093357_BF.jpg

せっかく無職になったので、ぜひ一度三日間まるっと行ってみたかったCEDECに行ってきました。
IT業界所属ではありましたがゲームやエンタメには縁のない業務であったため、知ってはいたものの参加できてないイベントでした。
そのレポートっぽいものをお届けします。

続きを読む "CEDEC 2017に行ってきた"

2017年8月 7日

ドラクエ11のネタバレについて配慮してるつもりになってる人へ【ある意味ネタバレ】

俺です俺。結論としてあまり配慮できてなくて各位申し訳ありません。

続きを読む "ドラクエ11のネタバレについて配慮してるつもりになってる人へ【ある意味ネタバレ】"

2017年7月25日

グッバイ、うなぎ

goodbye-unagi.jpg

ようてんはうなぎが大好きですが、これからは食べるのをやめようと思いました。
今後、僕がうなぎを食べそうになったらこのエントリを見せて止めてください。

続きを読む "グッバイ、うなぎ"

2017年6月11日

気軽にGoogle I/O 2017 報告会 四国会場に行ってきたうどん #io17 #io17jp #io17extended #GDGshikoku

udon01.png

行ってきた、というタイトルですがまだ四国漫遊中です。

Google I/O 2017 報告会 四国会場
https://gdgshikoku.connpass.com/event/55048/

続きを読む "気軽にGoogle I/O 2017 報告会 四国会場に行ってきたうどん #io17 #io17jp #io17extended #GDGshikoku"

2017年5月20日

ROS Japan UG #10 勉強会 に参加した #rosjp

rosjp-ug-10.jpg

ROS Japan UG #10 勉強会
https://rosjp.connpass.com/event/55125/

昨年度末にROSとコンニチハしたのですが、その勢いでuArm Swiftをbackしました。
じゃあせっかくだしROSをもう少し覗いてみてもいいのでは、というふんわりしたトリガでROSの勉強会に参加してみました。

続きを読む "ROS Japan UG #10 勉強会 に参加した #rosjp"

2017年5月18日

FGOはじめました

chapter6.jpg

FGOはじめました。
第一目標は「キャラとシナリオがわかるようになる」、第二目標は「1部クリア」を設定しました。

タイツ師匠とマリーちゃんが好きです。どちらもうちのカルデアにはいません。
フレンドIDは071,913,991です。よかったら遊んでやってください。

続きを読む "FGOはじめました"

2017年4月10日

技術書典2 サークル参加レポ #技術書典

技術書典2、おつかれさまでした。当サークルに遊びにきていただいた方、書籍を購入いただいた方、スタッフ他関係者のみなさま、ありがとうございました。

本エントリは、技術書典2の【当日レポート編】と、以下のツイートの通りのRe:VIEWでPDF作成+日光企画さんのWeb入稿+イベント会場直接搬入が大変便利で感動したのでその手順・経緯について記載した【制作編】を含んでいます。

続きを読む "技術書典2 サークル参加レポ #技術書典"

2017年4月 6日

MTOS5からMTOS6にいい加減乗り換えてみた

【MT】MT5からMT6へのバージョンアップ手順まとめ【Movable Type】
http://www.tam-tam.co.jp/tipsnote/cms/post7030.html
Movable Type 6 へのアップグレード
https://www.movabletype.jp/documentation/mt6/upgrade/

cd MY_MT_PATH
wget https://github.com/movabletype/movabletype/archive/mt6.3.4.tar.gz
tar zxvf mt6.3.4.tar.gz
mv movabletype-mt6.3.4 mt-new

pluginはお引越しの必要がなさそうなので、mt-config.cgiとsupportとthemeをmt-newにコピー
フォルダ名リネーム入れ替え。

mv mt mt-old-mt5
mv mt-new mt

いつものmt.cgiを叩くと、さっくりとupgradeのUIが出て、再構築も無事完了しました。

アップグレード開始
新しいバージョンの Movable Type をインストールしました。データベースのアップグレードを実行してください。
Movable Typeアップグレードガイドはこちらを参照ください。

加えて、以下のコンポーネントのアップグレード、またはインストールが必要です。
FormattedText バージョン 1.22
MultiBlog バージョン 2.7
StyleCatcher バージョン 2.61

なんか違和感のある文字列が出てるけど、まぁ困ったらそのうちやろう...小粋空間さんもこんな古いテンプレート大事にされても困るだろうなぁ...w

2017年3月 6日

良書という概念が理解できた時点で勝ち

books.jpg

「○○に読んで欲しい良書N選」みたいな話が定期的に世の中には流れてきますが、そもそも「良書」というものがどういう概念なのか、そのメリットを体得していないとそういうN選情報って有効に使えないな、って思います。

絵本でも、マンガでも、ラノベでも、音楽でも、アニメでも、「良いメディアを人に紹介される/人に紹介する」経験を積んで、良コンテンツとして認識する練習をしておく必要があって、「良書とは、良書というものがどういう概念なのか理解できるようになるスキル習得率が高い書物」みたいな再帰的なものを感じます。

さて、載せた写真は「もうそろそろ家に持ち帰り始めないとまずいやつ一式」ですが、色々な本を持ってきたり貸したりした感想を3つほど。


1. 積極的に貸しても、メリットは薄い


主体的/受動的、貸す/借りるという2要素の組み合わせのうち、「価値があったな」と感じる順に並べると、不等号は以下の様なイメージです。

「主体的に借りる」>「受動的に借りる」>>>「主体的に貸す」>「受動的に貸す」


以前書いた情報共有の話と似ているんですが、積極的に情報を収集するアンテナが育っていないと砂漠に水をやるようなもので、「新聞くらい読んでおけ」が概ねのシーンで役に立たないのも同じ話だと思います。

反対に、人が良書だと評価したものを借りる・後で買うのはかなり価値が高いです。自分で良書を探すのではなくて、積極的に人から良書を紹介してもらいましょう。アニメやゲームを紹介されて人生が豊かになるやつです。


2. 本がずらっと並んでいると、本人の価値観だけが増幅されて、他の人との認識の差が大きくなる

このずらっと並んでいる写真を見ると、僕本人はそれなりにテンションが上がるんですが、自分の中で既に積んでいる良書体験を思い出して幸福感が生まれる回路が働いてしまうだけで、この本棚を見たほかの人の評価が連鎖して上がるわけでは決してないということです。

あまり気にしないようにしてきましたが、これに対して「うわっ」「全部ようてんさんのですか」みたいな感想が多かったですね。もっと酷い人は「私物のゴミを会社に保管するなよ」みたいな感じのコメントをしてきます。


3. それでも、効率アップには貢献してくれたと思っている

それでも、「顔をつきあわせて2時間×10回」みたいな話をある程度代替できるのが書籍の備蓄・貸与のいいところだと思っています。

特にノンデザイナーズデザインブック、リーダブルコード、yanzm本3冊セットは「あまり本を読みなれていない人にも押し付けてメリットが発生しやすい」運用コストの低い良書だと思っています。僕が本を押し付けた何人かの人が、「良書」の概念を理解するきっかけになっていればいいのですが。

2017年3月 1日

SAO劇場版オーディナル・スケールの感想脳内垂れ流し(※ネタバレ注意)

以下、ネタバレ

続きを読む "SAO劇場版オーディナル・スケールの感想脳内垂れ流し(※ネタバレ注意)"

2017年2月24日

「知識がないと、どれくらい知識があるのか測れない」問題

過去3回ほど、仕事と組織構造が両方一緒に変わるという意味での、おっきな異動がありました。


1回目は「C言語はまぁできる人」というフダがついてドナドナされました。

何も勉強せずにネトスペがとれた直後だったりもしたので、僕本人はIPネットワークとかLinuxとか黒い画面とかマルチメディアまわりについてそれなりの人、のつもりでした。

アセンブラとCで記憶型液晶を戦う世界で、μITRONがーとか言う世界でした。ところが、ある日突然WinCEでMacromedia FlashとかVC++でDirectDrawみたいなのに方針が変わる事件が発生しました。今思い返すとなぜ契約続行したのか、おかしさしかありません。


2回目は「どちらかと言えば問題児で、WinCEをやってた人」というフダがついてドナドナされました。

2年ぐらい上司と面談の時にしか話をしない期間があったので組織に残すべき人とは判断されなかった模様です。この後、DirectShowに泣かされた次ぐらいにJavaEEとDebianと出会って「だいたいインターネットとLinuxで世の中なんとかなる」という世界に出会えたので、ドナドナされてよかったと思っています。問題児だったことは否定しません:)


3回目は「だいたいなんでも屋の、いくつかのジャンルでスペシャリストの人」というフダがついた感じで、異動というよりは仕組みのシャッフルがおきました。

スペシャリストは「どこかが尖っている人」だと思いますが、どのくらい尖っているのか、測るモノサシがないと、鞘が用意できません。

分かりやすいジャンルを挙げると、僕は(ピークが2年前なので現時点ではなまくらがさらに錆びた感じなのは置いといて)

・Android:社外でもそれなり
・iOS:ゼロじゃないけどひよっこ
・Web:社内標準よりははるかにマシだけど世間標準かは怪しい

ぐらいの自覚なんですが、これが今のぼんやりとした会社のモノサシに当てると多分こうなっています

・Android:できる
・iOS:できる
・Web:できる

おーい。


流石に物理的に組織が縦割りになりすぎて。「○階に物差しもって遊びに行く」とか「○○拠点に背比べしに行く」とか機会がなくなっちゃいましたね。

2017年2月23日

共有されないと情報として意味がないのだから、「情報共有」という用語はそもそもおかしいのではないか

mixiクローンなグループ会社向けSNSの利用が推奨になった
→意識高い人から友達申し込まれて疲れた
→特化コミュニティつくって好きなこといっぱい書いた
→反応ほぼないしあっても顔見知りだし、どうせ社内情報書けないし自分のblogでやったほうがよいのでやめた

社内Wiki貸し出しサービスが始まった
→複数のWikiでいっぱいノウハウ書いたりBBS系プラグイン整備してみんなで「新聞や雑誌を読んだ所感を述べよう」日記みたいなのをやった
→○○部/課Wikiみたいなのにするから組織変更のたびに死亡して廃墟となっていった

全社Wikiができた
→ただのぐぐった結果のコピペ寄せ集めになってぐぐった方が早いオチになった
→交渉して権限もらってリニューアルした、各部門のジャンル特化WikiのRSSクロールしてソートするポータルにした
→各部門のジャンル特化Wikiがプロジェクト情報を放置したりして、NDA事故の気配がする危険な廃墟が現れ始めた
→廃止された

PukiWikiに慣れていたのでPerlのFreeStyleWikiは色々ノウハウが足りず、PukiWikiで皆が書きやすいプラグインを導入しようと思った
→IISではPukiWikiは動かなかった。
→UbuntuでWordPressの運用を開始した。
→めっちゃエントリを書いたが残念なことに固定客ばっかりだった。それなりには楽しかったしURL一つメールで投げればいいのはやはり便利だった。
→その後、「みなもすなるblogというものを」な流れで、WordPressが乱立した
→誰も書かない、メンテできない、ただの固定IPなPCを各地で動作させており、アドレスがわからず流入口がない、で寂れた
→LDAP認証必須の流れに従って一斉閉鎖となった

めっちゃCGIって感じの重役やベテラン持ち回り日記はそれなりに機能した
→「いいね!」が「いいですね!」なのは苦笑いだったが慣れた
→閲覧権限整理の流れで縮退したが一応生き延びている気配がする

社外ページがMovable Type製でリニューアルされた
→外注丸投げ後、仕組みを理解していない人が出力されたHTMLを直接編集して耐えていた
→静的HTMLを直接差し替えてデザイン刷新が行われるという事件が起きた
→Movable Typeはどうなったのか知らない。今はおそらく違う仕組みのはず。

GitHubに感動したのでGitLabを立てた
→エクスプローラから右クリックできないと困る亀Subversion勢の迫害を長く受けた
→定着したがWeb UIは特に使われていないようだ

DevOpsの流れでChefとかが盛り上がった
→社内VPSでGitBacket+Redmineイメージ貸し出しサービスが始まったこれは勝つる
→RAM 512MBという貧弱スペックでも割高で、プロジェクトが終わるたびに即座に破棄が必要で、不人気だった
→OSがアップグレードされず他のアプリ(主にnode系)をあわせるのが面倒で形骸化した

Slackを使ってChatOpsが楽しいと思ったので、DevHubでそれなりに遊んだ
→GitLab/GitBucketからのWebHookを書いたが僕しか喜んでいない気配はした
→「ようてんさんいますかー?」「質問があるんですが」とチャットで反応を待つ同期コミュニケーションマンがとても多く、Slackで楽しかったようには使えなかった

テキストノウハウはいい加減git+mdでいいだろう、とGitBucketのWikiで全部書き始めた
→GitBucketはLDAP認証にも対応だ、これで勝つる
→パスワード変更時、MacがOSレベルで認証proxyを越えようとしてロックがかかるので、定期的に必ずアクセスできない日ができるという恐怖のリポジトリになった

顧客からの指定でBacklogやSlackなどを聞くようになり、もう一回ChatOpsだ、とSlackクローンを試行した
→そもそもSlackも含め「Webchat」はWebフィルタリングの対象だった、インストールできず敗退した。

そして新たな「原則禁止・要審査」の追加がさらに...

今、ないということは、必要がなかった、ということなんでしょうね。

2017年2月20日

LINE BeaconはBLEビーコンの1種だったのですね

さっぱり知らなかったのですが、RasPiみたいにでかくて電源系のお守りが必要な子でクローンがんばるのも大変だろう、とiBeacon互換(でスマホクローンができるのかどうか)のあたりだけちょっとのぞいてみました


ラズベリーパイでLINE Beaconが作成可能に!「LINE Simple Beacon」仕様を公開しました
https://engineering.linecorp.com/ja/blog/detail/117
LINE Simple Beacon
https://github.com/line/line-simple-beacon/blob/master/README.ja.md

>LINE Simple Beaconは、デバイスのなりすましを抑制するメカニズムが存在していません。 そのため、ビーコンデバイス識別IDでの正真性を前提としたBotサービスには利用しないでください。
うい。

02 # Data length : 2byte
01 # AD Type : Flags
06 # BR/EDR Not Supported(4) | LE General Discoverable Mode(2)

03 # Data length : 3byte
03 # AD Type : Complete list of 16-bit UUIDs available
6F # 0xFE6F固定 LINE corp
FE

0E # Data length : 14byte
16 # AD Type : Service Data
02 # 02固定 [LINE Simple Beacon仕様] Frame Type
XX XX XX XX XX # HWID, Line Botから払い出される
7F # 7F固定? [LINE Simple Beacon仕様]

というわけで比較するとこんな感じ。

iBeacon:
 Flags(3bytes) + Manufacturer Specific Data(26bytes)(UUID+Major+Minor+TXの入ったいつものやつ)

LINE Simple Beacon:
 Flags(3bytes) + Service 16bit-UUID(4bytes) + Service Data(14bytes)(HWID 5bytesのみ)
 または
 Flags(3bytes) + Service 16bit-UUID(4bytes) + Service Data(23bytes)(HWID+Device Message 9bytes含む)

・LINEアプリが勝手に吸ってサーバにあげて、(必要なら認証の上)LINE bot/LINEアプリにコールバックっぽい。
・iBeaconじゃないのでiOSのBackgroundあれこれの恩恵は受けられない。iOSアプリでLINE Simple Beaconクローンも作れない。それで「お店でアプリを起動して、商品でボタン押してね」なのですかね
・Eddystone-UID互換でもない、やる気あるな。
・LINE BOTの「うおおおそこあけてきたか」級ではなくて、LINE MALLぐらいの感覚で期待するのが良さそう:)


○きがむいたらかくにんする

たぶんAndroidでもSimple Beaconは組める
https://developer.android.com/reference/android/bluetooth/le/AdvertiseData.Builder.html#addServiceData(android.os.ParcelUuid, byte[])

ただし、setConnectable(false)で02 01 06のFlagsがちゃんと出てくれそうなら。
https://developer.android.com/reference/android/bluetooth/le/AdvertiseSettings.Builder.html#setConnectable(boolean)
・setConnectable(true)だと02 01 16になって互換があやしい
・んでも本物のLINE Beaconはメッセージ書き換えとかできるだろうし02 01 16だったりしないかな...それとも多重Advertiseかな