2017年3月 6日

良書という概念が理解できた時点で勝ち

books.jpg

「○○に読んで欲しい良書N選」みたいな話が定期的に世の中には流れてきますが、そもそも「良書」というものがどういう概念なのか、そのメリットを体得していないとそういうN選情報って有効に使えないな、って思います。

絵本でも、マンガでも、ラノベでも、音楽でも、アニメでも、「良いメディアを人に紹介される/人に紹介する」経験を積んで、良コンテンツとして認識する練習をしておく必要があって、「良書とは、良書というものがどういう概念なのか理解できるようになるスキル習得率が高い書物」みたいな再帰的なものを感じます。

さて、載せた写真は「もうそろそろ家に持ち帰り始めないとまずいやつ一式」ですが、色々な本を持ってきたり貸したりした感想を3つほど。


1. 積極的に貸しても、メリットは薄い


主体的/受動的、貸す/借りるという2要素の組み合わせのうち、「価値があったな」と感じる順に並べると、不等号は以下の様なイメージです。

「主体的に借りる」>「受動的に借りる」>>>「主体的に貸す」>「受動的に貸す」


以前書いた情報共有の話と似ているんですが、積極的に情報を収集するアンテナが育っていないと砂漠に水をやるようなもので、「新聞くらい読んでおけ」が概ねのシーンで役に立たないのも同じ話だと思います。

反対に、人が良書だと評価したものを借りる・後で買うのはかなり価値が高いです。自分で良書を探すのではなくて、積極的に人から良書を紹介してもらいましょう。アニメやゲームを紹介されて人生が豊かになるやつです。


2. 本がずらっと並んでいると、本人の価値観だけが増幅されて、他の人との認識の差が大きくなる

このずらっと並んでいる写真を見ると、僕本人はそれなりにテンションが上がるんですが、自分の中で既に積んでいる良書体験を思い出して幸福感が生まれる回路が働いてしまうだけで、この本棚を見たほかの人の評価が連鎖して上がるわけでは決してないということです。

あまり気にしないようにしてきましたが、これに対して「うわっ」「全部ようてんさんのですか」みたいな感想が多かったですね。もっと酷い人は「私物のゴミを会社に保管するなよ」みたいな感じのコメントをしてきます。


3. それでも、効率アップには貢献してくれたと思っている

それでも、「顔をつきあわせて2時間×10回」みたいな話をある程度代替できるのが書籍の備蓄・貸与のいいところだと思っています。

特にノンデザイナーズデザインブック、リーダブルコード、yanzm本3冊セットは「あまり本を読みなれていない人にも押し付けてメリットが発生しやすい」運用コストの低い良書だと思っています。僕が本を押し付けた何人かの人が、「良書」の概念を理解するきっかけになっていればいいのですが。

2017年3月 1日

SAO劇場版オーディナル・スケールの感想脳内垂れ流し(※ネタバレ注意)

以下、ネタバレ

続きを読む "SAO劇場版オーディナル・スケールの感想脳内垂れ流し(※ネタバレ注意)"