2015年1月 4日

クソゲーつくったよー^o^

shoot3.png

だいぶUnityに関するぐぐり力が上がってきた気がするのでチュートリアルのブロック崩しとUNIDRA本のアクションゲー以来、初めてシューティングゲームというものを作ってみた。ほどよく詰め込んでなかなかのクソゲー味が出せたと思うので次回またがんばりたいです。

Shooting1.zip(12.0MB)

2015年1月 3日

あいえるたんサマソ2

samaso2.png
samaso1.png

以前書いたエントリでUnity FreeとProのパフォーマンス差が疑わしかったのですが、新しくUnity4.6で作り直してみたところ、MMD4Mecanimの物理演算をオフにするとFreeビルドとProビルドでパフォーマンス差がないことが確認できました。

prosamaso.png

ビルドしたexeは以下のリンクからダウンロード可能です。

あいえるたんサマソ2
AielSamaso2.zip(20.4MBぐらい)

【開発環境】Unity Pro 4.6.0p1+Oculus SDK 0.4.4
【モデル】あいえるたん
【モーション】【第12回MMD杯EX】反動三段蹴り&サマーソルトキック・モーション配布(一部改造)

物理演算をオンにするとFreeだと2,3体、Proでも4,5体からfpsを維持できなくなるのでこのあたりはFreeとProのマルチスレッドのなんたらには関係がありそうです。Join Local Worldのチェックのオンオフで良くなったりもするみたいですがイマイチこちらは傾向がまだつかめてません(MMD4Mecanimのバージョンにも依存しそうですが...)

2015年1月 2日

uGUIでOculus Rift向けに大きな文字を表示する

ugui-text05.png

僕だけかもしれませんがUnity4.6でuGUIになって3D TextがCanvas+TextになったらOculus Riftで良い感じに大きめのTextを表示するのにやたらと苦戦したのでメモっておきます。

<結局のところ注意すべき罠は以下の2点>
1. uGUIのCanvasサイズは実際のpixel数ぐらいにすべし、と400x400ぐらいにするとでかすぎてまったく見えなくなってしまう罠は、Scaleを0.005とかに大胆に縮める必要があること。
2. フォントサイズ20程度じゃVRは厳しいので64とかにするとまったく表示されなくなってしまう罠は、デフォルトがTruncateなので表示範囲が足りてないだけということ。これデフォルトOverflowで良かったと思うんですよ...

続きを読む "uGUIでOculus Rift向けに大きな文字を表示する"