2018年5月30日

#OculusGo と #MirageSolo を比較するフリしてダシにして好きに書いてみる

桜花さんのこれが面白かったので、カウンターというか、いちゃもんをつけようと思ってあれこれ書いてみました。

VR界隈の人たちは、実は本音として、「細かく説明するのが面倒なのでOculus Goはいいぞって」みんな思ってます。きっと僕がこのエントリに書いた10倍ぐらいアレコレ考えた上で、「Oculus Goはいいぞ」って言ってます。ナイショですよ。

○まとめ

あれこれ書いてたのですが先にまとめてしまいました。

○前提

僕はソフトウェア開発者で(今は無職ですが)、Androidが好きでして、どちらかというとDaydream陣営推しです。
現代のVRはOculus Rift DK2/Cardboardの2014年ごろから楽しんでいますが、「コンテンツの作り方やエコシステムを勉強する」というコンテンツにたいそうハマっており、とくにゲーム等の成果物はありません。

では、以下にもう少しgdgd書いたものを続けます。

続きを読む "#OculusGo と #MirageSolo を比較するフリしてダシにして好きに書いてみる"

2018年5月20日

Mirage SoloとOculus GoのFAQ(Frequently Answered Questions)

だいたいみんな同じところに不満をもったりつまづいたりしているので、FAQを作ってみることにしました。
指摘や追加の質問があればいただけると幸いです。


続きを読む "Mirage SoloとOculus GoのFAQ(Frequently Answered Questions)"

2018年5月19日

DMM VRで10本ほど買ってOculus Goで見た感想

色々話題ですが、「普段からVR動画を見ている人」のコメントが相対的に少ないと思ったので書いておきます。

○結論

以前よりは地雷が減りました。アプリの出来にはかなり不満がありますが、「ストリーミング再生が問題ない」という一点で及第だと思います。

○DMM VRの良い点

・ラインナップが豊富

そもそもAV業界はだいぶ二次元オタにすり寄ってる印象で(そもそも関係者がオタ化した?)、「やたらと積極的な同級生や同僚」「無敵に能力を手に入れたら好きなことがやり放題」みたいな10年前のスタンダードが揃いつつあります。
ただし、伊○ライフ的なというとわかりやすいと思うのですが「とにかく許される」「バブみ」「淫乱ではなくてHが大好き」というラインにはまだ到達してなくて5年ぐらい待たないといけないかもしれません。「弱みを握って好き放題する」みたいなのを買ってしまうと気持ちがつらいです。

・ストリーミングが安定している

再生開始に30秒待つとか、シークができないとか、シークしたら一定確率でクラッシュするなどがほとんどありません。それだけで許してやろうという気持ちになります。

○DMM VRの悪い点と回避方法

・アプリの完成度が低い

HMD正面リセットと視点の上下回転は欲しいですね。正面リセットはHomeに戻ってやればいいので操作感の悪くないOculus Goではさほど困らないのですが、視点の上下回転はカメラ配置のミスをごまかせる唯一の手段なので実装するだけで動画の価値があがる神機能です。実装していないのは大変もったいない。

アプリについてはSexLikeRealのDaydream版(redditへのリンクですので直接的には危ない画像はでてきません、その先を進む際にはご注意を)が個人的には最高です。
UIもユーザコンテンツ管理まわりもWebと同様にできる、ストリーミング安定、無料で閲覧できるのに最高画質(ただし尺が短いケースが多い)があってきちんと試せる、とDRMを強制するならこれぐらいまではがんばってほしいなと思ってしまいます。

・解像度が低い動画が紛れている

とにかく新しいのが正義です。できれば2018年以降に限るべきで、それと古い動画のベストコンピは低解像度で無駄です。
セール品のベストコンピはともかく、無料サンプルで解像度を落とすのは悪手だと思うのですが平気で紛れています。

・出来が悪いのを避けるのにレビューに頼るしかない

非立体のサンプル画像で動画の出来は絶対わかりません。パケ写ぐらい詐欺材料だと考えてください。
結局のところ30個も買ってない僕が言うのもなんですが、「レビューで☆1,2が複数ついてるのは怖くて買えない」です。

以下、余談です。

続きを読む "DMM VRで10本ほど買ってOculus Goで見た感想"

2018年5月11日

Win10でUnity 2017.4.1f1(OculusGo推奨ver.)向けAndroid SDK環境構築の話

「なんとなく最新のAndroid Studioを入れて、対応している古いSDK toolsで差し替える」でない方法を試しました。

0. Unity2017.4.1f1はUnity LTS Releaseよりインストーラをダウンロード
https://unity3d.com/jp/unity/qa/lts-releases
1. Java8の最新をインストール(Java SE Development Kit 8u172)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html
2. 環境変数JAVA_HOMEにJDK 8u172のインストールパスを指定

★作戦A:最小限のコンポーネントをsdkmanagerコマンドラインツールでダウンロードする
3. Android Studioダウンロードページから「Command line tools only」のsdk-tools-*.zipをダウンロードする
https://developer.android.com/studio/?hl=ja
4. C:\android\android-sdk\tools\に展開
5. SDK toolsのbin配下のsdkmanagerでコンポーネントをダウンロードする。
具体的にはコマンドプロンプトから以下の様に3つのコンポーネントを指定する。
C:\android\android-sdk\tools\bin\sdkmanager.bat "platform-tools" "platforms;android-26" "build-tools;26.0.3"
6. UnityからEdit>Preference>External ToolsでAndroid SDKとJDKのパスを指定する
7. 環境変数PathにC:\android\android-sdk\platform-tools\を追加しておくとadbコマンドへのパスが通るので便利

★作戦B:コマンドプロンプトを絶対に使わずにチャレンジする
3. Android Studio(Android SDK込み)をインストール
https://developer.android.com/studio/?hl=ja

(※注記)Oculus Go向けの場合には、現行最新のAndroid Studio(インストーラ:android-studio-ide-173.4720617-windows.exe)に含まれるSDKコンポーネントに何も追加する必要がありません。Android 7.1.1(Nougat)API Level 25のみで良いです。ただし、Mirage Solo/Daydream向けには現状targetSdkVersionがAndroid 8.0(Oreo)API Level 26になっていますので、こちらのコンポーネントだけは追加ダウンロードしておくとどちらでもビルドできてよいかもしれません。

4. SDK toolsが新しすぎてビルドに失敗するので古いSDK toolsで差し替える
https://dl.google.com/android/repository/tools_r25.2.5-windows.zip
と、逃げ切れるとのことです。

(※注記)こちらですが、手元のWin10 PCでは「ビルドに失敗する」現象を再現できませんでした。失敗した際に試すとうまくいくかも、ぐらいのニュアンスで試行いただけると幸いです。